HOME >>アルパインンクライミング

八ヶ岳阿弥陀岳南稜

八ヶ岳阿弥陀岳南陵
日時: 2014年4月5日(土)
山域: 阿弥陀岳南陵(八ヶ岳)
参加者: 国府谷(L)・坂田・中村・五十島
行程: 船山十字路 – 阿弥陀岳南陵 – 御小屋尾根 – 船山十字路
阿弥陀南陵を日帰りで行くと聞き、自分の体力を考えて迷ったが参加させてもらうことにした。3週間前に久世さん・五十島君と行者小屋経由の阿弥陀を日帰りでやって、何とかなりそうだと思ったからでもある。しかし、皆のペースにはやはりついていけず、常に遅れ気味で迷惑をかけながらもなんとか無事に登頂し、下山できた。1日前に降った雪が積もっただけでなく、気温・積雪量すべて厳冬期とあまり変わらない感じだった。
核心部のルンゼは手前のバンドのトラバースは雪のため行けず、一段下がってトラバースし、ルンゼ下にでた。ルンゼは、下半分は雪がある程度ついていたのでノーザイルでいけそうだったため、国府谷さんを先頭に、五十島、中村、坂田の順に登り始めたが、途中から凍った草つきと岩のミックスになり、さすがにザイルが欲しいと思う箇所があった。
さらに頂上直下のバンドのトラバースは、1か所1mくらいがいけず、ここも国府谷さんがリードしていったん下がってから登り返さざるを得なかった。雪がつくといつもは何ともないところが全く変わってしまうという良い例だった。
今回の山行で、通常1泊2日のルートでも軽装で日帰りするとまた別の充実感があり、これも良いと思った。(体力のあるもっと若い時からやっていればよかった。)
(記: 中村)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です