瑞牆山 2019.05.01-02

●十一面岩の偵察だけ
日程:2019年5月1日(水)-2日(木)
山域:甲府幕岩 瑞牆
参加者:国府谷 他1

 

連休半ばは雨続きなので30日の夜から出発。
分かっていたけど当然雨なので道の駅で車中泊。
1日朝には雨は上がっていたが、長続きしなさそうなのですぐに引き返せる甲府幕岩に向かう。
偶然会ったKSMT軍団以外には誰も無し。
クラック練習ということでバルタンをクラック限定とかでひとり4回くらい登る。
午後になって、もう少し出来そうと思ってS木さんがパストラルに取付いたところで雨が本降りになって退散。
夜になっても止まないのでまた車中泊。

 

 

2日は夜明け前には晴れてきたがまだ壁は濡れているだろうとゆっくり十一面岩正面壁へ出発。トポを見ながら
登り11時半ころにベルジュエール取付き着。
とりあえずカナトコルート2ピッチからの山賊黄昏ルートにいくことにする。
奇数ピッチを私、偶数をS木さんで登り5ピッチ目は時間
切れで山河微笑ルートを下降。とりあえずベルジュエールの
偵察は終了。
次回は調和の幻想などを登ってベルジュエールに備えたいと
思います。
おわり

(記:国府谷)

 

 

2018キリマンジャロ レモショルート

2018824日〜29

参加者:林

 

行程

8/24(1日目) REMOSHO GATE(2100m) – Big Tree CAMP(2780m)

8/25(2日目) Big Tree CAMP(2780m) – SHIRA2 CAMP(3900m)

8/26(3日目) SHIRA2 CAMP(3900m) – LAVA Tower(4640m) – BARRANCO CAMP(3960m)

8/27(4日目) BARRANCO CAMP(3960m) – BARAFU CAMP(4640m)

8/28(5日目) BARAFU CAMP(4640m) – STELLA Point(5730m) – UHURU Peak(5895m)

BARAFU CAMP(4640m) – MWEKA CAMP(3080m)

8/29(6日目) MWEKA CAMP(3080m) – MWEKA GATE

 

 

 

 

2018年夏、アフリカに行ったのでせっかくだからアフリカ大陸最高峰キリマンジャロに登って来ました。

 

 

8/23(0日目)

 登山開始前日にタンザニアに入り、キリマンジャロ登山の起点となるモシという町に向かう。モシの町で登山に必要な手続きを諸々済ませる。日本から現地ガイドには連絡をしてあったので問題なく手続きは進んだのだが、ある程度の金額をキャッシュで払わなければならなかった。USドルで払うつもりだったのだが、タンザニアに来る前に手持ちのUSドルをほとんど使ってしまっており現地のATMで現地通貨を引き出すことに。その時のレートが1USドル=約2300タンザニアシリング。500ドルほどキャッシュで払う必要があったので約120万タンザニアシリングが必要になる。1万シリング札で120枚。物価の違いからなかなか手にする機会がないであろう量の札束をATMから引き出しリッチになった気分に。

 

 

8/24(1日目)

 9時出発って聞いてたのに8時過ぎにはガイドさんがご丁寧にホテルの部屋まで迎えに来てくれる。ここでは約束の時間は当てにしてはいけない。急いで朝食をとり準備。

キリマンジャロは現在ガイドを付けないと登ることが出来ない。それに加えポーターやコックもパーティーに加わる。私のパーティーはガイド1名、コック1名、ポーター4人に私を加えて計7人。たかだか1人登るのになかなかの大所帯だ。

 

 

 モシの街から登山口までは車で向かう。キリマンジャロには登山ルートが何本かあるが今回私が選んだのはレモショルート。距離は長いが比較的入山者が少な(いっぱいいた。。)、キリマンジャロを西からぐるっと回り込んでいくため景観が良いとのこと。そして場所によってはシマウマやバッファローが出てくることもあるらしいのだ(これが決め手。出なかったけど)

 

 

 道中、入山の手続きやポーターの荷物チェックが入る。ポーターの荷物は1人あたり上限が20kgとのこと。過酷な仕事ゆえ荷物が重すぎると体を壊してしまうのだろう。ただ上限の20kgに加え自分用の荷物も多少あるので結局30kgくらいになっているように見える。

 

 

 なんだかんだしているうちに時間も経ち歩き出したのは13時頃。最初は熱帯雨林の中を歩いていく。ガイドのバルタザァリはとてもゆっくりゆっくり歩くので息も上がらずのんびりと。2時間半ほどで初日のキャンプサイトに着いてしまった。先に登っていたポーターさん達がすでにテントを立ててくれている。しかも中に入ってびっくり仰天。テーブルにお茶セットとポップコーンが用意されていた。至れり尽くせりである。夕食に魚のフライと山盛りのポテトが出てくる。揚げ物をするために油も担ぎ上げて来ていたようだ。おかげさまでボリーム満点で大変美味しゅうございました。

 

 

8/25(2日目)

昨夜の夕食に続き山盛りの朝食をいただく。見せてもらった食材のかごにはアボガドだのパパイヤだの生卵だのetc…まだまだ多くの食材が今か今かと出番を待っている。どうやら太ってキリマンジャロから帰ることになりそうだ。

 

 

この日はシラ2キャンプまで15kmほどの行程。昨日よりバルタザァリの歩くペースが早くなっている。ちょっとは歩ける奴って認めてもらえたのだろうか。ポーター達とも抜きつ抜かれつ。標高3600m程までくるとただっ広いサバンナが広がっていた。富士山頂に近い標高にこれだけの平原が広がっていることにアフリカのスケールの大きさを感じさせられる。

 

 

ここから先は傾斜の緩い道を登っていく。バルタザァリはしきりにポレポレ(スワヒリ語でゆっくりの意味)行こうと言ってくる。ポレポレ歩く。

 

 

キャンプサイトに着くとまたお茶を飲み山盛りのご飯だ。ここまで来ればキリマンジャロが目の前に見えるはずなのだが曇っており見えない。タンザニアに入ってから山には雲がかかっておりまだ1度もキリマンジャロを見れていなかった。

 

 

周りを見ると自分たち専用の持ち運べるトイレを持って来ているパーティーがちらほらといる。キャンプサイトには共用のトイレもあるのだがそれを使いたくないらしい。そんなに汚いわけでもないのに。トイレを持ってくるにはそれを担ぎ上げるポーターが必要になる。それによってポーター1人分の仕事が出来る。もちろん共用のトイレも誰かが掃除して管理してくれているから使うことが出来ているのだけれども。理屈はそうなのだけれども、私はどうも自分の使うトイレを人に担がせるという行為には抵抗を感じてしまう。何かそれは違うような気がする。

 

 

夜、目が覚めてテントから顔を出すと雲が切れており、目の前には月明かりに照らされたキリマンジャロが広大な裾野を広げていた。

 

 

8/26(3日目)

今日は高所順応のため一度標高4640mのLAVAタワーまで標高を上げた後、3900mのバランコキャンプに向かう。今まで登った最高点が富士山頂の自分にとってはここからは初めての標高になる。キャンプを出てからゆっくり歩いて3~4時間でLAVAタワーに着く。高山病の兆候もなく体調も問題ないようでホッとした。

 

 

ここまで問題なく歩けているのはほぼ空身でいる影響が大きいと思う。荷物は全てポーターが持ってくれるので自分で持つのはカメラと雨具と水と行動食くらいだ。片やポーター達は大きな荷物をズタ袋に入れて頭の上に乗っけたりオンボロのザックに入れて運んでいる。中にはジーンズ姿であったりボロボロのスニーカーを履いている人もいる。海パンの人もいたような。。我々の考える登山の装備やウェアなんて彼らには御構い無しだ。もっとも貧しい人が多くそんな装備を買う余裕なんてあるはずもない。生活のためにここで仕事をしているのだ。日本から来て言ってしまえば遊びのために山に登っている自分に比べて、生きるためにあり合わせの装備とも言えない格好で山に登る彼らはとても強い存在だと感じさせられた。

 

 

そして3日目になって確信したことがある。どうもこのパーティーの皆さんはトイレの近くにテントを張る傾向があるようだ。便利なようにと気を使ってくれているのかもしれないけれど、ぼっとん便所の風下ともなるとさすがにちょっと。。。

 

 

/27(4日目)

 本日は最終キャンプであるバラフキャンプに向かう。朝からガスがかかっており出発してすこしするとあられが降りだした。結構な降り方でしばらくするとあたり一面うっすらとあられが積もってしまった。

 

 

 途中にあったキャンプサイトで昼食をとる。昼食をとるためにテントを立てて、調理した暖かい昼食を用意してくれた。これ食べている間に最終キャンプまで行っちゃってそこでしっかり休んだ方が良いんでないかい、とか思ったり思わなかったり。しっかりお昼を食べて最終キャンプに向かう。

 

 

 最終キャンプの標高は4600m。ここにきて多少の頭痛を感じるようになった。急激に動くと息切れもする。空気が薄いことを実感させられてしまう。さて、明日はいよいよ頂上アタック。夜の1時に出発するとのこと。順調にいけば明るくなる頃にはピークに着くだろう。食事をとりさっさと寝て体を休めることにする。18時ごろには就寝。

 

 

8/28(5日目)

 予定通り深夜1時にバラフキャンプを出発。睡眠をとったことで出発時には頭痛は収まっていたものの歩きだしてしばらくするとやはり軽い頭痛がする。何度もキリマンジャロに登っているバルタザァリでも頭痛がすることはあるとのこと。しかし5000mを過ぎたあたりから呼吸が苦しくなってくる。呼吸を意識して深く息を吸う。急激に動かないようにする。それなのにバルタザァリは前の人を抜きたがる。頂上に向けて人が多く行列になっている箇所もあるから気持ちもわからないではないのだけれど。「よしっ行くぞ」って行列の脇を小走りに抜いていく。やめてくれっていうのも悔しいからわたしもそれについていく。苦しいんだよ。

 

 

 この日は満月。月明かりでヘッドライトなしでも歩ける。時折冷たい風が吹き上げる。

何だかとても気持ちが良い。

 出発から4~5時間でステラポイントと呼ばれる場所に着く。キリマンジャロの最高点はウフルピークという場所なのだが、ステラポイントまででも一応登頂として認められるらしい。富士山でいうとステラポイントが頂上浅間大社でウフルピークが剣ヶ峰といったイメージだろうか。

 

 

 この辺りから、どうも意識がふわふわした感じになってきた。これは結局テントに戻るまで治らなかった。後から気がついたが高度からくる眠気だったように思う。本当に眠かった。

 

 

 ここからウフルピークまでさらに1時間ほど。氷河が現れて場所によっては氷の上を歩いていく。ウフルピークに着くタイミングでちょうど雲が切れて眺めが良くなった。いいタイミングだ。ピークは写真をとる登頂者でごった返しており当然私もその中の一人に加わる。バルタザァリと一緒にピークの看板前で写真をとり登頂を喜び合う。やっぱり頂上は嬉しいものだ。

 

 

 あとは下るだけ。眠気と格闘しつつ今来た道を下りキャンプへ。待っていたポーターさん達に登頂成功したことを伝えると、彼らも喜んでくれた。ありがとう。キャンプでしばらく休憩したあとは、さらに標高を下げたところにあるムウェカキャンプまで一気に下り、頂上アタック日の行程を終える。

 

 

8/29(6日目)

 キリマンジャロ登山も今日が最終日。最終日と言っても昨日登頂しているので今日は下山するのみ。出発の準備も終わりいざ出発というところでパーティーのみんなが歌を歌ってくれた。キリマンジャロの歌。彼らにしたら仕事の一部かもしれないのだけれども、私のために歌ってくれるその行為は、少し気恥ずかしくもあったがとても嬉しかった。

 

 

 最後にみんなに感謝を込めてチップを渡す。仲介しているオフィスからもらう給与は十分とは言えない金額らしく、このチップが貴重な収入になるとのこと。そういうことならケチらずに払おう。良い仕事に対してはそれなりの対価を支払うべきだ。良いチームだった。おかげさまで無事キリマンジャロに登ることが出来ました。みんなありがとうございます

 

 

 車の入れるムウェカゲートまであっという間に下りキリマンジャロ登山はこれにて終了。モシの町のホテルに戻り数日ぶりのシャワーとタンザニア産の「キリマンジャロビール」というイカしたビールを味わいつつ、この日の夜はしみじみとキリマンジャロ登山の幸せな余韻を味わった。

 

 

 個人的にはもう少しシンプルに登ってみたかった気もするが、現状を考えるとこのような形の登山になるのだろう。

 キリマンジャロはどこか富士山に似ているなと思う。

富士山を2回りくらい大きくしたイメージ。確かに大きく1回りではなく2回り分くらい大きい。

 

 

特にクライミング要素はなく歩けば登れるところ。ルートが何本かあり好きなところから登れるところ。ステラポイントとウフルピークという2つの頂上ポイントがあるところ。人の多さ。山頂前の渋滞。やはり富士山に似ていると思う。

 

 

 ただアフリカの広大なスケールの中を歩くことはとても気持ちが良かった。そして山で働き生きるガイドやポーターの人々はとても強くカッコよかった。

(記:林)

 

マルチピッチと石灰岩

マルチピッチと石灰岩 ==復活のクライミング-低レベルですが==

城山南壁

日程:3月17日(日)
山域:伊豆
参加者:五十島(L)・高橋・齋木・大島・高安

 

 

超~~久しぶりのマルチピッチクライミング。

クライミング(外岩)は上の子が2歳くらいでやめたので、20年ぐらいぶり。
人工壁はその後も少しだけやってましたが、、、
マルチピッチということであれば、その前になり、最後にやったのは、いつだろう?

 

 

大仁駅からタクシーで登山口へ。
ひと登りで南壁に到着。

さて、マルチピッチをやらせてもらえることになり、齋木さんとペア。
西南カンテ 6ピッチ

 

 

1P:

齋木さんスタート。以前登ったそうですが、最初のスラブがトラウマらしい。やっぱり、苦戦。替わって高安がGO
いやらしいスラブです。同様にハマル。何度か落ちましたがムリヤリ抜ける。
左上するバンドを行き、立木に入るところでビレイ。
久しぶりなので、慎重にセット。練習してきたルベルソを使用。

2P:

どこが取り付きなのか右往左往。トポを見直してようやく発見。
齋木さんGO。なんか雲行きが怪しく小雨も降ってきました。雨はすぐにやんだけど、寒い。
フリースを持ってきてもらい、助かりました。
コールが聞こえないので、ロープの動きで判断。
ホールド豊富なカンテで、面白い。しかし風が強く寒い。伊豆なのに。

 

3P:

ホントは高安ピッチですが、ルートも見えないし、ブランクも長いのでちょっと恐怖が、、、
お願いします齋木先生。以降は全てお願いしちゃいました。
右トラバス。やさしいけど、ピン間隔が長く、いやーよく行きますね、今の自分ではやめて正解でした。

 

4P:ここも右へトラバス?記憶が、、
5P:ここもあんまり憶えてない。かぶった壁に取り付いてる人のいる二間バンドに到着。
6P:バンドを歩いて登り、凹角を登って終了。

 

 

取り付きに戻り、みんなと合流。天気も良くないので、下山。

 

 

情けないです。ふと恐怖心が沸き起こリードできませんでした。
1P目しか行ってませんが、ダブルロープはもうちょっと考えないといけませんでした。
ロープの交差はなかったと思うけど、長いシュリンゲがロープと交差。
また、コールが聞こえないことがありました。笛とかロープの合図とかきちんと話して
おかないといけませんでした。再度反省です。

 

 

それにしても、壁の中でのビレイは高度感あって良いです~。寒かったけど。
齋木さん、おんぶにだっこですみません、ありがとうございました。

 

 

名栗・河又(川又?)

日程:3月24日(日)
山域:飯能
参加者:五十島(L)・高安
高橋さんも参加の予定でしたが、体調不良でお休み。

 

 

 

五十島さんからのお誘いがあり、外岩フリークライミングへ。
出張だらけの3月ですが、スポット的に空いてました。
飯能駅からバスに乗り、かなり昔に行ったことのある河又へ。石灰です。
コルネやおだんご、象の鼻があってこれぞ石灰! でもスタンスは滑りやすい、長年かけて磨かれてるし。

 

 

イヤーわくわくしますね。来たことは覚えてますが、どれを触ったかは、完全に記憶になし。
ということで、オンサイトしほうだい。できないけど。

やさしいところをいくつか
しかし、登れない、体が重い。
体を引き上げようとしても、手を曲げられない、足が滑りそう、ケツが上がらない。

 

 

・いきのいい奴:ムリ
・ムーンビーム:これで5.9?
・月光:1手出せば登れたのに、ホールド見てない。何も考えてない。
・ディスコバージョン:カンテを登る、テーピングでバッテンあり。浮石? 以外に優しい、登れた!!
・ミヤザキミドリ:グダグダですが、なんとか耐えて完登!!やったー
・忍吉:五十島さんにヌン掛けしてもらいましたが、無理です。5.9じゃないよこれ。(実はグレード変更?)

 

 

五十島さんはモスグレイハンドを何度かトライもRPならず。
ムーブは見えたそうです。

RP狙いはなしでいろいろ触らせてもらいました。
多少は登れましたが、打ちのめされて、下山。
いや~、5.9とか10aのルートはカラいです。登れません。

登れないけど、楽しいな~。

 

 

日程:4月6日(土)-7日(日)
山域:飯能
参加者:五十島(L)・高橋・高安

ようやく怒涛の3月が終了。あちこち行かされて、うー疲れた。
で、またまた河又へ。今度は高橋さんも。

 

 

1日目

奥のシュテファンフェイスとタワーロックを見に行く。グロバッツが来たの?
・タワーロック:ノーマルルート:問題なし
・シュテファン:気分はダイレクト:あれ、これって登れた?記憶にない、、、、
五十島さんにかけてもらい、みんなで交互に登りました。
高橋さんはしばらくぶりの外岩だそうです。怖くなっちゃったそう。
たしかに、先日3/17の城山で登ったときは、1ピッチ目以外はリードできませんでした。
ブランクあると怖いよね。

 

 

コウモリ岩に戻ってきて、
・カッパ:1便目 いろいろ試すも良いムーブが見つからず。うーんこれしかないか。
2便目 左手を耐えて上のお団子をエイヤっと掴めた!RP
・麦畑:手順というか、なんか考えすぎて、自滅。

五十島さんは、先々週の宿題 モスグレイハンドをすんなりRP。サスガ
高橋さんは いきのいい奴 にトライ。

 

 

バスの時間までかなりあるので、近くの「さわらびの湯」800円へ。
休憩場所も広く、お風呂もまあまあなサイズ。露天もあります。
温泉とはいえ、無味無臭でちょっと気分が出ませんが、五十島さんはその方が良い
そうです。バスの時間もあるので速攻で上がる。

 

 

 

 

2日目
今日は混んでる。

 

 

気合を入れてGO
・麦畑:登れました。ちゅうちょせずに、バシッと行けばヨシ。
・大将:1便目、グダグダ。でも最初のトラバスを乗り越えればあとは簡単。
2便目、気合を入れてトラバス。落ちそうになったけど、なんとか耐える。
ニーロックでレストして直上。ヤッター
2日目でヨレてるしこんなもんで。

五十島さんはかぶってるぜを何度かトライも、、残念。
高橋さんは本気靴に替えてディスコバージョン。
早めに下山。

五十島さんも言っているけど、オブザベーションをきちんとやらないと登れない。
ホールドやスタンスの位置をなぞって手順を固めて、ムーブ!

年を取ると、特に短期記憶が弱くなるので、さっきやったムーブやスタンスとかを
すぐに忘れてしまう。下で考えたムーブ、ホールド、スタンスも登ってる最中には
アレアレアレ??思い出せない、、、
記憶力が良くなる薬ってないですか~。短期記憶だけでいいです。ドーピングしたい。
受験生と同じかー。

 

 

 

いやー外岩は楽しいよ!!
みなさんもぜひ河又の石灰岩を楽しんでください。電車バスで行けるし。温泉もあります。

 

 

五十島さん、高橋さん、ありがとうございました。

コウモリ岩の奥に楢抜山エリアがあって、そっちのほうがお手頃グレードがそろっているようです。
100岩場にもありますが、以下に詳細PDFあり。
http://www.asahi-net.or.jp/~ca7s-kbys/jp9/kawamata1.html

(記:高安)

タカマタギ・日白山

会メンバーになっての初山行になります。
ロートル新人をよろしくお願いします(大関髙安も応援してね)。

 

 

日時:2月24日(日)
参加者:土井(L)・中村・大島・高安
行程:土樽(6:05)-タカマタギ(10:22)-日白山(11:44)-長鈎尾根-土樽(15:41)

 

 

前夜、武蔵小杉で中村車に集合。途中で土井さんを拾って、関越を湯沢へ。
土樽駅舎にて仮眠。他には2人。

 

 

翌朝起きて出発。
新調したネパールエボを履く。その靴で初めて登山ですが、あたりも無く快適。
高速をくぐって車道に。しばらく行き、毛渡沢の橋を渡って尾根に取り付く。
しばらくは疎林の中を登る。
天気は良いし、気温も高め、かなり熱い。上着を脱いで下着1枚。
トレースもばっちり、雪も締まっていて登りやすい。
大島さんは「ラッセルしたーい」と言っていますが、かなりムリ。
トレース外れれば多少は潜ります。土井さんがそんなところを果敢にチャレンジ。

 

 

主尾根に取り付くと、これから行くタカマタギや日白山が見渡せる。
ほぼ木が無く、真っ白い山が連なる。快晴なので、対岸の巻機-谷川の稜線も仙ノ倉もまるみえ。いいですな~。
先行者の連りが見える。

 

 

みなさん、ストックを使って登ってますよね、私はこれが非常に苦手。
なんか、しっくりこない、手に何か持っていると、歩いてるという気にならないんですよね。今回も途中までは使っていましたが、しまっちゃいました。

 

 

タカマタギ着
晴れていて展望ばっちり。

途中でクレバスみたいなところに足を取られた、ヤバイ。大島、高安、土井で順番に同じところで。
中村さんは余裕で通過。

 

 

日白山着
ずーっと天気よく快適。のんびり休憩。他にもスキーヤー含め何人か。
仙ノ倉が目の前、歩いていけそうですが、、
谷川から巻機、その向こうは越後三山? 全部見えるという感じ。
どれも雪がべったりついて上越の山はいいです。いろいろ行きたい。
中村さん土井さんで仙ノ倉北尾根とかあちこちのことを話していました。
足拍子はかなり厳しそう。新人二人は会話に参加できず。

 

下りに入り、少し潜るのでいちおう買ったワカンを履く。
かつて、木製?籐製?のワカンを持ってたこともありましたが、金属製を調達。
快調に下っていく。途中で少し細いところも出てくるが、おおむね快適な尾根道。
ワカンのストラップが緩んできたので収納。なしでも潜らず快適な下り。

 

 

堰堤のある沢に出ると、ここからは雪のかぶった単調な林道になる。何度も踏み抜き、
足を取られ、いやになるが、大島さんは快調に飛ばして、追いつけない、
途中でスキーヤーやボーダーに抜かれる、昔は私も山スキーやってましたが、
上越にはほとんど来たことない、巻機くらいかな。
ようやく、車道に出ました。

 

 

お風呂へ。岩の湯500円。スキー客で大混雑。体洗うのに順番待ち。
めし食べます(湯沢IC手前の北国)。もちぶたが名物らしいですが、ちょっといまいち。
天気も良かったためか、関越道は大渋滞で、家にたどり着けるか微妙になってきました。
環八沿いある駅の近くで停めてもらい、なんとか帰宅。

 

 

渋滞の運転お疲れさまでした。
ありがとうございました。
(記:高安)

城ヶ崎 2019.3.31

●上手くなった?
日程:2019年3月30日(土)-31日(日)
山域: 伊豆城ヶ崎
参加者:国府谷(L)・五十島・他1

 


初日はシーサイド。また寒気が入ってきていてなんだか寒い。
人出は最盛期の1/4くらいかも。2回しか来てないけどもうシーズン
終了みたいです。
S木さんと3人でイントロダクション、ニュートロン、NEWを登る。
城ヶ崎初イレブンはNEWでした。易しめかも。
大重丸さんでお泊り。楽ちん。

 

二日目はファミリー。風が強くて寒い。クライマーは20人くらいいた
かも。皆さんクラックが好きなんですね。
五十島先生は早くもファザーをRP。私もブラザーをやっとこRP。
また今度。

(記:国符谷)

 

2019年4月17日(水)HSK東京支部集会

●報告

3月9日(土)-10日(日) スキー懇親会

3月23日(土)-24日(日) 八ヶ岳旭岳東稜

3月23日(土)-24日(日) 北ア鹿島槍北壁(天狗の鼻まで)

3月24日(日) 河又

3月30日(土)-31日(日) 伊豆城ヶ崎

4月3日(水) 八ヶ岳赤岳

4月6日(土) 7日(日) 河又

4月13日(土)-14日(日) 新人歓迎小川山

 

 

○予定

4月18日(木) 西丹沢

4月20日(土)-21日(日) 北ア抜戸岳東尾根

4月27日(土)-28日(日) 尾瀬至仏山

4月26日(金)-28日(日) 北ア穂高周辺

5月1日(水)-5月2日(木) 瑞牆
5月3日(金)-4日(土) 三つ峠
5月3日(金)-5日(日) 北ア南岳横尾尾根
5月11日(土)-12日(日) 瑞牆
5月24日(金)-27日(月) 高島トレイル
6月8日(土) 2018年度総会

 

 

▼次回集会

5月22日(水) 5号洋室

八ヶ岳・赤岳

清らかで美しい八ヶ岳

日時:2019年4月3日(水)
山域:八ヶ岳
行程: 赤岳山荘(6:50)行者小屋(9:10)-文三郎尾根-赤岳(11:35)-地蔵尾根-赤岳山荘(16:00)
参加者:松林(L)・雨宮

 

3日 曇り、晴れ
先日旭日岳東稜の尾根から眺めて見た美しく雄大な赤岳。
考えてみたら赤岳周辺はアッチコッチ登っていたが秋に一回登っただけの赤岳。
トレーニングも兼ねて日帰りで文三郎尾根〜赤岳〜地蔵尾根。

4月になってもっさり降った雪。
澄んだ空気と雲の間から射す太陽の光は八ヶ岳をより際立て美しく仕上げていた。
「たまらん、ここは楽園か」
森も最後の白化粧です。

 

 

後から登ってきたおねい様が
「2月より雪があってビックリした」と。
やったー。
稜線は風もあったがひどくもない。天気も晴れ?
このまま稜線上を歩き続けたいと思う景観であった。

お地蔵さまが我々の下山を見守ってくれる。
ありがと様。

 

 

積雪のせいかトレースも消え道を一度ロストするが登り返して急勾配を雪に遊ばれながら滑りくだり無事行者小屋へ。

珍しくお湯を沸かして、カップラーメンでお腹を満たし。
熱いコーヒーを飲みながら、
目の前に広がる岩肌に化粧されたお洒落な白をゆっくり眺めた。
木々に付いている白い衣装も、じきに流されて若緑が芽吹いてくるだろう。
(記:雨宮)

 

旭岳東稜

●大人気ルートだった
日程:2019年3月23日(土)-24日(日)
山域: 八ヶ岳旭岳東稜
参加者:国府谷 中村 雨宮 大島
1日目:晴れ 美しの森駐車場(6:50)-赤岳沢出合小屋(9:00)-2200m付近(12:15)泊
2日目:晴れ 出発(6:30)-五段の宮下(7:40)-旭岳(12:40)美しの森駐車場(18:10)

 

 

 

 

 

錫杖とかいろいろ検討しましたが、季節外れの寒気が入ってくる
みたいで無難に八ヶ岳となりました。
赤岳鉱泉とか人が多いところは避けて、と思ったら結構なひとで
賑わっていました。
一日目は予定通り、ある程度尾根を登ってから良さげな場所で泊。
ちょうど良いところが見つかりました。

 


積雪は1、2月の寡雪が嘘のような多さでしたが先週のトレースと
先行パーティがあることで行程は楽に捗りました。
午後の早い時間に幕場についたのでゆっくり過ごす。
二日目は一応3:30に起床したのだが出発前にいろいろなパーティに
どんどん先を越されてしまい最後尾になってしまった。
我々は4人で遅いのでそれでもよかったのだが、要領がよくない
のは改善しないといけないかな。

 

 

五段の宮の下に着いてみると我々が目指す雪壁の巻ルートには沢山
のひとが取付いている。待っているといつになるか分からないので左側
に避けながら取付くことにする。
5ピッチ程ロープを出して旭岳まで到着。ビレイ中も上着を出す暇も
行動食を食べる暇もなくしんどかった。寒かった。
下山はツルネ東稜からさくさく降りて暗くなる前には駐車場に到着した。
なんにしても人が多くてびっくりでした。

(記:国府谷)

 

西丹沢山系縦走

日時:2018年6月3日(日)晴れ
参加者:松林
行程:西丹沢ビジターセンター(8:10)-檜洞丸-蛭ヶ岳-丹沢山-塔ノ岳-大倉バス停(18:45)
                 

日曜祝祭日は新松田駅からの始発バスが7:10発と平日より1時間以上早く出発する。

大倉に着けば夜遅くまでバスもあるので体力とヒザの調子を確認するためチャレンジしてみた。
ここならコースタイムをオーバーしても何とか日帰りできそうだ。

 

7:00発の臨時バスは登山者で座席はほぼ埋まっていた。檜洞丸に登る登山者がこれほどいたとは内心びっくり。8:10西丹沢ビジターセンター出発。
途中の休息地もマイカーで来た登山者があふれていた。

 

10:50檜洞丸着。登りはコースタイムを切って順調。檜洞丸から蛭ケ岳までは登山道も狭く登山者が激減して縦走者がわずかなことがわかる。
コースはアップダウンの繰り返しで遠くに見える蛭ケ岳がなかなか近くならない。蛭ケ岳直前のキレットからの急登は鎖場・岩場が続きハイキングコースと様相が一変する。
後方から何組ものトレラン組が追い抜いていく。トレランにも人気のコースらしい。
彼らはフラットな登山道は走り回り、登りでも軽快で早い。昔は私も・・・と一抹の寂しさを覚えつつ「私は無理はしない!」と自分を納得させながら横目でやり過ごすことにした。

 

13:45蛭ケ岳に登頂。一応、コースタイム内で満足!
蛭ケ岳からは登山者も増え、登山道も整備されている。私も大倉から3回このコースは来ているのでここから先は気分的に楽になった。
木道もずいぶん整備されていたがこの木道と登り階段が歩幅に合わない。脚がつり出し、ヒザがうずき出した。
芍薬甘草湯とロキソニンを飲みながらも休み休みの歩きになってきだした。

 

15:30丹沢山で長めの休憩を取った後は気力で16:30塔ノ岳に。この時間帯は行き交う登山者が激減する。
2本のトレッキングポールでリズムを作り、強引に脚を引きつけてペースダウンを防ぎながら膝をかばって大倉尾根を下る。何度も登りなれた尾根が暗く長く感じる。

 

18:45どうにか大倉バス停に到着。登り出しが8:10だから休憩をこまめに取った割には11時間のコースタイム内で下山できたことに自己満足。だましながらももって
くれたヒザに感謝の一日だった。
(記:松林)

2018 春山 明神岳東稜

 

日時:2018年5月5日(土)-6日(日)
山域:北アルプス南部
参加者:久世(L)・松林・西本
行程:
1日目:沢渡(6:30)-明神(8:00)-宮川のコル(9:40)-(11:00)ひょうたん池(12:00)-第一階段(13:00)-幕営地(17:00)
2日目:幕営地(6:00)-バットレス下(6:40)-バットレス取付(7:00)-頂上(8:40)-奥明神沢のコル(10:00)-(11:30)岳沢小屋(12:00)-上高地(14:00)

 

 

私事ですが、昨年の11月に足の肉離れをおこし、その後のザイル祭の時のハイキングで再び悪化させてしまい、1月はお休み。

2月に何とか頑張って東京マラソンには出場出来たのも束の間で、3月はゴルフで腰痛を再発してしまい、3-4月はまたもお休み。これも日頃の悪行の報いであると観念するしかありません。さすがにGWは何とか山に行きたいと思い、松林さんと若い西本君と明神東稜に行くことが出来ました。
ただ諸々あって2日間での山行だったので、穂高の頂を踏むことはできませんでした。

 

 

 

前夜、調布で松林さんにピックアップしてもらい、一路西本君のいる沢渡を目指す。
東京は長袖Tシャツ一枚にサンダルでも、ちょうど良いくらいだったが、沢渡に着いたらとても寒い。それもそのはず、前夜は上高地でも雪が降ったらしく、しかも涸沢では結構積もったとの事であり、道理で寒いはずである。西本君は暖房のある公衆トイレの中で、ずっと待っていたとの事で、悪いことをしてしまった。

 

朝、ちょっと雨が降ったので、少々出発が遅れ、6時半沢渡を出発。タクシーで上高地まで入り、7時には上高地を出発する。明神で横尾方面の林道から外れ、明神池傍の養魚場跡から、ひょうたん池までの踏み跡をたどることになる。判りやすい踏み跡を辿り、上宮川沢を登ることしばらくで、9時40分宮川のコルに這い上がる。

 

雪化粧された宮川のコルの少し先に、4~5人の先行者がいた。かなり軽装なので日帰りアタックかなと思い、聞いてみると長野県警との事、何だろう?
ただ軽装の上、日頃から鍛えておられる県警の方の馬力は凄くて、宮川のコルからひょうたん池までラッセルして頂くことになった。11時にひょうたん池に着くと、東稜にて事故があった事を教えてくれ、ヘリコプターがこれから飛来して、救助活動を行うので、しばらくひょうたん池にて留まる様、依頼される。

 

指示通り、ひょうたん池で大休止、前夜の天幕跡も2か所ある。そのうちヘリがやって来たが、思ったより風が強いのか苦戦している。結局、数回収容を試みたが引き揚げてしまった。一時間以上留まったが、我々も出発することにする。しばらく登ると第一階段と呼ばれるところに突き当たる。一昨日の雪が不安定にのっていて少々悪いので、ここからロープを出して登ることにする。出だしの部分が少し悪いが、その他はそうでもない、しかしながら落ちれば致命的な場所なので、そのあと3ピッチほど、ロープを延ばす。

 

 

途中で負傷した人を下すのとすれ違う。見た目ではちょっと負傷云々が判り辛い感じだった・・・。ロープを外すが、そこから先はラッセルとなる。吹き溜まりでは胸までの雪があり、思ったより時間がかかってしまった。ラクダのコル手前で幕営として、本日の行動を終了する。
実は昨年GWの小窓尾根も入山初日にヘリコプターが飛来して、負傷者をピックアップする現場を間近に見ており、さすがに2年連続で、そのような場面に遭遇するとは、さすがに嫌な感じである。少し風が強いが、問題なく夜を過ごす。

 

 

翌朝6時出発。6時40分にバットレス下の岩場に着く、ここからロープを出して1ピッチ登ると、バットレスの取り付きである。7時バットレスを登攀開始、一歩スタンスの乏しいところがあるが、登攀は1ピッチのみ、上部の雪壁部分で更に2ピッチロープを延ばすと、本当に少しの登りで8時40分、明神岳の頂上に着いた。
頂上でのんびりしていると、明神岳2峰に数パーティがやって来た。結構、主峰縦走もいるのだと感心しました。

 

 

下山は前穂高岳との間の奥明神沢のコルから、奥明神沢を岳沢まで下ることとする。奥明神沢のコルの手前で、一回懸垂下降をしてコルまで下りると、後から数パーティがやって来た。思いのほか、賑やかなコルから、奥明神沢を下るが、最初は傾斜も強く、後ろ向きでの下降となる。なんだかんだと結構下まで、急な傾斜だったが、沢の中は雪が繋がっていて助かりました。
11時半に岳沢小屋に着き、アイゼンを外すと、夏道をのんびり歩いて、相変わらず観光客の多い、春の日差しが眩しい上高地まで下りました。
(記:久世)