HOME >>沢登り

根羽沢大薙沢

日程:2019年7月13日(土)

参加者:国府谷(L)・雨宮・高安・関谷
山域:尾瀬
行程:大清水(6:50) – 物見橋(7:20) – 二俣(8:20) – 登山道(10:10) – 二俣(12:10) – 物見橋(13:15) – 大清水(13:48)

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ゴールドに輝く沢を歩く

 

 

梅雨まっ盛り、お天気がアレなんですがシーズン初めの沢へ。
滝の多い左俣を遡行しナメ床が続く右俣を下降。

 

 

結果、曇り空から回復して沢にも光が差し込み
何と言っても下降の右俣は傾斜がゆる〜くとても綺麗なナメ。
ゴールドに輝き長く楽しめました。

 

 

40年前は金山であったためか岩肌がゴールド!ゴールドです!!
黄土色と言いてしまえばそれまでなんですが
私をゴージャスな気持ちにさせてくれる快適な沢歩き。

 

 

コンデジも購入したのでパチパチ収める。

ベテラン沢屋さんと一緒だったので
歩き方を教わりながらピョンピョン岩を飛び跳ねながら〜
もう大喜びでテンション⤴︎

 

 

気温は大体16度くらいだったので爽やかでしたが、水に触るとヒィー冷たい。
もし水にドボンしたら冷えすぎです。

ゴージャスな沢の上を歩かせて頂きありがとうございました⭐︎

 

 

(記:雨宮)

 

 

1F 5×6mは登れそうないので金山跡の左を大きく巻いて滝の上に

 

7mスダレ状は右を巻いて

 

最後の10M滝は右を巻いてトラバース、最後の一歩はお助け紐

 

ここからはどこまでも続く黄金の廊下

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です