芦川蛇沢 千波の滝

日時:2018年2月24日(土)
山域:笛吹川水系芦川流域
参加者:五十島(L)・坂田・魚瀬
行程:駐車場(11:00)-取付き(13:30)-登攀終了(16:30)-下山(17:30)

 

大賑わい

 

 

 

コンディションの良さげな週末。本来は荒川出合3ルンゼの予定だったのですが、
工事の関係で奈良田から入れないというド敗退。転戦先として千波の滝にいってきました。

そんな経緯があるので駐車場発は11時過ぎに。しかも観光地と思って舐めていたらアプローチにえらい時間がかかってしまう。
駐車場から見えるのに。。。。。
沢直登ルートは使えなさそうで尾根から上がったのですが、もっとトラバース気味に巻くべきみたいです。
向かいの尾根から懸垂で下降して取り付いたのは13:30。

 

 

 

1P:中央から左上。スクリューの刺さりが軽すぎるのとカリフラワーが折れる(多分遅いせい)左上してからは傾斜が出て氷は安定してくる。50m
2P:ランニングもしっかり取れるので比較的安心。40m
3P:氷柱を右に巻いた。チムニー状を抜けて左上気味に。45m

過去の記録を漁ってみても今年はかなり結氷良いと思います。凍っていればすごく格好良い滝でした。

(記:五十島)

 

大源太山 ブドー尾根-ヤスケ尾根

日時:2018年2月10日(土)-11日(日)
山域:谷川連峰
参加者:五十島(L)・坂田・林・西本
行程:
1日目:大源太山登山口(7:00)-ブドー尾根931m小ピーク(9:00)-主稜線(11:30)-1400m付近幕営(12:40)
2日目:C1(6:00)-(8:30)岩峰(10:20)-大源太山(11:00)-林道(14:30)-登山口(15:30)

 

 

1日目:登山口を出発してゴルフ場経由で取付きを探す。天気は無風快晴でとても穏やか。
ゲレンデアイスばかりしていると歩く時のレイヤリングを忘れがちで、大汗をかいて平地のラッセルで取付きまで。
尾根は末端からでなく931mの小ピークへの支尾根を使用した。
明日の天気が相当荒れる予報なのでできるだけ進んでおきたかった。

 

 

長いラッセルのち主稜線に出て、今日の行程をどこまでにすべきか作戦会議。
コルに降りる手前に幕営する事にして初日を終了。
時間が余っていたので惜しみなく丁寧な整地が行われた。

 

天気は最高

なぜかヒマラヤ風味

 

2日目:予報通りの荒天。積雪はそれほどでも無い筈だが風でトレースが消えている。
コルに降りるところで尾根上のクラックが怖かったのでトラバースして避けたら、コルより下まで降りてしまい失敗。

 


復帰するとその先はヤブと雪庇でややこしい尾根になっていた。
木登り気味のラッセルでスピードが落ちる。少しずつ傾斜が増してきて顕著な岩峰に到着。
左上の傾斜が緩そうだが直上なら1ピッチで足りるだろうと信じて登ってみる。
チムニー状になっていたので角度を誤魔化して岩峰の上まで。セカンドビレイしていると更に風が出てきたが山頂までもう少し。
結局1Pしかロープ出さなかったので下部岩壁は雪が多いと登りやすいようです。

 

 

前日にヤスケ尾根に入っていたPTがいたものの、山頂からもほとんどトレース無く只管下降。
午前中には降りているはずが、結局は15:30下山でした。コンディション悪い時の上越は時間がかかります。
(記:五十島)

ガンガノ沢 錦滝・シークレットエリア

日時:2018年1月27日(土)-28日(日)
山域:南アルプス
参加者:五十島・坂田・林
行程:
1日目:竹宇駒ヶ岳神社駐車場-ガンガノ沢-錦滝-BC
2日目:BC-ガンガノ沢シークレットエリア-BC-竹宇駒ヶ岳神社

 

1日目:
林道は使えず竹宇神社から重い荷を担いでガンガノ沢出合まで。
錦滝はしっかり結氷していたので報われた気分。
空いていた右側のラインからリードしてみたら傾斜に耐えきれずテンション。。。
その後は比較的空いたのでトップロープを張って色々な所を登ってみる。

 

 

トップロープは左岸から用意にセットできるが、支点になる丈夫そうな木から落ち口までの距離があるので工夫したほうがいい。
(ガイドPTは別途短めのロープを支点作成用に用意していた。)

 

 

2日目:
刃渡り沢は遠いという総意(弱い)によりガンガノ沢シークレットでリードの練習。
そもそもが基本をよくわからずにやっているので、緩傾斜でも勉強になる。
初心者の練習には本当にいいところだと思うのですが、あまり混んでいないのが素敵です。
(記:五十島)

仙丈岳 三峰川 岳沢アイス②

岳沢の準備とあとがき

 

南アルプスを代表するビックルートと言われる岳沢。
去年、はじめてその話を聞いたときはこんなに早く訪れる事になると思いもせず。
今回の岳沢にあたっては、自分のアイス経験の少なさもあり相応?の準備と作戦をかけて挑みました。

 

 

1.作戦編

登攀そのものは黄連谷左俣のスケールを大きくした感じと予想。
しかしネックは下降路が異なる点で装備を担いでの登攀or荷上げを考えなくてはならない。
ザックを背負ってⅤ級がリードできれば1番いいのだけれど無理そうなので今回は荷上げをとる事に。
登攀ラインはどれも直線的なのでシングル60m1本のみでその他の装備もそれなりに切り詰めた。
そうめん流しでのビレイ点作成があるのでスクリューは多めに12本程度。

 

2.感想戦

そうめん流しより手前の氷に関しては核心部が短くかつ出だしにあるので、
空荷で核心リード→傾斜緩んだ所でセルフ→荷上げ→ザック背負ってロープいっぱいまでという形でシングルでも荷上げは行えた。
フォローの荷上げはしない前提になるので、セカンドが荷上げせずフォローできるPTであれば有効?

問題はスクリューで標高があがっても気温が高い為スクリュー内で凍結してしまう事があった。
一度凍ると溶けるまで使用できないのでランニングをとる位置にはもっと気を使うべきだったと反省。

最大4日の行程を考えて準備していたが、個人的には2日で抜けられたらというあわよくばな期待もあった。
岳沢出合からトレース無くラッセルで苦戦したものの2日目に北沢峠までは降りてこれたので良かった。

 

 

アイスクライミングの右も左もわからない自分がクラシックルートに来れたのは、熱意あるパートナーに恵まれての事。
スッキリとした山はそれだけで美しいのですが、見上げる人がいてより際立つものだとおもいました。
(記:五十島)

笛吹川東沢アイス

奥秩父でもアイスできるってヨ

 

日程:2018年1月27日(土)-28日(日)

山域:奥秩父 笛吹川東沢

参加者:国府谷 中村 魚瀬

 

 

今度のアイスは東沢でした。

今冬の冷え込みのせいかしっかり氷結していました。

 

1月27日

今回は近いので朝出。朝食を摂り、準備して9時半ころに道の駅みとみを出発。

駐車場で寝るのもなんだかな、ということで鶏冠谷出合付近まで行ってから幕を張る。

そこから30分くらいで清兵衛沢。キツネの絵が上手い。

氷結がいまいちではあるが登れそうなので河原まで降りてF1を登る

その先も続いていそうなので登る。しばらく行って涸れたところで引き返した。

 

1月28日

今日は鷹見岩前沢。鶏冠谷出合から歩いて1時間ちょっと。

法螺の貝ゴルジュは通れるほど凍っていないので山の神まで高巻いてすぐで右岸に見える。

対岸正面から見ると立派だが近づくとそれなりに登れそう。

取りつきは結構埋まっている。

 

 

1pは10mくらい。右岸の木まで。

2pが核心。50m近く伸ばして左岸の木まで。

3p(F2?)はナメ滝。適当に雪面になるところまで。

その先はチョックストーン滝まで登って終了。

歩きとラペルで取りつきまで降りた。練習にはとても良かった。

 

 

 

八ヶ岳より近いし寒くないし空いているしで満足。

天幕撤収して駐車場着は17時半。日が伸びたのでまだ明るいうちに着いた。

渋滞なしで帰宅。

(記:国府谷)

 

2018年2月14日(水)HSK東京支部集会

〇出席 松林 国府谷 中村 林 五十島 西本

◎欠席連絡 雨宮 魚瀬 土井

 

●報告

1月27日(土)-28日(日) 奥秩父笛吹川東沢
国府谷 中村 魚瀬

1月27日(土)-28日(日) 南ア尾白川下流
五十島 林 坂田

2月3日(土)-4日(日) 伊豆城ヶ崎
国府谷 坂田 五十島

2月10日(土)-11日(日) 上越大源太山ブドー尾根
五十島 林 坂田  西本

 

○予定

2月17日(土) 御岳
五十島

2月17日(土)-18日(日) 上越方面
土井

2月17日(土)-18日(日) 場所未定
中村 雨宮 林

2月24日(土)-25日(日) 南ア荒川出合
五十島 坂田 魚瀬

3月3日(土)-4日(日) 場所未定
坂田 林

八ヶ岳 三叉峰ルンゼと大同心南稜(3P目まで)

日程:2017年12月16日,17日
山域:八ヶ岳
ルート.参加者:①五十島・坂田・魚瀬P:三叉峰ルンゼ~石尊稜~稜線~地蔵尾根~BC
国府谷・中村・雨宮P:大同心南稜(3P目まで)~稜線~硫黄岳~BC

 

アイスキャンディーから〜冬山に突入 
 
曇り、雪

 

金曜の前夜発小淵沢道の駅泊で次の朝赤岳鉱泉へ
6人チームだったのでジャンボエスパースと小エスパースの2張り
4人でジャンボ仕様はかなり余裕があるが夜は寒いこの日はアイスキャンディーで今シーズンのトレーニング
出だしはどなたも一年ぶりでバランスや感覚が取れず苦労していた
何本か登るうちにスムーズに登れてくる。アックスを何種類か試してみたが
私はペルツのクオークが軽くて扱いやすかった。しかし力がないのか下手なのかグッサリ氷にアックスが刺さらず
引っ掛けて登るスタイル。
11時ごろから4時までみっちりやって
膝などうちイタタタ。。。深夜寒くて何度か目がさめる。
 
17日は4時起きで支度し
2つのグループで別々の場所へ。
◎三叉峰ルンゼ~石尊稜~稜線~地蔵尾根~BC
◎大同心南稜(3P目まで)~稜線~硫黄岳~BC
 
大同心南陵を登るべく6時ごろ出発。
軽く雪が舞い寒い。
体がまだ雪山に慣れていないのだ。
 
お天気は悪く、あたりはガスっておまけに風も強い。
2500M越えると岩稜となりアイゼンワークも慎重に一歩一歩。
岩には海老の尻尾が出来上がり白くなっていた。

大同心の基部からバンドを右に回り込み
ビレーポイントを探しながらラインに乗れず
いつの間にか最終ピッチまで迂回して登ってしまった。。。

 

意識の高いリーダーはやり直す?と言ってくれたが
悪天候のため気温も低くガスがかかって視界も悪いのでこのまま直上して稜線に。
視界が悪く風とブリザードの刺激を受けながら
硫黄岳を経て赤岳鉱泉に11時に下山。
 
シーズン初めの良いトレーニングになったが
やはり普段使っていない筋肉疲労が身体にのっこったわね。。。冬のお山は圧倒的な美しさに装飾されていた。
次はどこに〜 

雨宮(記)

2018年1月24日(水)HSK東京支部集会

◆出席 国府谷 土井 中村 松林 五十島 林

■欠席連絡 久世 雨宮 魚瀬 西本

 

 

●報告

12月16日(土)-17日(日) 八ヶ岳赤岳鉱泉BC
国府谷 中村 雨宮 五十島 魚瀬 坂田

12月22日(金)-23日(土) 南ア黄連谷左俣
国府谷 五十島

12月24日(土) 谷川岳西黒尾根
土井

12月28日(木)-30日(土) 八ヶ岳アイス
五十島 林

12月30日(土) 谷川白毛門
土井

1月5日(金)-7日(日) 南ア三峰川岳沢
国府谷 五十島

1月8日(月) 谷川岳西黒尾根
林 魚瀬 西本

1月13日(土)-14日(日) 南ア戸台川駒津沢
五十島 坂田 林

1月17日(土)-18日(日) 伊豆城山
五十島 坂田 西本

 

 

○予定

1月27日(土)-28日(日) 八ヶ岳赤岳東稜
国府谷 中村 魚瀬

1月27日(土)-28日(日) アイス未定
五十島 林 坂田

2月3日(土)-4日(日) 城ヶ崎
国府谷 坂田 五十島

2月3日(土)-4日(日) 上越金城山
土井

2月10日(土)-12日(月) どこか雪稜とか
五十島 林 坂田

2月11日(日)-12日(月) どこか雪山
土井

2月17日(土)-18日(日) どこか雪山
土井

2月17日(土)-18日(日) どこか雪山
国府谷 雨宮 募集

2月24日(土)-25日(日) どこかアイス
国府谷 五十島 坂田

 

 

○次回集会 2月14日(水)

仙丈岳 三峰川 岳沢アイス①

イガノミクス シーズンⅡ

 

日程:2018年1月5日(金)-7日(日)

山域:南アルプス 仙丈ケ岳

参加者:国府谷 五十島

 

いよいよ自分の限界に近づいてきている気がする三峰川岳沢アイス。

こんな日がくるなんて、長くやってみるものですね。

 

1月5日~7日に設定しました。8日は予備日です。

他のパーティに被らないよう暦の連休より1日早めました。

黄連谷もこの作戦で成功しました。ルートも小屋も混雑しません。

私の勝手なスケジュールにすべて対応してくれるパートナーに感謝です。

 

 

4日仕事始めもそこそこに早めに出発。24時ころに道の駅で泊。

5日朝に暗い中、林道入り口まで入る。他に1パーティがいた。

今回は器材、食糧と準備もすべて五十島さんにお任せで楽をさせてもらいました。

出発時に共同器材も渡されず。。。 さすがです。

6時半ころ出発。天候は無風快晴。

林道を1時間ちょっとで丸山出合。発電所から南沢へ入って

さらに1時間くらいでよく記録に載っている作業小屋に着く。

 

小屋の前の二つの滝は右岸に手前の方からついている巻道を行くと早いと思う。

作業小屋はまだ生活の匂いがしてなんか感動してしまう。

この先もしばらく沢沿いを登り、凍った滝が出てきてクランポンを着けたり外したり。

岳沢越えは越えてからやたらとテープが多い。

岳沢出合は広い河原となっている。

 

年末年始にも入っているパーティはあると思うが、ここからはトレースはなくなっている。

ここまでのトレースはハンターのものなのかもしれない。13時前くらいに出合を出発。

五十島さんは膝上までのラッセルに奮闘。

F1を過ぎてもラッセルは続く。F2の上の小滝(?)を超えると

F3に着く。すでに15時を過ぎているので協議の上、今日は

ここまでとする。F3付近は平らな場所がないので、小滝をクライムダウン

してF2上付近まで戻り幕営。ここならすぐ下に流水があり水が採れる。(踏み抜いたから覚えてる)

 

F3は結氷よく幅広で見事に立っており、そのまま登るのは難しそうなので

荷揚げ方法を打ち合わせる。

夕食は鍋のご馳走であったまる。

暗くなる頃やってきた3人パーティはF3を登って行った。

我々が眠るころまだコールが聞こえた。

 

 

 

6日 今日も晴れ。たっぷり水分を採って出発。

まだ暗いうちにF3は真ん中右寄りから登る。

傾斜の緩くなったところで一旦荷揚げしてその後40mくらい伸ばす。

荷を持ってるとフォローでも大変です。

F4基部で先行Pが幕営中。

F4は左寄りから。短いけど立ってる。

F5F6F7はフリーで。だんだん滝が雪に埋まってくる。

いよいよF8ソーメン流し。十分でかいのだが、スケール感がマヒしてきているのか、

それほど大きく感じない。

しかし、1ピッチ目を登らせてもらうと、易しいのだが、長くて疲れてくる。

ランナウトしているので緊張感も増してくる。

結局、最終ピッチスタート地点と考えてた左岸の灌木まではロープが足りず左壁ルンゼっぽくなっているところでビレイ。

 

最終ピッチは五十島さん荷を持ったままリード。

空身ならそれほどでもないかもしれないが、背負ったままの苦しい中素晴らしい登りを見せて50m

くらい伸ばしてSAB。お蔭でここまで順調でした。

 

 

 

またしばらく浅いルンゼ内を登ってから右岸の尾根にスイッチ。

尾根上もラッセルは続き、案外時間が掛かる。

上に行くほど風が強く、頂上手前で手袋を替えシェルを着る。

冷たいと思っていたらテムレスの中が凍っていた。

 

 

12時過ぎに大仙丈岳に到着。風が強いのでそのまま仙丈岳に向かう。

ここからはトレースもあり歩きやすい。

ただただ下って北沢峠着。まだ明るかったが戸台までは長すぎるので少し下った林道で幕。

五十島さんが雪が少ないところ苦労して水を作ってくれる。

シュラフはまだ濡れ濡れになっていないが、冷えこんだ為寒くてあまり眠れぬまま朝を迎える。

あとちょっと下ればいいだけだ。

 

 

 

7日 晴れ

明るくなってから起床するも二度寝。

やっと起きて下山開始。支流が見たことないぐらい凍ってる。11時過ぎに戸台着。

タクシーにてクルマを回収。さくらの湯で風呂、食事を済ませ無事帰宅。

 

いつから計画(願望)していたか思い出せないが、終わってみるとあっけない。

だいたいいつもそうだけど。

低温のせいで写真も撮れなかったけどそのうちいい思い出になるのでしょう。

おわり

(記:国府谷)

 

甲斐駒ケ岳 黄蓮谷左俣②

日程:2017年12月22日(金)-23日(土)

山域:南アルプス 甲斐駒ケ岳

参加者:国府谷 五十島

 

 

 

イガノミクス Ⅰ

 

クリスマス前に黄連谷アイスの計画。 急速に成長中のクライマー五十島さんにおんぶ状態。

半年くらい前から計画していたような気がする。今年は結氷よいそうだし、天気もいいし、何と言っても

山小屋泊まりだし。小屋のwebサイトから情報とれるし便利になったなぁ。

 

 

22日は荷物も軽いがえっちら長い道のりを7合目まで登る。

雪の量はひと月前とほぼ変わらない感じ。

お昼過ぎに小屋について受付。有名クライマーさんが管理人なのでびびる。

第二小屋を案内されたあと、本家の小屋でDVDなど鑑賞。

夕食はソーセージ入りカレーライスのサラダ、焼リンゴがついていた。

カレーライスはお代わり可でした。ビールは我慢しました。

 

 

寝床(第二小屋)に戻って明日の準備。

他に宿泊者はガイドパーティ2人と年輩3人パーティは同じく左俣とのこと。

単独で右俣にいくひともいた。

夜は多少の鼾が聞こえたくらいで暑いくらいの小屋で快適に眠る。

左俣のコンディションは申し分ないとのお話と翌日の好天を聞いているのでプレッシャーもほとんどなかった。

 

 

朝は皆さん4時起床です。簡単にパンにハムを挟んで朝食とする。

5時頃4パーティがほぼ同時に出発。

下見通り六丈ルンゼを降りていくとずっとトレースがありきっちり坊主の滝下に出る。

滝上に出る方法もあるようなのだが今年はばっちり凍っているのでこれでOK。

ガイドPの後にライトで照らしながら五十島さんリードで左寄りから登る。

坊主の滝上で明るくなった。

すぐに二股となり左俣に入り、しっかり凍って適度に(?)雪のついている滝が続く。

 

 

大滝まではそれぞれフリーで登っていく。

大滝は先行が左寄りを登っているので我々は右寄り。

こっちの方が少し段になっていて登りやすそうだが、いつも結氷する訳ではない模様。

五十島さんリードで30m。60mロープなので最後までいけるのだが、おじさんに残りちょっとを

残しておいてもらう。

私は5、6mだけ登ってすぐに草付きっぽいところを40mくらい伸ばす。

 

 

100mくらい歩くと最後の滝に着く。ここまでラッセルもないので とても近く感じる。

あとでこっちの方がむずかしかったと言う五十島さんがさくっとこなして終了。

うーん、長くやっているといいこともありますね。

登山道までもトレースがあり、鳥居後の200mくらい上に出た。

あとは下るだけ。小屋のデポ品を拾って下って下って暗くなるころに駐車場に到着した。

 

さて、次はホントのアルパインアイスです。

(記:国府谷)