HOME >>雪山登山

八ヶ岳、行者小屋テント場に、ケアテント出現、そして大笑いのわけ

谷川岳に続き、八ヶ岳での冬山訓練が行われ、風雪の中私達は、赤岳頂上に上り、他ルートパーテーも無事に帰着、ふもとの鹿の湯に入浴、道の駅で、食事後静岡に帰る掛川夫婦とも別れ、帰京しました。
さて今回は掛川君の一年ぶりの帰国祝いを、時間の都合上、山の中でやろうという、企画もあり参加しました。
ところで、テント場につき、各テントへの割り振りで、飯田さん、清水さん、そして私と、3人用のゴアライトテントに割り振られましたが、誰かが、「そのテントはケア・テントですね」と、言い大受けですが、私は、率直には認められませんでした。
雪を踏みしめての、テント場作り、荷物整理にも時間が掛かり、本日の行動はなしで、掛川君の帰国祝い、パーティーになりました。
一つのテントに12人入り、食事を作りながらの談飲食です。後から、二人増えましたが。
驚いたのは、そこに出て来たアルコール類の多さ、私は1.8リットル入りの、「いいちこ」でしたが、掛川君が、地元静岡の純米酒一升を、飯田さんが、掛川婦人のウランちゃんが10キロマラソンに参加し、いい結果での完走祝いにと、ボジョレー・ヌーボーを、ボトル入りで、清水さんは、ウィスキーを、坂田君が缶ビール500ミリリットル入りを8本、塩足さんは、スパークリングワインを、他に酒、焼酎、など等、驚くべき数のアルコールが出てきました。そしてつまみも本場静岡の旨い物等がずらり、皆、それぞれの荷物のほかに持参、4時間近くを持って登ってきたことになります。
掛川君は幸せ者です。
 そんなこんなで、宴はたけなわになりお開きで、各テントにもどりました。
私は、かたずけが下手で、いつもテントの中で、自分のもの探しては、白い目で見られていますが、今回はなにやら、清水さんが必死に探し物をしていました。
兎に角、何度もマットをどかしてみたり、ザックをひっくり返したり、荷物を移動したりしていました。
あまりに必死なので、私が清水さんに「何をお探しで」と尋ねると「羽毛のジャケットが無い」という、「何色の」と聞くと、「赤い羽毛の」とのたまう。
清水さんを見る、そこで私、「今来ているジャケットが探し物で無いですか?」というと、そうなのです、しっかり着込んでいるジャケットを、必死に探していたのです。
これには、飯田さんも、私も口をあんぐり。正に清水さん「貴方もですか」です。
そして、大笑いしてしまいました。本当に腹を抱えての大笑いを、各テントの人が、聞き、翌日私が、本当に楽しそうに大笑いしていたその理由を聞かれました。
以上がことの真相です。
これでは、我々のテントがケア・テントと言われても仕方有りませんです。
安達

One thought on “八ヶ岳、行者小屋テント場に、ケアテント出現、そして大笑いのわけ

  1. 八ヶ岳お疲れ様でした。色々ありがとうございました。久しぶりの冬山でしたが、充分堪能しました。
    旧人類の懐かしい顔、元気な顔もうれしかったしなにより新しく入会してきた人たちがたくさんいて、旧人類、新人それぞれ楽しんでいる様子が最高の帰国祝いでした。私も転居したり、在京中も仕事で忙しく集会にも参加できなかった時期もありましたが、あらためて地道に活動を続けてきた会の仲間に、既に会を去った仲間も含めて感謝です。
    しかし、ケアテントとは、誰が言い出したのやら。今度会ったら、とっちめてやりますよ!おそらく、鵬翔を転覆させんとたくらんでいる危険分子に違いありません。私の推理では、となりでテントを張っていた二人組みの男彼らがあやしいとにらんでいます。我々がテントを張ったらそそくさと阿弥陀へ行った、既に昼を過ぎていて、天気も下り坂だったこと、どう考えても不自然な行動です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です