HOME >>縦走登山

丹沢主稜縦走

日時: 2015年5月30日(土)
山域: 丹沢
参加者: 中村
日程: 戸沢経由大倉尾根(7:45) – 塔が岳(9:40) – 蛭が岳(12:30) – 檜洞丸(15:00) – 西丹沢自然教室バス停(17:00)

 

秋から春にかけて、自宅のベランダから大山~丹沢全域とその後ろに富士山が良く見えるので、いつか大山~塔ノ岳~蛭が岳~檜洞丸の丹沢主稜を縦走したいと思っていた。
昨年ハイキングで大山に登り、天気が良かったのでそのまま塔ノ岳まで足を延ばす機会があった。
(思ったより時間がかかり、大変バテたけど、なかなか充実感があったなぁ。)
今回、日帰りで奥秩父の沢に行く計画を立てていたが、パートナーが都合悪くなったので、この機会に塔ノ岳―檜洞丸をやって、丹沢主稜縦走を完結するのも悪くないなぁ、と思って、急遽行くことにした。
天気が良く気温が高いので、大汗かいて9時間ほどで何とか歩きとおせた。標準タイムであればまだ結構行けるなと、少々自信がついた。
あちこちでヤマツツジが咲いており、また新緑もきれいだった。特に丹沢山から蛭が岳の辺は植生がきれいだった。
檜洞丸から、塔ノ岳からの稜線を振り返り、結構来たなあと少々満足感に浸った。
途中、トレランで走り抜ける人が何人かおり、蛭が岳から檜洞丸の稜線では、トレランの恰好の若い男女7-8人に追い抜かれた。皆楽しそうで、大部昔と違うなと思った。若いことはいい。

 

(記: 中村)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です