HOME >>雪山登山

年末山行 槍ヶ岳中崎尾根

日時:2016年12月30日(金)-2017年1月1日(日)

参加者:五十島(L),坂田,高橋
行程:
1日目:新穂高-滝谷避難小屋-槍平-BC
2日目:BC(5:00)-奥丸山(5:45)-中崎尾根-千丈乗越(8:20)-肩の小屋(9:30)-槍ヶ岳(10:15)-中崎尾根-槍平(14:00)
3日目:BC-新穂高-下山

 

_dsc2307-edit2

 

1日目:前夜発で新穂高に着くと予想外の降雪。明日の天気を心配しながらテントで仮眠した。
翌朝起きてみれば心配はどこ吹く風で予報通りの好天だった。
登山道はしっかりとトレースがあり、明日の為にできれば中崎尾根稜線まで頑張りたい所もあったが、
槍平の立派すぎる整地跡に負けてベースを張った。

 

_dsc2355-edit-edit2
2日目:槍平からのピークハントは賭けのようなもので、とても迷ったが(トレースに期待して)直接頂上を目指す事にした。
最低限の装備を持って5:00出発。奥丸山までの登りのあと、稜線の微妙な登下降で膝が痛みペースが出ない高橋さんは相談してBCに降りる事になった。

 

_dsc2403-edit2

 
千丈乗越直下までは単調な尾根歩き。傾斜のある所が1箇所雪壁のようになっていたが雪がしまっているので問題なかった。

 

 

_dsc2427-edit2

 

 
穂先の下までくるといきなり風が強く吹き付けていたので小屋の前でハーネスを履いて穂先へ。
鎖は大体が出ていて苦労する事はなかったが微妙な箇所ですれ違いがあると場所取りで手間取る。翌日(元旦)を避けておいて良かったーと思った。

 

_dsc2442-edit2

 
10:15山頂到着。雪に溺れるような覚悟があったわけではないが、出来過ぎなくらい順調な登頂に驚いた。
それからは小屋でゆっくり休憩をしたあとひたすら来た道を下降する。
稜線にあるテント場はどれも明日の登頂を控える人達のもので、期待の笑顔が印象的だった。

 

_dsc2535-edit2

 

 

3日目:下山日。全員で登頂できなかった事は残念だったがまず年始めの山行が無事下山できてよかった。
槍平を出る時に見た、淡い初日の出と雪を冠った立ち木が綺麗だった。

(記:五十島)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です