HOME >>フリークライミング

瑞牆山・小川山 2019.09.07-08

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

日程:9月7日(土)- 9月8日(日)
山域:奥秩父 瑞牆山、小川山
参加者:国府谷(L)・松林・五十島・雨宮・高安・塩田

両日とも2つのチームに分かれて実施して登りました。

 

 

9月7日(土)

 

【チーム国府谷:雨宮、高安】
行程:植樹祭駐車場6:00-奥壁7:30
Joyful Moment:取付8:00–終了10:00
錦秋カナトコ :取付11:00–終了15:30
左岩壁16:00-駐車場16:45
(時間はかなりいいかげんです、すみません)

 

 

・瑞牆山 十一面岩、奥壁「Joyful Moment」と左岩壁「錦秋カナトコルート」
・天気もよく快調に2ルートできました。

 

 

駐車場から瑞牆ガイドどおりに進んでいき、30~40分ほどで末端壁。
壁沿いにしばらくで、正面壁との分岐で、その先に木にテーピングされているところを進むと、ほどなく奥壁。
白砂のテラスといっても樹林の中なのでテラスではなく、壁下の広場といったところ。
少し先に行ったところにある取りつきを探して、準備。

 

 

まずは「Joyful Moment」、国府谷さんリードでスタート!
1P:左上するフレークをつかんでトラバス気味に登る。トポの1-2pをつなげて
2P:クラック、ホールド豊富
3P:雨宮さん曰く恐竜の頭の岩目指してクラックを登る。快適。
4P:大きな岩を縫って頂上へ。

 

 

 

天気が良く、周辺の山々の一望。富士山、南ア、八ツ、北ア?
岩のフリクションも良く、ブッシュもなく、快適なルートです。おもしろーい!!

 

 

下降は頂上から左側を少し下ると岩がトンネル状になっており、くぐると踏み跡。
しばらく踏み跡を下っていくと取りつきに出ました。
快調に登れたので、一休みして2ルート目へGO。
失敗したのが、ポケットに入れておいたトポが落ちてしまったこと。
入れる場所とか予備とかを考えないといけない。いつもどおりメットの隙間がよかったなー。
来た道を戻って白テープの手前から正面壁へ。ほら穴となっている燕返しのハングを通過すると、左岩壁です。
たぶんこのへん登ったはずなんですが、全く記憶にありません。

 

 

 

「錦秋カナトコルート」へ。ここはリードさせてもらうことになりました!!!
先行パーティがいますが、すぐに先に行きそうです。
1P:重たいカムをもって出発。フレーク状を登って左のスラブへ。
終了点では先行者が出発しそうだったので、ちょっと待ってから支点へ。
2P:フィンガーサイズにカムを入れて離陸しようとしますが、なかなか持ち上がらない。
えいやと行ったけど、ずるずる、、カムをつかんじゃった。
気をとりなおしてフレークをレイバック気味に上がる。ペツルが2本打ってあって
その上からはジャムがきまって快調。
そのまま木の終了点へ。

 

3P-4P:ここは樹林帯の中の歩きとなります。ルートがわかりにくいということで、
国府谷さんとロープを付け替えて先行してもらいます。
5P:クラックにカムを入れながら快調に伸ばす。木の生えてるところで切るが
これが間違い。ホントはもう少し先です。
6P:フレーク状からチムニーへ。5番突っ込みました!オフウィドスをズルズル登って
テラスへ。
7P:リングボルトの付いたスラブ。出だしがちょっといやらしいですが、けっこうスタンス
があります。山頂の支点で終了!

 

 

ちょっと失敗もありましたが、天気良く快適に登ってこれました。
リードさせてもらいました。最高です。

 

 

 

下降は頂上の支点で右の垂壁を20mくらい懸垂。
そこから山族・山河方面にシャクナゲの藪漕ぎ。岩のテラスに出て
ここから懸垂をダブルで3回。登ってくる人もいるので、十分注意して。
岩のテラスには広島から来たというペアがいました、やはり、瑞牆山のルートは格別なんでしょうね。

 

 

撤収して駐車場へ戻ります。
途中の末端壁には2パーティほど取りついています。
いつかは春うらら?

 

 

【チーム五十島:松林、塩田】
・小川山で八幡沢にある「春の戻り雪」の3ピッチクライミング
・そのほかに付近のショートルートをやった模様
・マルチクライミングデビュー戦の塩田さんは楽しめたでしょうか。

 

 

9月8日(日)

 

 

【チーム国府谷:松林、塩田】
「セレクション」
・本日もマルチ派。

 

 

【チーム五十島:雨宮、高安】そらまめ周辺へ
・高安は「裏ジェットストリーム」にトライするも、持久力がなく、、、
ほかのやさしいスラブでも全く歯が立たない。修行します。
・雨宮さんは、「生木が倒れたよ」でリードトライ! 残念ながら、、
・五十島先生は「エンドルフィン」ですが、、

 

 

昼過ぎに国府谷さんチームがそらまめに合流しました。
しかし、塩田さんが「甘食」トライ中に雨が降ってきたので、撤収!
でも駐車場に戻ってきたら晴れてきた、変な天気。

瑞牆山では楽しいクライミングができました。
ありがとうございました。

(記:高安)

 

 

 

○バリエーションやるなら瑞牆からという時代(?)

 

 

9月はバリエーション山行の月ということで、
今までなら谷川とか錫杖とかに行くのかも知れないけど今回は少しやり方を変えて瑞牆に行ってみました。また、参加者の構成の都合もあり、半分は小川山でマルチピッチの基礎から勉強することになりました。
初日は、五十島・松林・塩田組は小川山でロープワーク講習からの春のもどり雪。混雑していた模様。
高安・雨宮・国府谷組は十一面岩へ。奥壁・JoyfulMomentからの左岩壁・錦秋カナトコのプチ継続。
奥壁は初めてなので取り付きまでは間違えないように慎重に行きました。
Joyfulはワタシ、カナトコは高安さんにリードしてもらいました。
6時過ぎに駐車場を出て17時前に戻ってこられました。3人にしてはまずまずでしょうか。
天気に恵まれました。日焼けしました。

 

 

2日目は台風接近中とのことで皆で小川山。
五十島・高安・雨宮でソラマメ周辺、松林・塩田・国府谷でセレクション。
セレクションは飽きるほど登っているのだけど来る度に易しく感じるのでそれが唯一の収穫でしょうか。
下降後にソラマメで合流して、雨に降られる前に下山しました。
これで良かったのかは分かりません。来年は誰かやって下さい。

 

 

おわり

(記:国府谷)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です