HOME >>フリークライミング

中級者への道

奥秩父 小川山
2006年9月2日(土)~2006年9月3日(日)
メンバー:坂田、(鈴木夫妻)、国府谷(記)

9月2日
前夜はみずがき湖泊りとして、ナナーズにて朝9時の開店と同時に買出しを済ませて廻り目平へ向かった。天気は完璧に晴れている。キャンプ場は空いている。

今回は最初からイレブン狙いということでリバーサイドへ行く。
目標は、リバーサイドの上部にある3本のイレブンのうちのどれか1本。
まずはアップで時の踊りを2年越し2度目でRP。調子いいかも。
坂田さん、鈴木知さんはマダム・バタフライでアップした後は卒業試験へ移動。

早速ランデブーにトライ。オンサイトは出来ず。だがトラバース部分のムーブが解ったのでなんとかなりそう。
2回目のトライの前に鈴木正さんがDOKUFUをRP。続いて国府谷も2回目でRP。うーん、調子いいかも。

続けてイレブンにトライする元気はなく、とりあえずマラ岩へいく。

空いていたのでレギュラーをやってみたらそんなに苦労せず(?)登れてしまった。
これも2年越し2度目でのRP。落ち着いてやればホールド・スタンスは沢山あった。

暗くなってきたので終了としてテントに戻る。今夜は簡単ホウレン草鍋。坂田さんにホウレン草の根元は切り取ってはいけないと教えられた。(何でも知っている坂田さん)

9月3日

今日は坂田さんの希望で父岩へ行く。
目当ての小川山ストーリーは順番待ちなので、皆で完璧な父、レタス畑でつかまって、でアップ。
レタス畑はワンテンで登り直してRPとなったが、今日も調子が良いようだ。

そのまま今度は斜面を降りて、おばさん岩へ。ここは誰もいない。

左から順に、私がおばさんになっても、母子草、子供をなめんなよ、レール・デュ・タンをそれぞれ皆で登る。

レール・デュ・タン(11a)を鈴木正さんと国府谷は1撃してしまった。お買い得とか10cとか言われているが11aの1撃は初めてなので嬉しい。

最後の締めは兄岩へ。ここではまた鈴木正さんと国府谷でお掃除上手をオンサイト。調子いいなあ。
今回イマイチであった坂田さんにはここぞとばかりにフリークライミングの重要性を説きまくった。

しかし、まだまだ中級者への道半ばである。

(つづく)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です