HOME >>アルパインンクライミング

ヘビークライマーズ第2弾

日程: 2020年12月12日(土) – 13日(日)
山域: 八ヶ岳
参加者: 国府谷(L)・坂田・雨宮・江戸
行程:
1日目: 赤岳鉱泉BC
2日目: 小同心クラック: 国府谷・雨宮 / 阿弥陀岳北陵: 坂田・江戸

行程: 赤岳鉱泉BC(5:55) – 行者小屋(6:30) – 北稜取り付き – 阿弥陀岳(9:25) – 赤岳鉱泉BC(11:05)

雨宮さん記録のの小同心クラックとは別に、阿弥陀北稜をヘビークライマーズ第2弾として登ってきた。
以前登ったときはラッセルがすばらしく、吹雪の中、それなりに楽しめた記憶がある。
が、赤岳鉱泉1cmでは何の期待も持てないのだが、なんせ年末に必要なのは体力。
クライミングが入ると1ピッチずつレストが入ってしまうと言うことで、稜線歩きを優先した。
えど君からはつまんないとクレームが出そうなもんだが、この日は絶不調。
起きたら喉の痛みが悪化、飲むのも辛いという。
前回とは別人のよう。

岩峰取り付きまでは夏道を使ってラクラク。しかも記憶よりもこぢんまり。

1P: (坂田)右側のクラック(風?)を登る。III級。35mほど伸ばしてピナクルにスリングを掛けてビレイ。
2P: (江戸)正面に取り付いて、途中で右に回り込む。40mほど伸ばして灌木でビレイ。

各Pとも、ペツルのビレーステーション完備、そこで切ることも可能。
雪は軽く払えば落とせる程度。
今回は一番易しい条件だったと思う。

ピークに立ち、お決まりの記念撮影。今回はちゃんと顔出てた笑

こんなとこでムリして悪くしたら後悔しかないので、さっさと下りることにする。
雪が無いので沢通しは下りづらい、夏道の方が早かったかも。

年末クリアしたら、もうちょい登れるところで楽しもう!

(記: 坂田)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です