HOME >>フリークライミング

ケガからの復活

日程: 2020年10月3日(土) – 4日(日)
山域: 小川山・甲府幕岩
参加者: 国府谷(L)・坂田・雨宮・塩田・齋木

先週ぶりの岩です。
先週は雨に降られ、十分にトライできず撤収だったので、この2日間は楽しみにしていました。
坂田さんとは現地集合。お久しぶりです。

3日(土) 小川山/リバーサイドエリア

在宅勤務になって以来全くと言っていいほど歩いていなかったので、アプローチで限界クライマーとなりました。
1本目はアウト・オブ・バランス(5.9)。マスタートライにて、終了点直下でスリップしオンサイトを逃しました。その後塩田さん安定のオンサイト。
2本目はブラックシープ(5.9+)。マスタートライにて、中間部のランナウトが怖くて消耗し、これまた終了点直下でテンション。情けない…。その後塩田さん安定のオンサイト。国府谷さんはスラブなのに宙舞うような登りでさすがでした。
私は2便目でちゃんと回収しましたヨ。

その頃塩田さんは果敢に時の踊り(5.10c)にトライしていました。

雨宮さんはマダム・バタフライ(5.10b)をトップロープトライ。悪い悪いと言いつつきっちりトップアウト。

3本目はマダム・バタフライ(5.10b)をリードで。4ピン目(?)でスリップ。足に力がハイッテイナイ。そして時間切れで撤収。
心身ともにボロボロでございました。

<触ったルート>
・アウト・オブ・バランス(5.9)
・ブラックシープ(5.9+)
・マダム・バタフライ(5.10b)

4日(日) 甲府幕岩/豊穣の森エリア

降ったり止んだりの不安定な天気でした。
アップは塩田・齋木組と国府谷・坂田・雨宮組で。
塩田・齋木組はまずはショートルートの動物がイッパイ (5.10b)でアップ。
カンテとサイドガバをパチパチたたいて登る楽しいルートでした。
国府谷・坂田・雨宮組は秘密の岩園(5.10c)でアップ。

その後塩田さんはピリカ(5.10c)にトライ。
マスタートライで1テン!めちゃ惜しかったです。
塩田さんは他にもスパイラルリーフ(5.11b)やWORK ON(5.11a)も触っていたようです。

お昼食べてから、齋木はダーティクライマーズ (5.11b)にトライ。
1便目では上部の棚取りと最上部マントルのムーブが解決できず。
降りてから他の方のトライを見て勉強させていただきました。アンダーカチをとって右手だしだったんですね。。。
2便目では上部のカチ取りで力みすぎて通り越して変なところをとってしまい墜落。
バラシが済んだところで時間切れ。限界グレード未満は1Dayで落とせるようになりたいところです。

国府谷さん、坂田さん、雨宮さんはバルタン(5.9 NP)でも遊んでいました。

<触ったルート>
・動物がイッパイ (5.10b)
・ダーティクライマーズ (5.11b)

成果のない2日間でしたが、2年前と比べたら11台でもマスタートライをできるようになったり、落ちた時の姿勢を考えられるようになったり、成果にならない成果はあったのかなーと。メゲずに岩に通いたいと思います。2日間、天気がもってくれてよかったです。

(記: 齋木)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です