2017年フリーまとめ

参加者:五十島他多数
日時・山域:

5月20日(土)-21日(日):甲府幕岩
5月28日(日):有笠山
6月3日(土)-4日(日):小川山・甲府幕岩
6月11日(日):有笠山
7月2日(日):榛名黒岩
7月8日(土)-9日(日):小川山
7月29日(土)-30日(日):小川山
8月5日(土)-6日(日):甲府幕岩・カサメリ沢
8月18日(金)-20日(日):カサメリ沢
9月23日(土)-24日(日):小川山
9月30日(土)-10月1日(日):小川山
10月8日(日):有笠山
10月14日(土)-15日(日):有笠山
11月3日(金):有笠山
11月5日(日):有笠山
11月11日(土)-12日(日):有笠山
11月18日(土)-19日(日):湯河原幕岩
12月2日(土):湯河原幕岩
12月5日(火):湯河原幕岩
12月9日(土):湯河原幕岩

 

GWの黒部横断も終わり、自分と向き合う長い季節が始まりました(フリー的な意味で)

 

 

5月-6月:
指の怪我は順調に進んでいて、ジム週3ペースの維持が難しく岩場での目立った成果も無く過ぎていった。
しかし代わりにはじめたジョギングとストレッチは後半の有笠で予想以上に役立つ事になる。

 

 

7-8月:
いちおう13を意識して触ってみたりはしたものの(トップガン/カサメリ沢)実力との乖離は想像通りで可能性を感じなかった。
よかったのは課題に対して顕著に足りていない欠点がわかってきたことで、
以後のジムトレーニングは主に引き付け力と体幹の安定性を重視するようになった。

 

 

9月:
23-24日,30-1日の小川山でジムトレからそれなりの手応えがあった。
特に違いを感じるのはクリップ動作で、荷重姿勢が安定している分、保持力の消耗が随分減った感がある。
課題のグレードは去年からあまり変わらないが内容(試行回数,ムーブの再現性)は少しずつ進歩していた。

 

爆弾低気圧/5.12a(2016/10RP 17便)

都忘れ/5.12a(2017/9RP 3便) マウンテンプロショップ岳/5.12b (2017/10RP 5便)

 

 

 

10月-11月:
今年のシーズンは有笠山ですby国府谷さん という事で勝負の有笠山通いが始まった。
(基本的に13という数字への義務感からクライミングをしていたので、岩場に対して拘りがない自分が現金で恥ずかしい。)
2日かけて感謝の心/5.12aをRP。しかしながら残りの日数を考えると苦手系な被り物でエクステンション(海賊船/5.13a)を触るには無理があった。
結局最後は若緑/5.11c/dをRPして有笠山終了。春に一度触っていた課題で、負荷の違いが感じられただけに海賊船が余りにも心残りだった。

 

 

 

 

12月:
13を登らなくては冬山に行けないので、岩場を変えてもう一度触ってみる事にした。
と○やさんでの熟考の末、課題は湯河原幕岩 スードラON攀/5.13aに決定。有笠が終わるとすぐに様子を見に行く。
この課題は元々5.12aだったものがホールド欠損によってグレード改定されており、所謂”ボルダー系”に属するのではないかと思う。
シビアなクリップやストレニュアスなパートがあるわけではなく、ほぼ核心の4手に13がついているような課題だった。
2日かけて核心をバラしてから3日目で全体の確認と繋げた際の最適化→4日目の1便目でRPになったが余りにも他の動画とムーブが異なるので若干の疑問は残る。。。
これで取り敢えず今年のフリークライミングが終われるので来年はもう少しいい形でもう一本登れたら。なんて考えてしまいます。

 

 

岩場でお付き合い頂いた方には感謝しかありません。お陰様でクライミング辞めずにすみました。

(記:五十島)

恒例日帰り山行 今年は鳳凰三山

日時:9月3日(日)
行程:夜叉神~夜叉神峠~杖立峠~苺平~薬師岳~観音岳~地蔵岳~観音岳~薬師岳~夜叉神峠~夜叉神
参加者:
久世(L)・五十島・林  静岡:ウランちゃん・漆畑さん

 

 

 

今年の日帰り山行は、本当は八ヶ岳全山縦走ワンデーにしたかったのですが、諸般の事情により鳳凰三山の

往復となりました。ただ2年続けて甲斐駒だった故、一気に登り・一気に降る登り方でしたので、縦走での日帰りは初となります。

 コースは夜叉神から地蔵岳までの往復なので、特に厳しい所は無く、楽しんでの山行となりました。メンバーは、五十島君・林君そして静岡からウランちゃん・漆畑さんの5名である。

 

 

 

 

 

 前夜、夜叉神の駐車場まで入り、静岡組とも合流し仮眠。車が意外に多く来て、案外寝ずらいが、4時半起床。

日頃の疲労が抜けない中、5時15分出発。夜叉神峠までの急登が、朝イチの身体にはキツイ。とはいえ何とか

まだ薄暗い夜叉神峠に着く。ここで漆畑さんと別れ、我々は先を急ぐ事とする。

 しばらくすると、後ろから熊除けの鈴の音が近づいてきて、トレランの方にあっという間に追い越されてしまった。走る事は出来ないなあ~。

 

 

 

 

 それでも杖立峠、苺平と順調に進み、南御室小屋に着く。既にテント泊の人は、テントの撤収が終わっている

方が多く、皆早起きである。砂払岳からようやく視界が開ける。天気も最高で、まさに夏山稜線漫歩といった感じで、とても気持ちが良い。

 8時半、一つ目のピークの薬師岳に到着。正面に北岳がくっきり見え、素晴らしい景色である。少し休んで

8時50分今度は観音岳に到着するが、この辺りから人が多いなと感じられる。他の登山者もいて、地蔵岳まで、ゆっくりしたペースとなる。

 9時半賽の河原到着。オベリスクには初めから登らないつもりでしたので、ここで大休止。甲斐駒も正面に

見えて、なかなか良い感じである。機会があれば、夜叉神から鳳凰三山を越えて、甲斐駒そして黒戸尾根を

降りるコースの日帰りも出来るかな? と、皆で話していました。

 

 

 往路を戻る形で、賽の河原を出発。観音岳までの登りがちょっとシンドイ、この頃から雲も出てきて、

景色も見えたり、見えなかったりとなる。さらにもうひと踏ん張りで薬師岳、その先の南御室小屋まで進んだ所で、しばし休憩。

 そしてこの休憩が呼び水となったか、五十島君・林君がトレラン選手に変身して、猛ダッシュで走り始めた。

苺平までは登りなのだが、お構いなしに走る走る。その先、夜叉神峠までの長い下りも、また走る。私も

必死の早歩きで食らい付く。「膝が悪いのだから、走らない」って普段から言ってるのに~。ウランちゃんも

直滑降走りで、後ろから煽って来て、まったく気が抜けない。

 

 

 

 なんだかとても気持が疲れた頃、夜叉神峠に到着。まだ午後1時にもなってないよ~。ここで再び漆畑さんと

合流。彼女も薬師岳までは行ったとの事。ようやく普通に歩いて、夜叉神まで降り、桃の木温泉に寄って、帰京しました。

 思ったより、早く終わってしまったので、来年こそは、八ヶ岳にて日帰り山行に行きたいと思います。

 皆さん、行きましょうね!!

                                     (記:久世)

多摩川水系一之瀬川から竜喰谷

滝から滝をシャワークライム

 

日程:2017年9月2日(土)
山域:奥秩父 多摩川水系一之瀬川から竜喰谷 
参加者:国府谷、雨宮、魚瀬

 

曇り
雨続きであったがここはリーダーの国府谷さんが強気で前夜に出発。
雨は降っているが天気予報の晴れマークに期待して車を走らせる。
朝方4時になっても降っている。絶望的な気持ちで6時起床。アレ止んでる!
でも水量が多かったら自殺行為だしと様子を見るだけと一之瀬川へ。
行けそうと判断してダメなら途中で戻ってこようと話しながら入渓。

奥秩父の名渓竜喰谷は滝に始まり滝で終わると言われ とても綺麗な滝の連続。
途中ナメ床も多く広葉樹が紅葉したら綺麗なんだろうな〜と想像させられる。

前日から朝方までの雨で水量は多いほうだろう。

シャワークライムを楽しみながらいくつもの滝を越えていって
計画より早く大常木林道に到着してしまった。

下山は林道でサクサク降りる。

 

8月の山行がことごとく雨で阻まれていたので今回は強気で入渓できて嬉しかった。
川の水は冷たかった。。。もうすぐ夏も終わり(寂)
この谷で防水コンパクトカメラが壊れiPhoneで撮影してみるが水圧でブレブレ
あ〜あかん。
雨宮(記)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2017年11月14日(火)HSK東京支部集会

■出席 国府谷 松林 中村 五十島 雨宮 林

▼欠席連絡 久世 魚瀬

 

 

●報告

11月3日(金) 有笠山
国府谷 五十島 魚瀬 坂田

11月5日(日) 有笠山
国府谷 五十島

11月6日(月) 丹沢塔ノ岳
松林

11月11日(土)-12日(日) 有笠山
国府谷 五十島 魚瀬

 

 

○予定

11月23日(木)-25日(土) 北ア鹿島槍ヶ岳
国府谷 五十島

11月23日(木)-26日(日) 滋賀高島トレイル
雨宮 他

12月2日(土)-3日(日) 湯河原幕岩
五十島

12月9日(土)-10日(日) ザイル祭
久世 飯田 平井 松林 国府谷 五十島 林
中村 雨宮 坂田 魚瀬 牧田 他

12月16日(土)-17日(日) 八ヶ岳赤岳鉱泉BC
国府谷 中村 雨宮 五十島 魚瀬

12月22日(金)-24日(日) 南ア黄連谷
国府谷 五十島

12月29日(金)-31日(日) 中ア越百山
国府谷 松林 雨宮

年末年始 未定
五十島 林 坂田

 

 

□次回集会 12月14日(木)

天気がよくって夏山最後

日程:2017年8月27日(日)
山域:巻機山 ピークハント
参加者:雨宮、その他1
晴れ

8月はことごとく計画がツブれやっとお山に出かけられることにテンションマックス↑↑↑↑

9時くらいに清水登山口出発なのでコースタイム往復10時間
スピード上げなきゃーと足早にコースタイム半分で頂上へ。

久しぶりの山歩きだったがペースを上げられたのは、
三月、谷川朝日岳稜線から見た大きな巻機山の凛々しいお姿が印象に残っていたから歩きながらワクワクしてた。

 

今回は、前回と反対方向から朝日岳をはじめとして大源太山、谷川山系を眺めながら夏の光を堪能できた貴重な1日だった。
雨宮(記)

甲斐駒尾白川本谷遡行記録

山域:南アルプス甲斐駒ケ岳

参加者:国府谷・中村

日程:8月10日 国府谷車にて竹宇駒ケ岳神社駐車場へ

     11日 6:00 駐車場発 尾白川林道経由 8:00 入渓地点

        14:30 滑滝沢合流点上部の左岸の岩小舎にてBC

     12日 6:00 BC発 9:00 稜線 11:00 甲斐駒頂上

 

 

 

今年の夏休みの我が会の山行は、今週の劔のチンネ登攀と我々のこの尾白川本谷遡行、さらにその後の東北の沢登りとなった。しかし、今夏の不安定な天候のため、劔ではチンネ登攀日以外は雨で苦労したようだし、東北の沢は悪天のため中止。我々の尾白川遡行だけは曇天ではあったが2日間なんとか天候がもってくれた。

 

 

この山域では、昔に黄連谷右俣を遡行したが、その時は黒戸尾根の五合目まで登ってから黄連谷に下って行くという変則的なアプローチだった。自分としては尾白川渓谷道から尾白川を遡行して黄連谷に入るアプローチをしたかったこと、また尾白川本谷そのものも行きたかったこともあり、今回遡行できてよかった。

 

 

 

駒ケ岳神社駐車場からの渓谷道は不動滝付近で行き止まりとなるため、駐車場から林道に直登する登山道を行き、林道終点から急な踏み跡を沢に下降、入渓する。すぐに女夫滝が現れ、左岸から鞍掛沢が入ってくる。噴水滝をすぎしばらくすると黄連谷分岐。その後ゴーロとナメと小滝が交互にあらわれ、徐々に谷がせばまって、瀑流帯に入る。左岸側は、200mはあろうかという烏帽子中尾根側壁、右岸は坊主山から一枚岩のスラブを落ちてくる見事な北坊主ノ沢、西坊主ノ沢、滑滝沢など、目を見張る光景、渓谷美だ。滑滝沢を過ぎたあたりのナメ状大岩滝上部の洞穴内8mのチムニーをこえたところにある岩小舎にて本日は終了。瀑流帯の中のためたき火用の木が集まらなかったが、1時間くらいは何とか服を乾かすぐらいの火は確保できた。

 

 

翌日はガスの中を出発し、1時間ほどで30m大滝につく。滝の右側のルンゼを国府谷さんリードで越えていくが、見た目より難しく、はじめてロープをだしてもらった。中ほどの難しい2mでは、古いシュリンゲが2本あり、それに足をかけて越えて行った。ちょっと戻って右側を高巻けたかもしれない。その後の小滝の連瀑帯は左岸を高巻き、二俣で左沢にはいり、ガレ登りから藪漕ぎで鋸岳縦走路の六合目石室付近の稜線に出た。

 

 

甲斐駒頂上付近は美しい花崗岩に囲まれいつ来ても気持ち良いところだ。

 

 

国府谷さんは今日中に帰京するため黒戸尾根を下り、私は明日早川尾根を縦走するため頂上で別れ北沢峠に降りた。(中村記)

 

奥秩父金峰山-甲武信岳縦走

メンバー:中村

行程:

5:00 廻目平発―7:30金峰山―9:30大垂水峠―10:00国師ケ岳―14:00甲武信岳―17:00毛木平

 

 

ずいぶん前に本格的に山をやり始めたころ、トレーニングをかねて、栃本から雁坂峠―雲取山―奥多摩駅まで日帰りで歩いたことをよく覚えているが、最近、縦走の良さを再認識し、今年5月末に日帰りで戸渡尾根から甲武信岳経由雁坂峠に行った。奥秩父主脈縦走として残るは、金峰山から甲武信岳となったが、6月初めに廻目平にフリークライムに連れて行ってもらったときに、金峰山が意外と近くに見え、そのうちに日帰りで甲武信まで行こうと思っていた。

 

 

 

朝早く廻目平につき、土曜日から五十島君と林君が廻目平でテントを張ってフリークライムをしているので、テント場を探してみたが見つからず。朝方雨が降ったため岩も濡れているだろうから、それなら一緒に金峰山までどうかと思ったが。そのまま林道を行く。徐々に雲が切れ、金峰山に着くころには晴れあがって良い景色を楽しめた。金峰山頂は五丈岩を初め大きな岩が散在し広々していて気持ちが良い。時間がないので休みなくどんどん進むが、大垂水峠までは峠からの登山者が多い。大垂水峠は山梨県側の林道が立派に舗装されていて、日曜日で天気が良いこともあり、駐車する余地が残っていないくらい車が多い。国師ケ岳までは人が多いが、その先甲武信まではたった一人に会っただけ。倒木が多いが、結構整備された登山道で高低差もそれほどなく、思ったよりはかどった。それにしても、金峰山から甲武信間は長い。最後は千曲川源流歩道を下山して、信濃川上側の毛木平に降り、タクシーを呼んで廻目平まで戻って車を拾った。満足。

 

 

予想外の収穫は、千曲川源流歩道だ。苔むした森林の中を美しい沢沿いに登山道があり、これこそが奥秩父といった景観が続く。沢登りする必要がないくらいだ。もう一度行ってみたいところだ。(中村)

新人歓迎山行 五竜岳

日程:2017年4月1日(土)-2日(日)

参加者 : 五十島(L)、国府谷、坂田、松林、高橋、林、魚瀬(記)

<行動記録>

1日目:白馬スキー場 – 小遠見山 – BC 雪洞、雪上訓練 

2日目:BC(5:00) – 五竜岳(8:30) – BC(12:00)– (休憩&撤収) – 白馬スキー場

 

一泊二日で新人歓迎山行をしていただきました。

ここでいう新人は、林さんと私。

 

1日目は小遠見山でBCを貼り、雪洞堀りに挑戦。

雪洞堀りは初めてでしたが、想像していた以上に大変で時間がかかりました。

4人がかりで交代で1時間近く掘っても2人が寝れるほどのスペースは確保できず。

しかし、掘り進めていて、以前他のPTが作った雪洞に偶然ぶつかり、

4人寝れるほどの大きさになったところで作業終了。

 

その後は今回の山行のメインの雪上訓練。

スタンディングアックスビレイ、雪を使った支点の作り方、雪層テストなどを行いました。

スタンディングアックスビレイなどはなんとなく知識としては知っていましたが、

実際にやってみることで、システムの理解ができました。

 

 

2日目は五竜岳。

以前から登ってみたかった山なので楽しみにしてました。

 

 

 

1日目はずっと曇りでしたが、2日目は天気に恵まれました。

 

 

 

五竜岳山頂の景色は期待していた通りの景色でした。

鹿島槍や唐松など周囲の山々が良く見渡せました。

 

 

 

新人歓迎山行ということで、

企画してくださった五十島君、

参加してくださった国府谷さん、坂田さん、松林さん、高橋さん、林さん、

どうもありがとうございました。

 

これからもよろしくお願いします。

 

魚瀬(記)

大岳山〜御岳山〜日の出山〜トレラン

森の中を爽やかトレラン
 
日程:2017年7月29日(土)
山域:奥多摩 大岳山〜御岳山〜日の出山〜トレラン
参加者:雨宮、魚瀬

 

曇り のち雨

8月の雨で山行がことごとく潰れていたのでなんとかどっか行こう!

と雨の隙間を狙って行ってきた。
やっぱ山はいいな〜と2人で堪能。
午後にはお天気が崩れてきたので武蔵五日市までのトレランはやめ
日の出山から念願だったつるつる温泉に下山。
温泉入って大満足☆

雨宮(記)

奈良俣ダムからの洗ノ沢

森の中でリラックス
 

日程:2017年7月15,16日(土日)

山域:群馬県 奈良俣ダムからの洗ノ沢
参加者:国府谷、下島、高橋、雨宮、魚瀬、林、ウラン(静)

 

15日  曇り

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

海の日3連休は東北の月山に登りつめる2泊3日の沢計画だったが
その週の雨が多かったためと天気予報が安定しなかったので
水上奈良俣ダムからの一泊二日コースにリーダーが変更。

暑い、暑いコンクリートジャンングルを抜けて沢に入水できればそれだけでありがたい。
コース的には距離も短くリラックスできそうな遡行。

ベテラン釣り師の下島さんもいらっしゃるので

あわよくばイワナのご馳走にありつけそう(嬉)

 

幕営地は水の流れや地形を熟知したベテランじゃないと決められないから
我々ひよっこらは先輩から学ぶべきことが多い。

11時前には幕営地も決まり整地、テント、タープを張る。
ナタやのこぎりもこんな時に大いに役に立つ。
先輩方の知識のおかげで快適な幕営地が完成☆

昼寝の後、釣りに行く組と森の中でリラックスする派に分かれた。
私はもちろんリラックス派。

大漁を願って穏やかに時を過ごした。
5時頃に釣り人は帰ってきたがとても美しいイワナが一匹。

それも林さん執念の手掴みで 捕まえたらしい。すごい!!!

イワナは見るだけでも美しく楽しかったが皆んなで分け合ってイワナ汁。

夜も吹けると空は星だらけ〜水の音が心地いい。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

16日 晴れ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

次の日はのんびり朝ごはんを済ませ8:30には出発。
奥に進むと川の景観も変わり
小さな滝や滝壺、原生林、水に浸かったり
ヒョンピョン岩の上を跳ねたり皆童心にかえって川を楽しんでいた

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

そして
もう終わり。。。寂しいな登山道に上がる崖が急で岩ももろく落石満載だったが、
ロープを出してもらって両手両足4本で這い上がる。
つ、疲れた。 。。笠ヶ岳登山道入り口に戻ってきた時には
昨日の朝に入山したとは思えない遠い昔の記憶のような感覚。
山を自然を満喫しているからだろうか? 下山した時はいつもこの感覚だ。ありがとうってさよならした。月曜日は空いたので仲間と錦糸町ジムに。
メーいっぱい登った後は肉をモリモリ。

雨宮(記)