HOME >>ピークハント

八ヶ岳阿弥陀岳

八ヶ岳阿弥陀岳山行
日時: 2014年3月15日(土)前夜発
山域: 阿弥陀岳(八ヶ岳)
参加者: 久世(L)・中村・五十島
行程: 本文参照
今回の山行は前夜発日帰りで、阿弥陀岳往復と南沢大
滝でのアイスクライミングを両方やろうという、ちょっと欲張った予定でした。
3月14日夜錦糸町で五十島君と、東京駅で中村さんと合流し、一路八ヶ岳を目指す。
小淵沢の道の駅にてテントを張り仮眠。2月の2回の大雪の影響で、駐車場の周りにも雪がかなり残っているせいで、思った以上に寒くて熟睡できない。テントを撤収し美濃戸口まで移動、美濃戸口に車を置いて、まずは阿弥陀岳に向かう。
美濃戸に行く途中、何台もの車に追い抜かれる。どうやらガイド登山の人たちらしい。美濃戸からは行者小屋への南沢をルートにとるが、雪が多かったせいかまずまず歩きやすい。とはいえ寝不足のせいと、以外な暑さであまりピッチが上がらず、コースタイム通りの時間で行者小屋に着いた。
行者小屋の前も重機を使用して除雪していて、改めて雪の多さに驚く。行者小屋から僅かで赤岳文三郎尾根と中岳沢との分岐になるが、赤岳方面の立派なトレースに比べ、阿弥陀岳へはわずかな足跡しかなく、ほとんどトレースは無い。降雪直後でもないのに???
そのわずかな足跡も阿弥陀岳北稜に向かって樹林帯の奥へ、すぐ消えてしまった。
中岳沢を膝程度のラッセルで下から稜線まで詰める事となった。天気が良く、大汗をかく羽目になったが、良いテンポで久しぶりのラッセルが出来、稜線直下で腰程度の深さになったが、問題なく終了。
2014冬阿弥陀2
稜線からは中岳沢が一望でき、ラッセルの開始地点が見え、中々良い気分が味わえた。少し休憩していると、赤岳からのパーテイが2~3組来たので、頂上直下のラッセルを譲ることとする。頂上直下はなかなか急傾斜であり、五十島君もいる事なので、慎重に登る。
2014冬阿弥陀1

2014冬阿弥陀3
ゆっくりと頂上に着くと、頂上の標識が埋まっており、再度大雪の影響を感じた。ただ景色は本当に素晴らしく、登ってきた甲斐があった。阿弥陀岳南稜にも2パーテイほど登っていて、雪山満喫といったところだ。
下りの頂上直下の急傾斜の下降は、五十島君にとっては初めての難場となってしまい、予想以上に時間を要したが、問題なくクリア。登りと同様、中岳沢を下って行者小屋まで降りたが、3時近くとなってしまったので、南沢大滝を諦め美濃戸口まで戻ることとする。
まだ明るいうちに車まで戻れたが、中村さんにはアイスクライミングの登攀道具一式を背負って、阿弥陀岳を往復させてしまい、申し訳なく思っています。

(記: 久世)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です