滝谷 ドーム中央稜

 


日程:2018年7月14日(土)-15日(日)
山域:北アルプス南部
参加者:五十島(L)・坂田
行程:

1日目:上高地-横尾-涸沢-北穂南稜のテン場-幕営
2日目:BC(4:10)-滝谷ドーム下降点(4:30)-中央稜取付(5:30)-ドームの頭(8:30)-西壁取付(10:30)-雲表ルート-ドームの頭-BC(12:20)-上高地(18:40)

 

せっかくなので三連休にしか登れない所を、という事で滝谷に行ってきました。
行程としては少し詰め込み過ぎたかな?とも思ったのですが、仕事のため予備日は使えない坂田さんと意見が一致。
ドーム中央稜から西壁ニューウェーブを継続する計画を立てて準備しました。

 

 

1日目:
日本列島を襲った記録的猛暑は上高地まで影響していて、今日の長い行程を考えると気持ちが重くなる。
本当にいろいろな事を考えながら涸沢に着いたものの、BCをここに張る合理的な言い訳が見つからず2人で6Lの水を汲んで先を歩いた。
南稜は遠い事を除けば凄くいいテン場だった。

 

 

2日目:
継続の成功には取付きのオンサイトと渋滞回避が必要と考えていたので、2日目はできるだけ早い時間に出て人気の中央稜を1本目に登攀、順調にトップアウトできれば上手くいく目論見だった。
とはいっても暗い中では自信がないので4時過ぎ出発。ドーム取付きはトラバースの開始点を見つける事ができれば明瞭な踏み跡を辿って下降できる。
懸垂は25mギリギリなので折り返すならセンターマークのあるロープだと安心。

 

アプローチ

アプローチ

取付きから1P目

中央稜取付き(5:30)顕著なコーナークラックから登攀開始。過去の記録にあるようにザックを背負っていると苦労する。
全体を通してランニングは残置がそこそこあるものの、アンカーはカムで補強して使う事が多かった。
最終ピッチはトポにある通り右にトラバースした後直上と考えていたら、リッジまで出てしまった。
どこからでも登れるような状態だったが、逸れると途端に脆くなるので慎重に選びたいです。

 

 

ドームの頭に(8:30)着。撤収の時間を考えてもまだ間に合いそうではあったので、荷物を最低限に減らして西壁を探した。
しかし肝心の下降点が全く見つからない。時間を考えると悠長に探している余裕はなく、懸垂用には少し違和感がある位置のハーケン2枚にカムで補強してC沢から合流するバンドまで下降した。西壁と思しき取付きに出たものの今度はペツルボルトがどこにも見えない。。。

 

今日中に上高地を降りるには2時間ほどで抜けなくては行けないので、ニューウェーブどころではなくなってしまった。
仕方なく一番ラインが直線的と思われる所を登ることにした(後で確認すると上半部は恐らく雲表ルートを登っていたようです)。

取付きから4Pでトップアウト。時間は12時すぎ。諦めるには中途半端な時間だったので急いでテン場を出た。
上高地までの下山は長い1日の最後には持て余すほど続き、延々と下る道であんなにも汗をかいたのは初めてかもしれない。。。

 

 

思いがけず充実した山行になってしまいましたが、会と関わりのあるルートに訪れる事ができて嬉しいです。
長時間お疲れ様でした。次回はもう少しマシなレトルトをお持ちします。
(記:五十島)

仙丈岳 三峰川 岳沢アイス②

岳沢の準備とあとがき

 

南アルプスを代表するビックルートと言われる岳沢。
去年、はじめてその話を聞いたときはこんなに早く訪れる事になると思いもせず。
今回の岳沢にあたっては、自分のアイス経験の少なさもあり相応?の準備と作戦をかけて挑みました。

 

 

1.作戦編

登攀そのものは黄連谷左俣のスケールを大きくした感じと予想。
しかしネックは下降路が異なる点で装備を担いでの登攀or荷上げを考えなくてはならない。
ザックを背負ってⅤ級がリードできれば1番いいのだけれど無理そうなので今回は荷上げをとる事に。
登攀ラインはどれも直線的なのでシングル60m1本のみでその他の装備もそれなりに切り詰めた。
そうめん流しでのビレイ点作成があるのでスクリューは多めに12本程度。

 

2.感想戦

そうめん流しより手前の氷に関しては核心部が短くかつ出だしにあるので、
空荷で核心リード→傾斜緩んだ所でセルフ→荷上げ→ザック背負ってロープいっぱいまでという形でシングルでも荷上げは行えた。
フォローの荷上げはしない前提になるので、セカンドが荷上げせずフォローできるPTであれば有効?

問題はスクリューで標高があがっても気温が高い為スクリュー内で凍結してしまう事があった。
一度凍ると溶けるまで使用できないのでランニングをとる位置にはもっと気を使うべきだったと反省。

最大4日の行程を考えて準備していたが、個人的には2日で抜けられたらというあわよくばな期待もあった。
岳沢出合からトレース無くラッセルで苦戦したものの2日目に北沢峠までは降りてこれたので良かった。

 

 

アイスクライミングの右も左もわからない自分がクラシックルートに来れたのは、熱意あるパートナーに恵まれての事。
スッキリとした山はそれだけで美しいのですが、見上げる人がいてより際立つものだとおもいました。
(記:五十島)

箱根湯本〜塔ノ峰〜明神ヶ岳〜明神ケ岳

日程:2017年6月24日(土)
参加者:雨宮
行程:箱根湯本〜塔ノ峰〜明ケ星岳〜明神ケ岳〜金時山〜金時神社
活動時間:5時間56分 活動距離:18.06km      
 高低差:1123mm     累計標高上り/下り1935m/1389m

 

曇り時々晴れ  暑い
先週は金時山から明神ケ岳で下山したので、今週は逆コース箱根湯本駅から金時山を目指した。
箱根湯本標高96mから4つのピークを踏むトレーニングは先週に比べてレベルが上がる。
夏場はフリークライミングが中心となって体力が低下してしまうので、やりたくないけど仕方がなくトレーニングに出かけ結果行ってみるとやっぱ山はいいな〜って思うのだ。

ただ歩いていてもトレーニングにならないのでコースタイムの70パーセント以下で帰ってくることを目標に、あくまでも目標なので山を楽しむ事をモットーにストイックには頑張りません。

このトレイルは標高は低いですが高低差1123m,
累計累計上/下り 1935m/1389mでピークをいくつか越すなかなかのハードトレーニングコース。

たどり着けるかな〜って不安もあったが先週に続いてのトレイルランだったので 充実した山行になった。途中出会った2人から外輪山を行くときいて、私も次回は本日の続きの金時山から三国山経由で箱根湯本に戻ってこようかな〜っと気持ち芽生えちゃったです笑

本日は曇りでしたが非常に気温も高く汗が大量に。スポーツドリンク2.5L、途中矢倉沢峠でコーラ買って栄養補給。 ここはサービス精神旺盛でコンニャクみそ伝楽と近場で取れたクレソンのおひたしをつけて150円。 食べなかったけど焼き鳥一本50円。素晴らしい休憩所であるためつい長居をしてしまい、ここまで張り切って飛ばしてきたがペースダウンしてしまった。


ここで先週金時山でお見かけした短パン地下足袋、お帽子に日の丸、ストック。 重そうなリックのお兄さんとおしゃべり。 多分この辺では毎週?毎日?金時山を上り下りしてトレーニングしている有名人らしい。 また金時山に登り返すというので一緒に登ってみた。同じ早いペースで安定した歩きはさすがお見事。 いでたちが目立つのですれ違う方々がさっき下っていたのにまた登ってるー!ってつぶやいていた。また常連さんにも、またあったね〜って声をかけられていた。
富士山でガイドさんやってるので毎週登っているからと誘われた。毎週ってすごくない?
世の中には達人がいるものだとつくづく感心してしまった。
山頂では残念ながら大迫力の富士山は見えずまた今度ね。


*メモ
コースタイム9時間5分 トレラン時間5時間25分
コースタイムの60%で目標大きく上回って大満足の疲労感
湯本の「箱根の湯」につかって体を癒す。
このお湯は先週のお湯よりあったまる感じがしたのでgoodな泉質とみた。
以下写真はトレイル順 阿弥陀寺スタート

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(記:雨宮)