HOME >>ピークハント

北鎌尾根 夏 -熊が出た-

日程: 2021年9月23日(土) – 25日(日)
山域: 槍ヶ岳北鎌尾根(北アルプス)
参加者: 林(L)・坂田
行程:
第1日目: 七倉 – 高瀬ダム – 湯俣 – 先天出合 – P2取付
第2日目: P2取付 – P2 – 北鎌のコル – 独標手前
第3日目: 独標 – 槍ヶ岳 – 槍沢 – 横尾 – 上高地

以前、ど敗退している冬の北鎌に向けて下見山行。
入山数日前に地震がありルート崩落の情報があったので不安ではあった。結果、崩落やガレ場は多くあったが,それがもとからなのか地震の影響なのかはわからなかった。

23日: 初日は沢登り

下山後のために沢渡に車を1台デポして、もう1台で七倉まで。七倉から高瀬ダムまではタクシーで楽をする。湯俣まではてくてく歩き。湯俣からは沢沿いに渡渉したり高巻きしたりと沢登り。ネオプレンソックスと足を固定できるサンダルが快適だった。水量がやや多くて渡渉も気を使う。水量が少なければこの時期は巻かずに沢通しに行けるのかもしれないけど、今回それは難しかった。巻きは踏み痕がほとんどなくて疲れる。

先天出合の手前で何度めかの渡渉をした時に、背後の対岸でドスンと何かが落ちてきた。
振り返ると熊がいた。
こっちがびっくりしていると、あっちも突然の人間の出現にびっくりしたようで、急いで逃げていく。初めて野生の熊に遭遇したけどこれっきりにしておきたい。

出来れば初日に尾根に上っておきたかったけれど、渡渉と巻きでそれなりに時間がかかってしまいこの日はP2取付で幕営。テン場は快適。
この日は渡渉を7~8回はしたと思うけど冬のことを考えるとこれは辛い。水量が減っていればもう少し上手いこと行けると信じたい。

24日: この日は藪漕ぎ

朝一で急登をこなし尾根上に出る。P3~4あたりで傾斜のあるザレた草付きがけっこう悪い。P5の天上沢側からの巻きで抜け口がわからず変なとこを登るも抜けられない。うろうろしたあげく、藪に埋もれた草付き先のルンぜから抜ける。
P2から北鎌のコルまではとにかく藪がひどかった。あまり人が入ってない様子。北鎌のコルから先は踏み痕もはっきりとして別世界だった。
独標基部まで進むも、ガスと夕暮れ時のためか、ガレのトラバースとその先がやたら悪く見えた。この先に良いテン場があるかもわからなかったので少し戻り立派な岩陰で幕営。
水に限りがあるから節約。

25日: イメージしてた北鎌

昨日悪そうに見えたガレ場も、朝見るとなんてことはなく通過。独標を千丈沢側から大きく巻いてからルンゼを詰めて尾根上に戻る。一か所ルンゼがガレガレで悪かった。変なところから登ってしまったのかもしれない。その後は岩場を上り下りしながら北鎌平まで。段々と槍が近づいてくる。これが冬だったらどんな感じなんだろう。天気が良くても楽しむ余裕があるかはわからないけど、天気が悪ければ辛いだろうことだけは想像出来た。
北鎌平からいよいよ槍の穂先へ登っていく。遠くからみると傾斜がきつそうに見えるが近づいて登ってみれば快適な岩場だった。記録等で見ていた頂上直下のチムニーも快適に登れる。念のため1ピッチだけロープを出したけれど、気が付けばあっという間に頂上だった。個人的には久しぶりに槍の穂先に立ったあとは、昨日から水を節約していた反動から山荘で贅沢してコーラを飲み干す。美味い。
あとは最終バスの時間との勝負で下山開始。下りが長くて疲れて・・・もう間に合わないかなと諦めかけていたけれど、小梨平手前から走り出した坂田さんに触発されてギリギリ最終に間に合った。

今回で北鎌尾根の概要をある程度把握出来た。冬に向けて色々とイメージしているけれど、考えれば考えるほど大変なことのように思えてくる。そりゃ前回敗退するわけだ。
体力と天候とルートファインディング。この3つが核心か。もちろんメンバーも。あと日数。あと渡渉。あと・・あと・・・
いつ決行出来るだろうか。来年こそは。

(記: 林)

2021年度冬富士耐寒トレ

日程: 2021年12月4日(土) – 5日(日)
エリア:富士山(吉田口側)
参加者:林・射場・江戸
行程:
第1日目: 錦糸町IC(6:00) – 河口湖IC(8:30) – (ガストでモーニング) – 馬返し(9:30) – 馬返し(10:00) – 五合目佐藤小屋(12:00) – 標高3000m付近(15:00) – 設営終わり(17:00) – トレーニング始まり(21:00) – トレーニング終わり(翌6:00)
第2日目: 標高3000m付近(8:00) – 馬返し(11:30)

日本一の贅沢な場所で寒い思いをしてきました

馬返し出発直後から霜柱が目立ち、4合目くらいから雪・氷が出てきてアイゼンを装着。ペースは悪くなく、5合目の佐藤小屋には2時間ほどで到着した。その後は何度か小休憩を挟み、15時頃に標高3000m付近の山小屋まで到着。近辺で適地を探しツェルトの設営に入る。


今回は、会の3人用のツェルトと林さんの1人用ツェルトで2張り設営した。ただ、会のツェルトを設営中、ペグで固定したツェルト端部が裂けてしまったため、ツェルトが飛ばされないよう射場さんに固定してもらいつつ作業する羽目に。場所を一度変更したこともあり、結果的に設営に2時間近く使ってしまった。
ロープを張って立たせたツェルトは炊事に支障のない程度の空間を確保できていたものの、端をザックで抑えているため全体の形が歪み、また強風ではためいたツェルトがガスコンロを倒しそうになるためどうも落ち着かない。
夕飯はアルファ米にレトルトカレー&ミートボール。うまい。

夕食後、林&射場と江戸でツェルトを別け、命のお湯と行動食を片手にビバークの体勢に入る。外では断続して強風が吹き、ツェルトが大きくはためいていた。
私は上半身に5枚、下半身に3枚着込み、膝を抱えるような体勢を取って寒さを凌いでいたが、1時間も経たない内に足先が痛みだしてしまった。必死になって足先を閉じ開きしたり丹田に力を入れたり、お湯を飲むなどして末端に熱を巡らせようとするが、その場凌ぎにしかならずとても辛い。カイロを靴の中に突っ込んでも、酸素が足りないのか全く発熱してくれず…。日を跨ぐくらいまでその状態で耐えた後、堪らずガスコンロを取り出して暖を取った。数分で身体が温まって足先の痛みも引いたため、火を消して少しでも仮眠を取ろうとする。が、20分もぼんやりしていると足先の痛みに叩き起こされてしまう。結局、この晩は足先の冷えへの対処に追われて殆ど眠ることができなかった。
5時半頃になって、隣の林さん射場さんと声を掛け合う。2人のツェルトに逃げ込み濃い目のココアを啜り、ようやく一息付くことができた。

テントの外は快晴。出発の時点で数パーティが頂上目指して通り過ぎて行ったが、我々は下界へ。馬返しまでの道中はあっという間だったが、とにかく眠くてしようがなかった。
帰りの温泉で30分程仮眠を取り、東京へ。今回はとにかく疲れた。

※今回思ったところ
・今回のトレーニングは、可能な限り実際のビバーク時に持ち得る物のみを使って行うつもりだったため、シュラフやマットの類は封印。何故かシュラフカバーも封印。そんなつもり微塵もなかったのに…
・カイロを使う際、足先ではなく首や腋、股下や太腿などを温めた方が良かったのかも?→カイロがしっかり発熱するし、血管の多く集まる部位を温めれば末端の血流も回復する?
・今回のような条件だとコンロが無い場合に足が無事では済まない気がする。さてどうしよう。

(記∶ 江戸)

雪山シーズン初め

日程: 2021年11月20日(土) – 21日(日)
山域: 中崎尾根 – 槍ヶ岳(北アルプス)
行程:
1日目: 新穂高温泉(7:30) – 槍平(12:30)
2日目: 槍平(4:50) – 中崎尾根分岐(6:10) – 千丈沢乗越(9:10) – 槍平(11:30) – 新穂高温泉(16:30)

訓練も兼ねて、中崎尾根から槍ヶ岳を目指しました。
前夜は大きなテントの中で、白菜、キノコ、油揚げ、鶏肉、つくね、、、具材たっぷりの豪快なお鍋をいただいて、メニューを考えていただいたリーダーと材料を運んでいただいた男性メンバーにとっても感謝です。
少しお酒も飲んで、気温もそんなに下がらなかったので、寒すぎることなく眠りにつきました。

翌日はまだ暗い中、満月に近い大きな月が浮かぶ中崎尾根に向かって登り上げると、空が白んできて、まだ槍ヶ岳方面は明るかったのですが、進むにつれてガスが出てきました。
千丈沢乗越に着くと、そこは視界も悪く暴風で、リーダーの指示に従って風除けのできる場所に移動してみんなで進退を話し合いました。
ここから肩ノ小屋まで1時間半。稜線では風はさらに強まることが予想され、進退窮まる可能性もあると説明され、今回は残念ですが槍ヶ岳を諦めることに決定。
行きたかった方もいたと思うのですが、体の小さい私は暴風によろけた経験もあり、撤退することになってホッとしたというのが本心です。

飛騨沢の下山は、雪がモフモフとあって、雪山歩きを楽しむことができました。

槍平BCまで戻りしばらくすると、大喰岳へ登頂した3人チームも下りてきたため、翌朝の雨天予報を考慮して、計画より一日早く下山することとなりました。

槍には届きませんでしたが、みんなと行動して、アドバイスをいただいたり、色々な山の話を聞かせていただいたり、充実の二日間をありがとうございました。

(記: 加藤)

Majiで足ツる5秒前

日程: 2021年11月23日
山域: 丹沢山
参加者: 大江・齋木

冬山に備えて、大江さんと鍋割山に歩荷トレをしに行ってきました。

大江さん: 4Lペットボトル×6本(もろもろ込みで30kgくらい?)
齋木 :4Lペットボトル×3本(もろもろ込みで15kgくらい?)
と控えめに担いできました。

といいつつ、塔ノ岳山頂直下の登りで頑張りすぎて、下山はMajiで足ツる5秒前でした。

コースタイム
計:7h
8:00 大倉駐車場 発

10:15 歩荷資材置き場 発
11:45 鍋割山山頂 着
12:15 鍋割山山頂 発
12:45 塔ノ岳山頂 着
13:00 塔ノ岳山頂 発
15:00 大倉駐車場 着

終わりに、下山後の「40kgは行けたわ」という大江さんのお言葉も残しておこうと思います←

(記: 齋木)

大源太山

日時: 2021年4月6日(火) 前夜発
参加者: 江戸(L)・塩田
山域: 大源太山
行程: 0630林道入口(6:30) – 0720大源太山登山口(7:20) – 渡渉点分岐(7:40) – 尾根取付(夏道)(8:50) – 大源太山山頂(11:10) – 下山開始(12:00) – 尾根取付(13:30) – 渡渉点分岐(14:20) – 大源太山登山口(14:40) – 林道入口(15:20)

所感

残雪期の難しさを実感した山行となった。夏道である沢沿いは雪があることで、滑りやすく沢への落下に注意しなければならない。また登山道を外れ、山頂に続く弥助尾根を直接行くにも、雪が少ないと藪漕ぎが続き時間がとられる。当日現場での判断が重要となった。今回は弥助尾根のとりつきを探しながら、沢沿いを進んだことで、滑りやすい斜面で藪漕ぎを強いられることになり、時間をかけてしまった。大人しく夏道を選択していればすんなり進むことが出来ただろう。全体を通して、沢を跨いだり、藪漕ぎしたり、一部残った雪渓を登ったりと変化に富んだ山行となり、飽きることなく楽しむことが出来た。これも残雪期ならではの山の楽しみ方なのだろう。

(記: 塩田)

絶対の美

日程: 2020年12月26(土) – 27日(日)
山域: 中央アルプス 越百山
参加者: 国府谷(L)・雨宮
行程:
1日目: 伊奈川ダム – 避難小屋
2日目: 避難小屋 – 伊奈川ダム

テントを持って中央アルプス越百山へトレーニング。

雪が少ない情報だったので、ワカンを持っていかず、なんと頂上まで行けなかった。。。
避難小屋からはトレースもなく雪に埋まる。

次の日。
こりゃ無理だなとすんなり下山。

途中何名か登ってきたので、彼らの後をついて登り返せば行けたかも。
みなさん日帰りですね~。

こちらは重いリックでああ~しんど~。
でもさ、ここには絶対の美が存在するのよね。

(記: 雨宮)

紅葉真っ盛りの河口湖

日程: 2020年11月1日(日)
山域: 河口湖御坂山地
参加者: 雨宮・尾身
行程: 大石峠登山口(10:14) – 金掘山 – 金山 – 十二ヶ岳(13:30) – 登山口(14:30)

御坂山池にちょっとトレランと歩き。
富士山をドカンと左手に見ながらの山行。
そして最後は富士山に向かって駆け下りる。

お天気がよければ最高贅沢コースだ。
河口湖からのバスの時間が1日3本と少なくなっているので、スタートは遅く復路のバスも15時台と早い。

王岳までのロングは無理なので、カットカットで繋げてみようと御坂山池へ。
今回は河口湖駅から09:38のバスに乗って大石峠へ。

お昼は金山で富士山見ながらパクパクのんびりする。
ここでの見晴らしはとてもよいが、十二が岳の山頂の見晴らしも紅葉広がる西湖が下に見えて良き。

10時過ぎから登り、十二が岳から駆け下り下山。
14:30前にはバス停、15時のバスには十分間に合った。
お風呂は駅前で入り、帰路は特急電車で新宿まで豪華な旅だ。
早く帰れるので特急券1600円を出しても良いか~。

(記: 雨宮)

秋から冬への境界線

日程: 2020年10月25(日)
山域: 谷川岳 黒戸尾根から田尻尾根
参加者: 雨宮・尾身
行程: 登山口(9:00) – 谷川岳(12:15) – 田尻尾根 – 谷川岳ロープウウェイバス停(16:00)

登り始めはお天気も良く紅葉絶好調。
尾身さんは初めての西黒尾根で鎖場も想像以上にアクティブな感じ。

紅葉を楽しみながらトマの耳に到着する頃には、雪と北風がビュービュー。
冬型凍てつく季節に早変わりでサブサブと震える。。。

マイクロパフを着込んで早々に下山。
ところが田尻尾根はくせ者だった。。。
木の根が剥き出しとなりツルツルすべるし
土がヌルヌルで気を抜けない下山道だ。
ここが本日一番の核心であった。

ここしばらくフリークライミングばかりをしていたので、冬に向けてのトレーニングはなかなかの疲労感満載で終えた。

(記: 雨宮)

毛無山

日程: 2020年1月16日
山域: 毛無山
参加者: 松林(L)・中村・雨宮
行程: 登山口ゲート – 地蔵峠 – 毛無山 – 大見岳 – 毛無山 – 麓分岐 – 登山口ゲート

晴れてよし曇りてもよし 富士の山 もとの姿は変らざりけり

山仲間の8ヶ月ぶりの復帰に毛無山をセレクト♪
早朝、車の中から見る富士山はとっても大きくってテンションアップ↑↑↑↑

富士山はやっぱりすごいすごい日本一!!!と叫びながら、昨年雪シーズンに登ったことを思い出す。

ところが登り始める頃から雲がニョキニョキ湧きいでて~
あれま~山頂に着いた時には真っ白でその雄姿を拝むことはできなかった。

おまけに寒いのなんのってさっさと下山。
ここ、なかなかの急登ですね~
地蔵峠の方が緩やかで登りやすいかもですね。

下山した朝霧ジャンボリーオートキャンプ場には、平日にも関わらずテントの姿が。
ここはその価値があるキャンプ場だと思う。
富士山の迫力は写真では伝わらない。
この目がいい。

タップリと雄大な白富士をまた眺めに来たいものです。

夕方、「風の湯」の温泉に入る前に見えそうでみえなかった富士の山肌も素敵。
その雲をあたかもスカートめくりのようにめくってみたかった笑

最後に私は詩吟をやっているので富士山の和歌を貼り付けておきます。
「富士山 山岡鉄舟
晴れてよし曇りてもよし富士の山 もとの姿は変らざりけり

(記: 雨宮)

霞沢岳撤退

日程: 2020年1月3日 – 5日
山域: 霞沢岳(北アルプス)
参加者: 国府谷(L)・雨宮・関谷・江戸
行程:
第1日目: 釜トンネル(7:00) – 上高地(8:30) – 明神(9:30) – 徳本峠(14:00)
第2日目: 徳本峠(6:00) – ジャンクションピーク(8:50) – 小梨平野営場(13:00)
第3日目: 上高地 – 釜トンネル

雪がある‼︎霞沢岳を沢渡前泊で徳本峠から目指し西尾根を下山2泊予定で出発。

前日に雪が降ったので明神分岐からはトレースはなく高度を約600Mをあげる。
雪は膝下くらいでちょうど良い。

登りは雪に足を取られてきついなぁー、
でも冬らしくて楽しいなあー、
一歩一歩自分のペースで冬を楽しみながら登っていく。

若い衆が先にトレースをつけてくれるのでそんな楽しみ方をさせてもらえて感謝。

新人さんのペースが途中でダウン↓
雪山歩きになれていないので歩きのペース、足の運びかたや雪への蹴り込み、ストックもなかったので体力を消耗したのだろう。

早めに徳本峠に幕営。
雪と風がなんだか凄くなり、結果一晩中降り積もった。

次の朝、
ジャンクションピークへの登りは急登。雪は腰くらい。
ラッセル大好き「俺に任せろ!!」なナイスな青年がいたので、頼もしいなーと眺めていた。
まるで雪の中を泳いでいるみたいだった。

新品の真っ白い雪は、ふわふわで、なかなか前に進ませてもらえず、200M登るのに二時間以上かかってしまった。

なかなか進まないので、リックを置いてジャンクションピークまでトレースをつける作戦に。
今度はみんなで交代にトレースをつける。80Mも上がると2428Mのジャンクションピーク。

テントを張れそうな場所でもあったので、調子が良ければ昨日のうちにここまで登っておくのも、距離を稼げて良かったのかも知れない。

午後から天気が崩れるとの予報通り、ビュンビュン突風が吹いている。稜線は、大丈夫か?
ここは思案のしどころ。。。
新人さんの股関節の痛みがひどいと言う事で、突っ込まず下山することになった。

そのおかげでとても安全な上高地の小梨平野営場に宿泊することができた。

そうした次の日は上高地からなんだか長い道を歩く。
途中春に登ろうと思う西尾根の取りつきを確認して釜トンネルまで。

タクシー代金は行きも帰りも3000円ちょっと。
運転手さんが優しく、車の中はポッカポカ。

温泉は松本インター近くの日帰り温泉瑞祥へ。
お風呂に入って極楽極楽と何度もツプやいてしまう。
ご飯も頂けてそのポリュームはコスパ良し。
私じゃとても食べきれなかったわ。
上高地の帰りはここで決まりです。

短い冬山シーズン突入です。
アイゼンを引っ掛ければ死が待っているかも知れません。
そうなると周りを悲しませてしまいますね。
登山は山岳会に居れども、自己責任と危機管理をしっかり考え望まなければいけないと、改めて考えた2020年シーズン初めでした。

(記: 雨宮)