HOME >>雪山登山

大源太山

日時: 2021年4月6日(火) 前夜発
参加者: 江戸(L)・塩田
山域: 大源太山
行程: 0630林道入口(6:30) – 0720大源太山登山口(7:20) – 渡渉点分岐(7:40) – 尾根取付(夏道)(8:50) – 大源太山山頂(11:10) – 下山開始(12:00) – 尾根取付(13:30) – 渡渉点分岐(14:20) – 大源太山登山口(14:40) – 林道入口(15:20)

所感

残雪期の難しさを実感した山行となった。夏道である沢沿いは雪があることで、滑りやすく沢への落下に注意しなければならない。また登山道を外れ、山頂に続く弥助尾根を直接行くにも、雪が少ないと藪漕ぎが続き時間がとられる。当日現場での判断が重要となった。今回は弥助尾根のとりつきを探しながら、沢沿いを進んだことで、滑りやすい斜面で藪漕ぎを強いられることになり、時間をかけてしまった。大人しく夏道を選択していればすんなり進むことが出来ただろう。全体を通して、沢を跨いだり、藪漕ぎしたり、一部残った雪渓を登ったりと変化に富んだ山行となり、飽きることなく楽しむことが出来た。これも残雪期ならではの山の楽しみ方なのだろう。

(記: 塩田)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です