HOME >>アルパインンクライミング

どんと来い!

日程: 2020年12月19日(土) – 20日(日) 前夜発
山域: 赤岳天狗尾根(八ヶ岳)
参加者: 国府谷(L)・坂田
行程:
1日目: 美しの森駐車場(6:05) – 出合小屋(8:55) – 稜線(13:00) – 行者小屋(14:30)
2日目: 行者小屋(6:50) – ツルネ(9:35) – 美しの森駐車場(13:45)

どんと来いとは国府谷さんのセリフ。
国府谷さんから予想外の体力勝負な計画が出て驚いた。てっきりアイスにでも行くのかと思ってた。
これまで何度か登っているが、いずれも1泊2日。なのにテント担いで行者小屋まで抜けるとは?!
結果はすべて計画通り。まだまだどこでも登れそうだと感じたに違いない。
国府谷さんは軽量化もせず、ラッセルありのひたすらトップで、しかも悪天候の中でスゴイ!
天気が悪かったので、稜線まで抜けられないことも考えて、水も担ぎ上げようという始末で笑
早く稜線へ抜けられたのはノーロープで済んだことが大きい(これまでは毎回ロープを出していた)。

今回はひたすら寒かった。
担ぎ上げた水は行動中に凍り、ガスの火は弱々しく、テントの中すら寒い。先週のガソリンバーナーの勢いが恋しい。
年末はやっぱガソリンにしようかな。
朝起きて炊事をしても、テント内の霜が全く解けない。
1週間前から景色も気温も一変。
樹林にべったりと雪が載っかって一気に冬景色。

下山はお決まりのツルネ東稜。
10回は使ってるんじゃないかという気がするのだが、相変わらず分かりづらいところがあったり、根雪がないので何度もずっこけそうになるわで意外に疲れた。

早めに下山したので、たかねの湯とガストでのんびり。

今回もお世話になりました!

(記: 坂田)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です