HOME >>ピークハント

奥多摩鷹ノ巣山

日程:2015年2月15日

山域:奥多摩

参加者:五十島、高橋、他一名

行程:奥多摩駅(8:35)-東日原バス停(9:02)-稲村岩(11:00)-鷹ノ巣山(12:30)-石尾根-ムツ石山-トオノクボ-風ノ神土-奥多摩湖-奥多摩駅

img033

15日、快晴!友人のまるちゃんと共に奥多摩駅を出発!バスにゆられて30分、終点東日原に着く。若干一名が遅刻しているため、十分に準備運動をする。

 15分程歩くと、鷹ノ巣山登山口に到着と同時に、先をゆく登山者が続々とアイゼンを付け始める。え!!と思いつつ、見てみると、日が当たらない為か、道が凍りつき、滑りやすくなっていて、雪山自体が初めてな私たちは怖くなってしまい、少しずつゆっくり進むことにした。

 しばらくして五十島くんが追いついてきて、メンバー3人が揃ったところで再出発!冬に登山をしたことがなかった私にとっては、岩肌と積雪が織り成す模様が、とても美しく、神秘的に見えた。

 荷物が軽量だったためか、体力がない私にしては歩けるじゃん!と思いながら登っていたら、やはり最後の登りでは、少しだけバテ気味で。アイゼンを付けた足が重かった。

img048

 そして、13時前、ようやく鷹ノ巣山山頂に到着!!着いたと同時に、景色が開けて地面は真っ白、空は青く澄んでいて、向かいの山々がよく見渡せた。

 初めて見た景色に、とても感動して、しばらく撮影大会。今回は、一眼レフカメラではなく、フィルムで撮影をしていた私は、現像がとても楽しみになった。

 その後、お昼休憩とおしゃべりと。帰りの道でしばらく尾根道がつづき、雪で遊んで、ここでも撮影大会。この尾根道を歩いているのが最高に気持ちよかった。

 この撮影に時間を要してしまい、予定では、ムツ石山から三ノ木戸山、絹笠山、奥多摩駅に出る行程だったが、ムツ石山から奥多摩湖へ降りることにした。

 ムツ石山に着いた時点で、日が沈みかけていて、空と雪が赤く染められていて、気持ちは焦りつつもその景色に心打たれていた。

 時期に日が沈み、辺りが暗くなる。雪もなくなってきた為、アイゼンを外し、ヘッドランプをつける。帰りの道は急で、このヘッドランプをつけて歩いた道がやけに長く感じたのを覚えている。

 道なりを降りてゆくと、赤い鳥居の神社に至り、そこからは早く、無事奥多摩湖に到着した。

 今回初めての雪山登山、鷹ノ巣山。天気も快晴、景色も最高だった。だいぶ内容が濃いものとなったが、それもいい思い出で。写真もいいものが撮れて満足!もう卒業となってしまったが、写真学校の同級生とこういった登山をまたできたらなと思った。 img050

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です