HOME >>フリークライミング

ワイワイ温泉クライミング

日程: 2022年5月28日(土) – 29日(日)
山域: 有笠山(アドベンチャーランド)
参加者: 国府谷・齎木・林・大江・江戸・他2名

週末は天候が良さそうなので山歩きでもしようかと考えていたところ、有笠行きのお誘いがあり、せっかくなのでご一緒させてもらいました。

温泉お泊りということで楽しみです。

元々、来る予定が無かったので特にやりたいルートもなかったので、皆さんと一緒にアドベンチャーランドで2日過ごしました。気温は高いものの湿度は低く壁も乾いていいコンディション。

林さん江戸さんが感謝の心を2日目にRP。上手すぎる。大江さんもいろいろ。

齋木さんとワタシは用心棒で遊びました。同行にIGしまさんTなかさんはレベルが違います。いろいろ勉強になります。

お宿に泊まってゆっくりわいわいクライミングできて幸せです。

(記: 国府谷)


シーズン初外岩は有笠。どこかしらの12a課題を触りたいなあと考えていた所でアドベンチャーランド行きが決まり、感謝の心に狙いが定まる。その1便目に意外な手応えがあり、2日間他に目もくれずに取り組む。

・やもめ暮らし 5.10c
アップで行く。半年ぶりの外岩クライミングでどうも身体が強ばる。ビビりビビりで上へ。終了点に野球ボール大の蜂の巣があったので叩き落としてしまった。ごめんなさい

・宝探し 5.10c
アップその2。やもめ暮らしよりは落ち着いて登れた。上部のフェイスはガバが連なり気持ちいい

・感謝の心 5.12a 1便目
1ピン目にプリクリして気合を入れて挑むも、初手のデッドで全く距離が出せず出鼻をへし折られる。直前に林氏のトライを見ていて大体の流れを掴んだ気になっていたが、実際に取り付くと全体通して見た目以上の傾斜、ホールドの遠さ、体勢の苦しさが混在し呆然とする。1時間以上の各駅停車の末クイックドローゴボウを混じえて上まで抜ける

2-3便目
初手のデッドに何度か挑戦し成功。2-5ピン目のムーブを試行錯誤し、バラバラだが何とか形に。2-3ピン目ではやや窮屈な体勢での左ヒールと体勢上げから右トラバース、3-4ピン目では左ヒールから重心移動し小カチを取り、遠目のガバ取り、体勢を上げての遠目ポケット取り。レストポイントが分からず、先行き不透明。

・4-5便目
通しチャレンジ。4ピン目横のポケット取りと、4ピン後のリップ取りでそれぞれ落ち。5便目は日を跨いでのトライで、初日に決められなかったレストがよく決まっていた。次は行ける感と緊張感が高まる

・6便目
通しチャレンジ。3-4ピン間と4ピン後に落ち着いてレストを挟めたので心の余裕が生まれ、感謝のRP。林氏も無事クリア。

・探検隊 5.12a 計2便
1便目はマスターにて挑戦。20m近くある長目の課題。下部はホールドが良く、やや遠目のホールドにもグイグイ手を伸ばしていけた。冒険大賞との分岐近くで進路を誤り落ち。素直にルンゼ沿いに進む。上部は素直な角度のホールドが少なく、横カチやポケットを抑えて足の掻き込みと体幹で耐えながら重心を上げる。終了点手前2つ目のクリップ?ボルト上のガバ取りまでは辛く、ムーブはぼんやり見えたが未解決。2便目はTPにて練習。

同行者の課題
・力王:大江氏
・用心棒:国府谷氏・齎木氏
・お化け屋敷:I氏・T氏

宿泊
・初日に山水荘もりやに泊まる。ご飯は多く美味しく、温泉はやや熱。朝は公園周りを散歩。かなりゆったりできた

その他
・下界は30℃はある夏日だったが、アドベンチャーランドは10時頃から日陰になりそこそこ快適だった。湿度も30%前後と乾燥しており岩の感触は良かったと思う。ヒルは見かけなかったが大江さんは食われたらしい。駐車場で子マムシを見掛けた。蜂もそこら中を元気に飛び回っていた。

(記: 江戸)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。