八ヶ岳 ジョウゴ沢-横岳-地蔵尾根 周回 & アイスクライミング2

日程:2016年12月17日(土)-18日(日)
参加者 : 国府谷(L)、坂田、五十島,、高橋林、魚瀬、雨宮(記)

<行動記録
1日目:赤岳鉱泉BC アイスクライミング
美濃戸口 – 赤岳鉱泉 – BC

2日目:ジョウゴ沢-硫黄岳-横岳-地蔵尾根 周回
(6:10)BC – ジョウゴ沢 – (9:40)硫黄岳山頂 – (10:50)横岳山頂 – (12:10)地蔵ノ頭 – 地蔵尾根 – (12:40)行者小屋 – (13:10)BC – (休憩&撤収) - 美濃戸口

 

17日 曇り

初めてのアイスは
フリークライミングより登りやすかったと思う
アックスが氷によく引っかかるので、
ガバがたくさんある感じ。
アイゼンの前爪もよく氷に乗った。

他のメンバーもアイスキャンディーを楽しんでいるようだった。

 

 

PC170240 PC170243 PC170248 PC170252 PC170264

 

18日晴れ 強風

 

PC180282

 

次の日は赤岳鉱泉からジョウゴ沢を登りつめ硫黄岳
稜線上のブリザードがすさまじく
顔に穴があくかと思ったわ
案の定鼻の頭が赤く内出血した。

 

PC180285 PC180294 PC180295 PC180301 PC180308 PC180322

 

サングラス、フェイスマスクでは甘かった。
体制を低くしてなんとか地蔵尾根にたどり着く

写真を撮る余裕もなかった。。。

疲れた

PC180324 PC180325

 
それでも

 

PC180338

 

登る山、見るもの初めてで感動的な時間であった。

(記:雨宮)

以東岳から大朝日岳縦走②

日程:2016年7月16.17.18日
山域:東北朝日連峰
参加者:雨宮、魚瀬、他1
行程
【1日目】
泡滝ダム(07:00)・・・七ツ滝沢吊橋(08:15)・・・大鳥小屋(タキタロウ山荘)[休憩 60分](10:00)・・・オツボ峰[休憩 20分](14:00)・・・
以東岳[休憩 20分](15:00)・・・狐穴小屋(17:30)
【2日目】
狐穴小屋(06:30)・・・寒江山(07:25)・・・竜門小屋[休憩 30分](08:50)・・・竜門山[休憩 10分](09:40)・・・
西朝日岳(11:00)・・・大朝日小屋(12:30)
【3日目】
大朝日小屋(06:30)・・・大朝日岳(06:45)・・・長命水[休憩 10分](09:05)・・・二股[休憩 10分](10:05)・・・朝日鉱泉(11:55)

 

2日目

p7171430

 

昨日登った以東岳を振り返る。

ああ、たんと歩いたな〜

朝は少しだけピークが見えていたのに〜残念

p7171435

 

本日の行程は6時間ほどなのでのんびり小屋を出発。

縦走路のはるか彼方に大朝日岳が見えるか見えないかもつかの間

早々に雨が降り出し残念ながら1日雨の中の山行。

このルートは稜線の向こうに見える展望と、

お花畑を楽しむ欲張りコースだけに残念(涙)

 

しかし

登山道から見るお花畑の大群落は圧巻で天国にいるよう~

幾つかのピーク、寒江山、竜門山、西朝日岳、中岳を風と雨の中越してゆく。

雨で身体が冷えた頃には大朝日小屋に到着。

p7171453 p7171461

 

本日もリードしてくれる魚瀬さんが頼もしい☆ p7171466 p7171486 p7171490 p7171498 p7171499 p7171525 p7171530 p7171532 p7171535 p7171554 p7171566

 

雨にも風にも負けず大朝日小屋に到着☆ p7171575

 

途中休ませていただいた竜門小屋や、

朝日小屋の管理人さんたちのお話が面白く盛り上がってしまった

人の良さやサービス精神旺盛で登山者を迎えてくれる居心地の良い小屋だ。

 

 

 

3日目

朝から天気悪しだけれど愉快な仲間と一緒  楽しいものね☆

p7181587

 

小雨とガスが立ち込める中

朝日岳(1871M)に登ったがやはり展望は望めなかった(。。。残念。。。)

ここは早々に下山して温泉に入ろうと

当初の予定の鳥原コースを変えて中ツル尾根を一気に下山。

やはりブナの原生林が美しい。

 

本来この時期ならまだ雪渓はたくさん残っているはず。

しかし、どこの山に行っても1ヶ月早い雪解け。

地球温暖化が問題になっているが

森が水を育み、土地を肥やし地球を守っているのね

森は地球の息吹
人間が生きていける浄化の場所。雨宮も少しは浄化されているのかな(笑)

p7181594

 

途中青空が見え始め天候が回復していくのを恨めしく思った。

朝日連峰は2泊3日の縦走路、

幾つかのピークを越えていくので体力的にはグレードは5と

低山ながらも東北の奥深さを経験できた。

そして

展望こそ望めなかったが

ここは見事なブナ林と花咲き誇る原始の森。

p7181599 p7181600

 

今回初めての縦走に参加した魚瀬さん☆

想像以上に体力もあり逞しく長い時間を共有できたことは嬉しい収穫でした。

ありがとう。虫が多いのでホッカブリ笑

p7181601 p7181604 p7181605 p7181610

 

(記:雨宮)

以東岳から大朝日岳縦走①

日程:2016年7月16.17.18日
山域:東北朝日連峰
参加者:雨宮、魚瀬、他1
行程
【1日目】
泡滝ダム(07:00)・・・七ツ滝沢吊橋(08:15)・・・大鳥小屋(タキタロウ山荘)[休憩 60分](10:00)・・・オツボ峰[休憩 20分](14:00)・・・
以東岳[休憩 20分](15:00)・・・狐穴小屋(17:30)
【2日目】
狐穴小屋(06:30)・・・寒江山(07:25)・・・竜門小屋[休憩 30分](08:50)・・・竜門山[休憩 10分](09:40)・・・
西朝日岳(11:00)・・・大朝日小屋(12:30)
【3日目】
大朝日小屋(06:30)・・・大朝日岳(06:45)・・・長命水[休憩 10分](09:05)・・・二股[休憩 10分](10:05)・・・朝日鉱泉(11:55)

 

~花と戯れ原始の森を歩く~

 

1日目
前日深夜バスで鶴岡に。
泡滝ダムへの登山バスもあったが2時間かせいでタクシー(¥15000)
泡滝ダム登山口へ。
曇っているがなんとも蒸し暑く汗がこれでもか!!!と湧き出てくる。
登山道の所々に水が流れ出ていてたので助かった。
P7161214-2P7161227-2
見事なブナの原生林を眺めながら3時間も歩くと大鳥小屋に到着。
山形では一番大きくブナの原生林に囲まれた大鳥池(タキタロウイケ)を望める神秘的な場所。
釣り人が伝説の巨大魚タキタロウを釣るためかテントを張っていた。
湖畔には湖の守り神か?
頭と口までもが綺麗に残っている脱皮後の蛇の皮があり大盛り上がり。
ここで1時間ロス。。。
後で調べたらここは蛇が多いそうな。
P7161244 P7161254
途中高山植物と戯れながら山道を登る。
そんなことをしていたら
タキタロウからオツボ峰の登りで想像以上の汗をかき
以東岳の手前で足が重く上がらなくなってしまった。
P7161266
これは脱水症か!
男たちが小さな可愛い花を愛でる姿がまたかわいい~
P7161294P7161310P7161338P7161362
ひめゆり街道
P7161364
以東岳へ登り詰めるがなかなかつかない><。。。
P7161370
やっと大鳥湖が目下に。クマの毛を剥いだ形と似ているようだ。
P7161374
以東岳(1772M)山頂に到着した15時にはガスで辺りが見えない。
体力的にも限界、時間も時間だったので
ここにテントを張ろうと以東小屋を建設中のお兄さん方に申し出たところ
皆様口を揃えて「狐穴小屋まで2時間だからイケイケ!天気も大丈夫!!!」
と喝を入れられヘロヘロ歩き出す。
本来晴れていれば、正面の稜線の向こうに大朝日岳を望みながら歩ける絶好の登山道。
また月山や鳥海山の山並みの展望も素晴らしいらしい。。。。
まー、なんとか頑張って歩いたが、この2時間の長かったことったら。
それでも色とりどりの花街道は我々を元気づけてくれた。
P7161383P7161387P7161397P7161402P7161418P7161419
ようやく狐穴小屋に到着。
カレーチーズ飯、ポテトサラダなどを作って食べる。
水がジャブジャブあるところなので避難小屋では珍しい水洗トイレ。
夏のみ管理人さんがいてくれるので綺麗であった。
P7161422

2016-7/2-3甲府幕岩2

人生初フリークライミング 甲府幕岩

 

日程:72()3()

山域:甲府幕岩

参加者:国府谷 坂田 中村 五十島 高橋 魚瀬 林 他1

%e7%94%b2%e5%ba%9c%e5%b9%95%e5%b2%a9_html_3faefbd5

鵬翔山岳会に入会後、初の会山行、そして人生初の外岩フリークライミング。

初とはいえ無様な姿は見せられないと、前週に3日間クライミングジムで秘密特訓をこなし参加。

幕岩到着後に早速トップロープをセットしてもらい「ナベちゃん 5.8」に登らさせてもらう。

初めての外岩。ドキドキしながら登り始める。

そう簡単な物ではないと思ってはいたが、思っていた以上に簡単な物ではなくなかなか登れない。なんとかかんとかロープにぶら下がりつつ上まで登る。

その後「HIVE 10a」に挑戦。先を登る中村さんが一カ所苦労している部分があったものの何度か挑戦して登りきる。降りてきた後に聞いてみたら、1カ所ホールドが遠くて見えないのだけれど手を伸ばせば触れるとのこと。そんな情報をいただいたのなら登らねばなるまい。

と思い挑戦したものの登りきることが出来ず・・・情けない。

ロープがあることはわかっているのだけれど、やはり落ちるのは恐怖があり体が固くなってしまう。なんとか岩に張り付いている感じ。

その後も五十島君と高橋さんにロープをセットしてもらい、国府谷さんと坂田さんの指導のもと何本かひーひー言いながら登らさせてもらい、ひーひー言いながら1日目は終了。


%e7%94%b2%e5%ba%9c%e5%b9%95%e5%b2%a9_html_41fb3a3

坂田さんと中村さんは1日のみの参加とのことでここでお別れ。

ありがとうございました。

 

 

2日目は気合いを入れ直し挑戦。

この日もトップロープをセットしてもらい何本か登らせてもらう。

全然登れないことには変わりないのだけれども少しだけ慣れてきたこともあり、初日よりも周りも見れるようになってくる。

 

高橋さんは涼しい顔してどんどんとオンサイトを決めてくる。

 

五十島君はどう見ても垂直以上に傾いている岩を登っていく。

 

国府谷さんは事も無げに壁を登っていく。

そしてたまにウトウトと昼寝をしている。流石です。

 

自分では全然登れなくても人が登るのを見ていると、体の動かし方や足の置き方等々勉強になる

2日目も皆さん色々と登り、夕方ひぐらしが鳴く頃に無事終了。

 

目の前に大きな岩があり、それを体一つで登っていく経験はとても刺激的で楽しい物だった。

指先の岩の感触がとても新鮮。

幕岩から帰った後は岩を見るとなんか触りたくなる。出っ張りを見るとなんだか掴んでみたくなる。

 

今回のクライミングは本当におんぶに抱っこで参加させていただきました。

(記:林)

%e7%94%b2%e5%ba%9c%e5%b9%95%e5%b2%a9_html_55eb38aa %e7%94%b2%e5%ba%9c%e5%b9%95%e5%b2%a9_html_4482fde9 %e7%94%b2%e5%ba%9c%e5%b9%95%e5%b2%a9_html_m14d6f4bc

日光男体山

日程: 2015年1月24日(土) – 25日(日)
山域: 日光連山
参加者: 五十島
行程:
第1日目: 二荒山神社登山口(10:00) – 三合目 – 五合目(11:30) – 七合目(13:30)- 八合目避難小屋(2:30)(荷物デポ) – 九合目 – 八合目避難小屋泊
第2日目: 八合目避難小屋(7:00) – 男体山頂上(8:15/8:30) – 八合目避難小屋 – 五合目 – 三合目 – 二荒山神社登山口

 

201501nikko2

 

今回、単独で行く初めての雪山に男体山を選んだのは、夏に撮影をした同じ日光連山の女峰山をとても気に入っていたからだった。特に森林限界直下の樹林帯が美しく、積雪期の単独もこの日光のどこかで挑戦したいと考えていた。そのこともあって、通常日帰りで登ることが多い男体山を、小屋泊でゆっくり撮影しようとこのような工程になった。

 

24日(土) 快晴、風も穏やか

満員の路線バスを登山口のバス停で降りると、まずは県営駐車場を探した。以前見た記録によれば、そもそも信仰の山である男体山は冬季の登山が禁止となっている。それでもこの時期に入る登山客の中では、駐車
場から入る裏道を通り、登山道へ合流していくのが暗黙の了解だという事だった。
この道の入口がわかりにくく多少時間を取られてしまったものの、10 分ほどで無事登山口へ合流できた。登山口の直ぐ上にある拝殿でお詣りをする。登山禁止のロープを跨いできているので、懺悔するような想いだった。

 

3 合目までの登りはいきなりの急登だった。開始早々汗だくになりながらも必死になって登っていく。途中登山道でシカの糞をよく見つけた。ふと以前戦場ヶ原に行った時、シカ対策の大きなバリケードに驚いた事を思い出した。それにしても物凄い数の糞が登山道に転がっていて、シカ問題の大きさを考えさせられる。
3 合目までの道は踏跡がしっかりしており、歩きやすかったが、5 合目辺りから雪質が変わってきた。ゆるい所を踏み抜いたりして、徐々にペースが落ちてしまう。登り始めも遅いので、小屋まではなんとか早めにつけるよう歩いていく。
8 合目の避難小屋に着くと、荷物を小屋において樹林帯の上まで行ってみることに。30 分ほど登ると視界が開けて中禅寺湖がよく見えた。頂上直下まできても風は穏やかで、できることなら日が沈むまで見ていたいと思った。下りの事を考えるとそうもいかないので、写真を撮った後は8 合目まで戻り、この日は避難小屋で1 人寝床についた。

 

25日(日) 曇天、稜線は強い風

 

昨日はあまり寝れなかった。朝起きると備え付けの温度計が-17 度をさしていた。夜のうちにセットしておいたカメラを取りに行くと、星が綺麗に写っていて、気持ちが高ぶる。身支度を手短に終わらせ、カメラをもって小屋を出た。樹林帯を過ぎると昨日とはうってかわり厚い雲が立ち込めていたが、自分の写真にとっては最高の撮影条件だった。頂上へ着くと遠景は白の単色で覆われていて、時々雲の切れ間から中禅寺湖が顔を見せるのが印象的だった。その後の下りの工程も撮影が捗り、下手をすると昨日の登りよりも時間がかかってしまった。
バス停まで戻ってくるとヘトヘトになっていたが、撮影山行として最高の充実感だった。

 

201501nikko1

 

(記: 五十島)