HOME >>フリークライミング

初夏のフリークライミングまとめ(今さら)

日程: 2021年6月12日 – 7月25日
山域: 瑞牆カサメリ沢
参加者: 五十島、齋木、他

夏はトップガン(5.13a)をやりに瑞牆に通っていました。初の13でしたが、得意系カモ?と思い期待していました。が、そんなことはなくフルボッコにされてきました。結局のところ、下から第一ランジ体制構築まで繋がらなかった。。。13はなかなか遠いなぁ。
8月頭にジムトレで肩を痛めてしまい、3ヶ月ほどクライミングから離れてしまい、再度トライするのは来年です。その時のために、恥ずかしい記録を残しておこうと思います。

day1 6/12(土) ×、×


核心と言われるレスト?第一ランジの発射体勢はなんとかバラすことができました。
しかし、第一ランジ、第二ランジともに止まらなかったです。
右手ポケットは最初悪すぎて笑っちゃったけど、持とうとしなければ持てることに気づきました。

day2 7/11(日) ×、×、×


ガバに水が溜まっていたし、天気もよくなかったものの、岩のコンディションはよかったです。
第一ランジ、第二ランジともに、コツを掴んだらすぐにバラすことができた。止まると気持ちいい!!!
これでバラせていないムーブはなくなりました。

day3 7/17(土) ヌンガケ、×、×、×


ガバの水の掻き出しはお手の物。
ヌンガケをし、ついでに復習がてら全パートバラしてみました。
第一ランジのみ止まらなかったものの、他は1回でできたため、手応えを感じました。
しかし、やはりそう甘くない。その後の通しトライで、2回連続右手ポケット取りで足をスリップさせて墜落。
この日はもう一度バラして撤収。

day4 7/24(土) ×、×、×、×


なんだか遠のいている気が…。そして第二ランジのガバで指かわベロンチョしちゃいました。血だらけ??(IKKO風

day5 7/25(日) ヌンガケ、×、×


昨日ベロンチョした指をテーピングでぐるぐる巻きにするも、連日のため体幹が残っておらず相手にされず、早々に撤収。帰りは事故渋滞で関越から帰るも、そちらも渋滞で大変でした。Tさん、運転ありがとうございました!

五十島くん、Tさん、お付き合いいただきありがとうございました^^

(記: 齋木)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です