HOME >>雪山登山

雪上訓練山行 2020.3

日程:2020年3月20日(金)-22日(日)
山域:北アルプス鹿島槍ヶ岳赤岩尾根
参加者:国府谷(L)・雨宮・関矢・尾身

入山日はどうせ雪が少ないから大谷原まで車で入れるだろうと思っていたらなんと当日は雪。
手前のスキー場駐車場に停めさせてもらいました。
登山者らしき車は10台くらいで皆さん大谷原を過ぎてほとんどが東尾根へ向かって登っていきました。若いひとはイキがよくて羨ましい。
我々は赤岩尾根を登って高千穂平までの予定でしたが、林道を過ぎてトンネルを潜った先の雪の斜面に苦戦してしまい、結局尾根末端から左岸に渡り返したところで幕となりました。


トンネルまで行かずに尾根末端付近で渡渉したほうが得策だったかもしれません。
雪が少ないせいか川幅が広く出ていて躊躇してしまいました。
天幕の中は湿っぽく不快だが気温が高いので我慢出来るくらいだった。
時間が余ったので飲み食いして過ごした。
2日目は晴れるという予報なので空身で出来るだけ上部まで登ってから引き返すことにしました。
結果、高千穂平の少し先まで登ってきました。
幕場に戻ってからシュラフその他を干して乾かしたのでマシになった。
最終日も昼前から雨ということだったので早めに撤収して下山した。


天候に恵まれず、もしかしたら山域も選択間違えたかもしれない状況であまり練習らしい練習も出来なかったのは残念ながら、悪天の雪山にも少し慣れてもらったことで良しとしましょう。
自分も最近は天候の良い時にしか山に入らないし、ワンデイも多いのでいろいろ為になりました。

おわり
(記:国府谷)

八ヶ岳 2019.12.07-08

日時:2019年12月7日(土)-8日(日)
山域:八ヶ岳
参加者:国府谷(L)・松林・関谷・江戸・尾身
食当:国府谷 1日目夕食:鍋(白菜、きのこ、つみれ、お餅等)  2日目朝食:お茶漬け等

行程:
1日目:起床(6:00)-移動-美濃戸口(8:00)-赤岳鉱泉BC(11:30)-ロープワーク訓練(13:00)-夕食(16:00)-就寝(19:30)
2日目:起床(5:00)-BC出発(7:00)-行者小屋(7:30)-地蔵の頭(8:50)-横岳(10:10)-硫黄岳(11:10)-(12:10)赤岳鉱泉(13:15)-美濃戸口下山(15:30)-(16:10)道の駅小淵沢にてお風呂、夕食(17:50)-調布駅着解散(20:00)


・0日目:
 集合は前夜の新宿駅だったが、この時点で少し寒い。松林さんの運転で山梨県に入り、小淵沢ICを降りて最寄りのローソンで下車すると、半年ぶりに鼻腔を焼く冬山の香りと身に染みる寒気に心が躍った。
 翌日の朝食・行動食の買い物の後、道の駅こぶちざわに到着、駐車場の隅に幕営する。

・1日目:
 朝起きるとすぐにテントを撤収、道の駅を出発。美濃戸口に到着後、団体装備を振り分けて行軍を開始した。秋の台風の影響が各所で見られたが、現在は復旧しているようであった。また、雪は全くと言っていい程に無かった。小一時間掛けて赤岳山荘に到着、美濃戸山荘で小休止を挟んだ。
 赤岳鉱泉へ進むが、依然として雪は少なく、気温も肌に優しい位だった。赤岳鉱泉手前でようやく凍結箇所が現われたが、テン場に着いて見ると雪は無く地面が凍り付いているのみで、いかにもテントの底に優しくない。ペグを雪に埋め込まずに済む幕営は、少しばかり物寂しい。

ティータイムの後、赤岳鉱泉にてロープワーク訓練を行った。内容は国府谷さん松林さんが中心となり、場面毎に必要なロープの結びについて実演・実践するもので、よい復習・練習の場になった。
 訓練終了後の夕飯前、私は思い付きで中山乗越へ散歩に行った。阿弥陀岳~赤岳や横岳方面への稜線を見回すとそこそこ雪が付いており、明日はしっかりと雪が踏めるという期待が膨らんだ。
 夕食は国府谷さんの水炊きで、白菜、ねぎ、シイタケ、つみれが舞い踊り、ボリュームに富む鍋であった。 特に、つみれに生姜が効いていたのが素晴らしかった。

・2日目:
 夜はあまり冷え込まず、ほぼ9時間近く熟睡することができた。朝食は国府谷さんのアルファ米茶漬けで、昨夜と合わせて水分炭水化物共に十分に補給できた。
 周りが明るみ始めた7時頃に赤岳鉱泉を出発。中山乗越を少し登る手前で雪面が現われ、登りに入ると完全に雪道になった。地蔵尾根への道に進んだところでアイゼンを履く。尾身さんはアイゼンの着用が初めてのようだったが、特に危なげなく斜面や梯子を通過した。

 地蔵の頭に着いたのは9時前で、日も高々と上り始めていたが、風は強く吹いており、少し肌寒かった。横岳方面に進む時はあまりよくない所もあるが特に何事もなく、一隊は軽快に進んでいく。時折強風に吹かれるのが実に気持ちが良い。横岳に到着後は小休止。晴れ渡り、遥か遠くに佇む富士山や飛騨木曽赤石の山々を眺め、そして目下に聳える大同心・小同心の頭を目に焼き付けながら、静かな時間を過ごすことができた。横岳を通り過ぎた後は足元の緊張感が些か緩むが、しかし風は一層強く吹いてくれた。硫黄岳を通過して間もなくして、素晴らしい稜線歩きの時間は終わった。
 例年より雪が少なく気温も高かったものの、八ヶ岳の稜線の雪景色と冷たい風は、冬山の素晴らしさを存分に感じさせてくれるものであった。
(記:江戸)

霞沢岳撤退

日程: 2020年1月3日 – 5日
山域: 霞沢岳(北アルプス)
参加者: 国府谷(L)・雨宮・関谷・江戸
行程:
第1日目: 釜トンネル(7:00) – 上高地(8:30) – 明神(9:30) – 徳本峠(14:00)
第2日目: 徳本峠(6:00) – ジャンクションピーク(8:50) – 小梨平野営場(13:00)
第3日目: 上高地 – 釜トンネル

雪がある‼︎霞沢岳を沢渡前泊で徳本峠から目指し西尾根を下山2泊予定で出発。

前日に雪が降ったので明神分岐からはトレースはなく高度を約600Mをあげる。
雪は膝下くらいでちょうど良い。

登りは雪に足を取られてきついなぁー、
でも冬らしくて楽しいなあー、
一歩一歩自分のペースで冬を楽しみながら登っていく。

若い衆が先にトレースをつけてくれるのでそんな楽しみ方をさせてもらえて感謝。

新人さんのペースが途中でダウン↓
雪山歩きになれていないので歩きのペース、足の運びかたや雪への蹴り込み、ストックもなかったので体力を消耗したのだろう。

早めに徳本峠に幕営。
雪と風がなんだか凄くなり、結果一晩中降り積もった。

次の朝、
ジャンクションピークへの登りは急登。雪は腰くらい。
ラッセル大好き「俺に任せろ!!」なナイスな青年がいたので、頼もしいなーと眺めていた。
まるで雪の中を泳いでいるみたいだった。

新品の真っ白い雪は、ふわふわで、なかなか前に進ませてもらえず、200M登るのに二時間以上かかってしまった。

なかなか進まないので、リックを置いてジャンクションピークまでトレースをつける作戦に。
今度はみんなで交代にトレースをつける。80Mも上がると2428Mのジャンクションピーク。

テントを張れそうな場所でもあったので、調子が良ければ昨日のうちにここまで登っておくのも、距離を稼げて良かったのかも知れない。

午後から天気が崩れるとの予報通り、ビュンビュン突風が吹いている。稜線は、大丈夫か?
ここは思案のしどころ。。。
新人さんの股関節の痛みがひどいと言う事で、突っ込まず下山することになった。

そのおかげでとても安全な上高地の小梨平野営場に宿泊することができた。

そうした次の日は上高地からなんだか長い道を歩く。
途中春に登ろうと思う西尾根の取りつきを確認して釜トンネルまで。

タクシー代金は行きも帰りも3000円ちょっと。
運転手さんが優しく、車の中はポッカポカ。

温泉は松本インター近くの日帰り温泉瑞祥へ。
お風呂に入って極楽極楽と何度もツプやいてしまう。
ご飯も頂けてそのポリュームはコスパ良し。
私じゃとても食べきれなかったわ。
上高地の帰りはここで決まりです。

短い冬山シーズン突入です。
アイゼンを引っ掛ければ死が待っているかも知れません。
そうなると周りを悲しませてしまいますね。
登山は山岳会に居れども、自己責任と危機管理をしっかり考え望まなければいけないと、改めて考えた2020年シーズン初めでした。

(記: 雨宮)

またまた年イチ鉱泉

日程: 2019年12月7日(土)-8日(日)
山域: 八ヶ岳赤岳鉱泉BC
参加者: 国府谷(L)・松林・関矢・尾身・江戸

一応、年始の山行の準備山行として来てみる。
しかし、今年も雪は少ない。鉱泉で土の上に幕営とは、、
初日は幕営後にロープワーク講習。雪上訓練的なことは不可。
翌日は地蔵尾根から硫黄岳までぐるりと廻ってみた。雪の上はちょっとだけ歩けた。
アイスキャンディは不可、裏同心、ジョウゴ沢は場所を選べば登れたそうです。
また今度。

(記: 国府谷)

また雪山シーズンイン

Aside

日程: 2019年11月23日(土)-24日(日)
山域: 北アルプス七倉岳
参加者: 国府谷(L)・関矢・尾身

楽しかったフリーの季節が終わってしまってこれからは辛い冬の季節が始まります。
少しでも楽にするためにも体力を付けないと、ということで七倉岳です。
朝の7時半くらいから登り始めて6時間くらい掛かりました。
雪は天狗の踊り場というあたりから出てきて船窪小屋付近には水を作るくらいしかありませんでした。
冬季小屋はスペースが少ないので小屋のそばに幕営させてもらいました。
翌日は下るだけ。七倉山荘で入浴して帰宅しました。
天候に恵まれたのはよかったけど雪山の足慣らしには物足りない感じでした。
また今度。

(記: 国府谷)

阿弥陀岳南陵

日程: 2019年12月14日(土)
参加者: 国府谷(L)・雨宮
山域: 阿弥陀岳南陵(八ヶ岳)
行程: 舟山十字路(7:06) – 立場岳(9:26) –阿弥陀岳山頂(12:00) – 御小屋山経由舟山十字路 駐車場(14:47)

冬シーズン突入雪山トレーニング 雪が無い!!

201912amida2
201912amida2

阿弥陀南陵日帰り
駐車場には雪もなく!!少し歩いた所に 綺麗な水場あり。
そこから沢を渡渉し 徐々に急登を登り立場岳。
やがて右手が大きく崩れた青ナギ ここも雪はないです。
ここから1.2.3峰が見えその向こうに 阿弥陀岳が見えますが、雪は見えない!!

踏み跡はあり西面を巻いて進みます。
P3峰は基部をトラバースして取り付きへ 雪は無し!!

ワイヤが貼られたルンゼはロープを出して頂き
1P60M、雪はない!!が凍っていてここだけアイゼンをきかせて登る。

2P目は50M出して草付きを登り、阿弥陀山頂が見えた。
雪はない!!
P4峰は左から巻いて山頂に。

201912amida4
201912amida4
201912amida1
201912amida1
201912amida3
201912amida3

予定より早めに着いた。
晴れていたので ベースレイヤーとナノエアだけで登ることができ 快適。風はまあまあ強く温度計はマイナス5度 。

下りは御小屋尾根から 長い。。。と言っても2時間 半で下る。

今回は雪もなく!!少々物足りない山行ではあったが、冬シーズン最初の良いトレーニングになりました。
リーダーは高い目標を持っているので、「もっと追い込まなくては!」と しきりに口にしていた。
彼の考えには敬服致しました。

私にはちょうど良いトレーニングでした。

(記: 雨宮)

GW南アルプス 塩見岳

平成最後に塩見岳を目指そう!
日程:2019年4月27日(土)-28日(日)
山域:南アルプス
参加者:国府谷(L)・雨宮
行程:鳥倉林道ゲート(7:30)-三伏峠(11:30)-BC(5:15)-塩見小屋(8:45)-塩見岳(10:00)-塩見小屋(11:40)-三伏峠BC撤収(15:45)-林道ゲート(18:20) 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

連休前半穂高コブ尾根を計画して頂いたが
お天気悪く南アルプスへ急遽変更。

 

 

アクセスがわりと簡単な三伏峠からのピークハント1泊2日。
鳥倉林道冬季ゲートが開いたとはいえ登山口までの1時間はやっぱり長い!
特に下山路は、ヘロヘロになっての歩きが待っていた!!!
チャリを積んできて登山口にデポしてる人も何人かいたが
これなら帰り道は楽チンだろうとうらやましい。

 

 

さて登山道は整備されているが、雪が乗っている道標4/10からのトラバースはいやらしく注意が必要で気を抜けない。
三伏峠までは4H、ここでBC。
この日は湿気を含んだ雪がダラダラと降っていた。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

2日目3時半起床、5時20分スタート。
3つのピークを登ったり降りたり結構ハード。
雪がまだ2〜3Mは積もっていて枝にザックを引っ掛けながら歩くが
塩見岳の岩場までは危険箇所もなくひたすら歩く。
樹林帯なのでトレースがないと迷う箇所も有り。
今回は早出の方々数人いたのでトレースを追う。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

塩見小屋は埋まっていた。
核心の岩場は雪が付いていたり凍っていたり、凍結箇所のトラバースは特に注意が必要。
ルーファイを間違えるとかなり大変。
なおさら下山は命がけ。

 

 

山頂はお天気も良く富士山を始め360度のパノラマでのんびりしたい気持ちだが
行きはヨイヨイ帰りは怖い><。。。
本日中下山のためあっさり降りるのが山の鉄則ね。

その後三伏峠まで身体に疲労がたまってヘロヘロ歩く。
瀕死の状況でもどり、テント畳んでさらに下山のこと3時間。
13時間の活動計画はかなりの無理が疲労としてのこった。

iPhoneの万歩計では48856歩30.6kmを記録していた。
ああ〜この距離で1泊2日はきつくなってきたな〜と思いながら駐車場で身支度をしていると、カップラーメンを手に細身の中年男性が話しかけて来て明日明るくなったら日帰りするとのこと。
おまけに今日は仙丈ヶ岳を日帰りしてきたとのこと!!!
なんですと〜戸台からのあの距離を知っている私は、世の中には考えられない鉄人さんがいるものね。

帰りも長い距離を運転して頂いた国府谷さんごめんなさい。
大変おせわになりました。
(記:雨宮)

タカマタギ・日白山

会メンバーになっての初山行になります。
ロートル新人をよろしくお願いします(大関髙安も応援してね)。

 

 

日時:2月24日(日)
参加者:土井(L)・中村・大島・高安
行程:土樽(6:05)-タカマタギ(10:22)-日白山(11:44)-長鈎尾根-土樽(15:41)

 

 

前夜、武蔵小杉で中村車に集合。途中で土井さんを拾って、関越を湯沢へ。
土樽駅舎にて仮眠。他には2人。

 

 

翌朝起きて出発。
新調したネパールエボを履く。その靴で初めて登山ですが、あたりも無く快適。
高速をくぐって車道に。しばらく行き、毛渡沢の橋を渡って尾根に取り付く。
しばらくは疎林の中を登る。
天気は良いし、気温も高め、かなり熱い。上着を脱いで下着1枚。
トレースもばっちり、雪も締まっていて登りやすい。
大島さんは「ラッセルしたーい」と言っていますが、かなりムリ。
トレース外れれば多少は潜ります。土井さんがそんなところを果敢にチャレンジ。

 

 

主尾根に取り付くと、これから行くタカマタギや日白山が見渡せる。
ほぼ木が無く、真っ白い山が連なる。快晴なので、対岸の巻機-谷川の稜線も仙ノ倉もまるみえ。いいですな~。
先行者の連りが見える。

 

 

みなさん、ストックを使って登ってますよね、私はこれが非常に苦手。
なんか、しっくりこない、手に何か持っていると、歩いてるという気にならないんですよね。今回も途中までは使っていましたが、しまっちゃいました。

 

 

タカマタギ着
晴れていて展望ばっちり。

途中でクレバスみたいなところに足を取られた、ヤバイ。大島、高安、土井で順番に同じところで。
中村さんは余裕で通過。

 

 

日白山着
ずーっと天気よく快適。のんびり休憩。他にもスキーヤー含め何人か。
仙ノ倉が目の前、歩いていけそうですが、、
谷川から巻機、その向こうは越後三山? 全部見えるという感じ。
どれも雪がべったりついて上越の山はいいです。いろいろ行きたい。
中村さん土井さんで仙ノ倉北尾根とかあちこちのことを話していました。
足拍子はかなり厳しそう。新人二人は会話に参加できず。

 

下りに入り、少し潜るのでいちおう買ったワカンを履く。
かつて、木製?籐製?のワカンを持ってたこともありましたが、金属製を調達。
快調に下っていく。途中で少し細いところも出てくるが、おおむね快適な尾根道。
ワカンのストラップが緩んできたので収納。なしでも潜らず快適な下り。

 

 

堰堤のある沢に出ると、ここからは雪のかぶった単調な林道になる。何度も踏み抜き、
足を取られ、いやになるが、大島さんは快調に飛ばして、追いつけない、
途中でスキーヤーやボーダーに抜かれる、昔は私も山スキーやってましたが、
上越にはほとんど来たことない、巻機くらいかな。
ようやく、車道に出ました。

 

 

お風呂へ。岩の湯500円。スキー客で大混雑。体洗うのに順番待ち。
めし食べます(湯沢IC手前の北国)。もちぶたが名物らしいですが、ちょっといまいち。
天気も良かったためか、関越道は大渋滞で、家にたどり着けるか微妙になってきました。
環八沿いある駅の近くで停めてもらい、なんとか帰宅。

 

 

渋滞の運転お疲れさまでした。
ありがとうございました。
(記:高安)

八ヶ岳・赤岳

清らかで美しい八ヶ岳

日時:2019年4月3日(水)
山域:八ヶ岳
行程: 赤岳山荘(6:50)行者小屋(9:10)-文三郎尾根-赤岳(11:35)-地蔵尾根-赤岳山荘(16:00)
参加者:松林(L)・雨宮

 

3日 曇り、晴れ
先日旭日岳東稜の尾根から眺めて見た美しく雄大な赤岳。
考えてみたら赤岳周辺はアッチコッチ登っていたが秋に一回登っただけの赤岳。
トレーニングも兼ねて日帰りで文三郎尾根〜赤岳〜地蔵尾根。

4月になってもっさり降った雪。
澄んだ空気と雲の間から射す太陽の光は八ヶ岳をより際立て美しく仕上げていた。
「たまらん、ここは楽園か」
森も最後の白化粧です。

 

 

後から登ってきたおねい様が
「2月より雪があってビックリした」と。
やったー。
稜線は風もあったがひどくもない。天気も晴れ?
このまま稜線上を歩き続けたいと思う景観であった。

お地蔵さまが我々の下山を見守ってくれる。
ありがと様。

 

 

積雪のせいかトレースも消え道を一度ロストするが登り返して急勾配を雪に遊ばれながら滑りくだり無事行者小屋へ。

珍しくお湯を沸かして、カップラーメンでお腹を満たし。
熱いコーヒーを飲みながら、
目の前に広がる岩肌に化粧されたお洒落な白をゆっくり眺めた。
木々に付いている白い衣装も、じきに流されて若緑が芽吹いてくるだろう。
(記:雨宮)

 

北岳 池山吊尾根

日時:2019年1月3日(木)-2019年1月5日(土)
山域:南アルプス
参加者:国府谷(L)・雨宮・西本・齋木
行程:
1日目:9:00 夜叉神峠駐車場(9:00)-あるき沢橋C1(13:00)
2日目:C1(6:00)-(10:30)2600m付近C2(11:00)-北岳(14:35)-C2
3日目:C2(7:00)-あるき沢橋(10:30)-夜叉人峠駐車場(13:30)

 

当初計画では白峰三山縦走でした。しかし、農鳥から奈良田への下山道が不通との情報を数日前に入山した五十島くんから入手し、計画を北岳へのピークハントに変更。夏の白峰三山縦走に敗退している私としては残念な気持ちとホッとした気持ちのアンビバレンス。

 

1日目:
1日目は夜叉神峠から幾多ものトンネルを抜け、あるき沢橋まで。悪い下りが続いたため、あるき沢橋についた頃には足の疲労を感じていました。明日から大丈夫か???

 

2日目:
青い空と穏やかな風。良い天気!!

 

 

その中森林限界ぎりぎりのところまで急登を登り、幕営。幕営した場所は数日前に入山していた五十島くん&林さんが作った掘りを活用。ブロック塀、だいぶ風を凌いでくれましたありがとうございます。
当初計画では、アタックは3日目でしたが、この日は前述の通り天候が安定しており、そして明日から崩れるとの予報から一気に山頂へ行くという判断をしました。
山頂へ向かう道中、北岳バットレスを眺め、”来年こそチャレンジ!”という気持ちを西本くんと共有。ガンガン西本。ガンガンいこー。

 

 

 

山頂ですが、さすが3000m越え。暴風&暴風。ベンチレーションを閉め忘れて脇汗ガン冷え。なんかスースーすると思ったんだ。

 

 

C2に戻りテントにダイブ。いい1日でしたが、疲れましたね。

 

 

 

 

3日目:
C2をゆっくり出発。天候は、、、深々と降雪。昨日のアタックの判断は正しかったようで、雨宮さん大歓喜。

新年早々充実した山行で、2019年は幸先が良さそうです。そして何より、テントの中での会話が大変楽しかったですね。また遊んでくださいー。

(記:齋木)

 

 

 

  • 年始の登山

 

あけましておめでとうございます。 本年もよろしくおねがいいたします。

さて、年始は北岳へ行くことに。雪の季節に行くのは初めてです。

今年はかなりの暖冬でかつ雪が少ないとのこと。

年末からバットレスに行っているIGSMパーティからアプローチやルートの状況を

教えてもらい、当初の北岳~農鳥岳縦走は諦めて吊尾根から北岳往復としました。

3日朝に東京を出て夜叉神峠の駐車場まで。鷲ノ住山からあるき沢橋まで。

かなり尾根の上部まで行かないと雪がないと聞いていたので本日はここで幕営。

水は少し戻ったところで流れている沢から補充する。

何と言ってもアスファルトの上なので安定していて楽である。気温も全然低くならない。

 

 

4日も快晴。順調に高度を上げて11時頃には森林限界付近

2700m弱くらいの地点に到着。ここでバットレスパーティが構築したと思われる

雪壁付きの快適そうな幕営地をみつけたのでここで幕営する。

天候も安定しているのでこのまま頂上往復することにした。

八本歯のコルの先までは風も弱く快適だった。なんとか暗くなるまでには帰着。

長い一日でした。

 

 

5日。夜のうちから少しの降雪があった。池山小屋に降りる頃には雪も止み、鷲ノ住山を登り返して駐車場に到着。

これといった事件もなく淡々とした登山であったが、なによりです。

(記:国府谷)