HOME >>雪山登山

Winter ! ,Most Beautiful Sesason

谷川岳雪上訓練報告

山域:谷川岳
期間:2005/12/17~05/12/18
行程
 12/17:上野~水上~谷川岳ロープウェイ駅~天神平~熊穴沢出合手前幕営
 12/18:幕営地~天神平~谷川岳ロープウェイ駅~上毛高原駅~東京駅
参加者:清水(清)、塩足、志村、清水(幸)、後藤[記]

12/17
7:20上野駅
 水上1号にて水上に向かう。途中清水(清)さんと合流。
9:40水上駅
 豪雪のニュースを聞いていたが、見た感じはさほど積もっているようには見えない。
 バスにて谷川岳ロープウェイ駅へ向かう。
10:20谷川岳ロープウェイ駅
 新型のロープウェイで天神平に昇る。
 初対面の谷川岳が目に飛び込んでくる。空気がクリアで遠近感がまったくつかめない。
 とにかくでかくて、ハイコントラストで、空の一角を切り取ったように鋭角だ。
10:30天神平
 快晴、日差しが強烈。
 天神平で積雪3mと聞いていたが、屋根の雪は60cm程度。降った新雪が圧縮されたようだ。空気と雪は乾いている。
 11:00発、天神岳を北にトラバースして谷川岳方面に尾根を歩く。
 途中清水(清)さんのヒマラヤ遠征時の仲間と出会う。いつもこの人の経歴には恐れ入る。
 お互いにこんなとこで何やってるんだなんて云っている。
12:00天神岳北稜線にて休息
 眼下の沢に大きな煙突状の構造物がある。関越トンネルの換気口だ。
 初めて参加する清水(幸)さんがまったく疲れていない、なぜ? 後で聞いたらマラソンをやっているとの事。
13:00熊の穴沢出合手前
 目の前に谷川の雄姿を仰ぐ。実に美しい。
 テントを2張設営。雪がやわらかく、固まらない。圧雪に苦労する。
14:30雪上訓練
 今回は雪山が初のメンバー(自分も含む)向けに雪上歩行の練習。つぼ足、アイゼンでの歩き方、わかん、スノーシューでの雪上歩行を行う。
 夕方の空が美しい。谷川から北に伸びる峰から灰色の手が稜線を侵食してくる。今夜は荒れそうだ。
15:30雪上訓練終了
 キムチ鍋の夕食
 夜半より吹雪。二度雪下ろし。気温はさほど低くない。-10℃程度か。
 一夜で1m以上の降雪があったがテントの丈夫さには感心した。

12/18
8:00朝食
 カレーうどん。昨夜のキムチ鍋とあわせて地上よりたっぷり食事を戴けた。感謝しております、塩足さん。
 天候は吹雪だが、風は徐々に弱くなる。積雪と風雪で谷川岳にアタックは不可能だが、閉じ込められることは無さそうだ。
11:00テント撤収
 天候の回復を待って天神平へ下る。昨夜の降雪でトレースは確認困難だが、スノーシューが頼もしい。
12:30天神平への下り
 20名程の大パーティに追いつく。先頭が新雪のラッセルに苦闘していて動きが遅い。
 スノーシュー・わかんを使っているメンバーでラッセルを交代(清水(清)、志村、後藤)。
 空身で効率的なラッセルが出来たと思う。かっこよかったですよ、志村さん。
13:30天神平着
 ロープウェイにて下の駅へ降りる。
14:00(?)水上
 昨夜の降雪で水上-沼田間が止まっているとの事。バスでそのまま上毛高原へ向かう。
15:00(?)上毛高原駅
 水上-上毛高原間で天候はあっけらかんと晴れてしまった。典型的な北関東の冬といった感じである。
 新幹線にて東京へ
17:00(?)上野駅

今年初めての雪、最高でした。
今年はスキーも楽しそうです。もちろん山も。

記:後藤(67期)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です