HOME >>フリークライミング

小川山フリークライミング

2004年9月18日(土)~2004年8月19日(日)

国府谷(L)・坂田

久し振りの小川山である。前回は確か2年前のゴールデンウイーク。岩場ですら昨年のザイル祭の幕岩以来である。先週末はジムへ行き、多少なりとも体を慣らしたつもりだが、リードはぶっつけ本番だ。せっかくのキャンプなのにメンバーが寂しい気もするが、浮かれた気分で出発!

9月17日(金)

22:50 国府谷車にて新宿駅出発

9月18日(土)

2:00 小川山着

意外に車もテントも少なめでいつもの場所をゲット!

7:30 起床

9:30 ~ 14:30 クライミング

・ スラブ状岩壁

> ウルトラセブン(5.7) 坂田リード・国府谷リード

* これがセブン!?

* スラブはやっぱり怖い

* 終了点に着いてから失態の数々

* 外国人の団体に周辺ルートを占拠された

・ ガマスラブ周辺

> ガマルート(5.8) 主に坂田リード

* 2P目から登る

* 4P-5Pの予定が6Pになる(1P目から登ったとして)

* 4P目、山型のスラブが怖かった。かなり時間掛かる。

* 登りきったところは風が気持ち良かった。そう言えば今回は蒸し暑いくらい

* 先行パーティが1組。45メートルロープで懸垂可能か懸念していた

* 50メートルロープの我々が先行して懸垂してみる

* 2P目の懸垂支点が危ない。ロープが風化。高級テープを残置。捨て縄を携帯すべきだった。3P目は木を支点にした。

* 他のパーティは登ってきたルートを懸垂することに

久々で失態を重ねた一日だった。それにしてもセブンとエイトでこんなに苦し

むとはショック!

夕方からは雨が降ったりやったり。二人だけだし、テントが広いし、疲れたし

。焚き火をせず中でこぢんまりと夕食。メニューはビール・ポトフ・ライス・

鮭缶で満腹!18:00におやすみなさい(早っ)。

7:40 起床

あんなに早く寝たのに、朝はやっぱり眠い。国府谷さんが起きるまで粘った。朝食はポトフ・紅茶・ライス・桃の缶詰。せっかくラーメンに中華の具を用意してもらったのに、夕食が食べきれなかった。朝から満腹!

10:00~16:30

・ おばさん岩

> 「関東周辺の岩」には掲載なし

> 「日本100岩場」には掲載あるが、実際は岩の裏側にもルートが拓かれていた

> スラブではなく、好みの幕岩チック

> 私がおばさんになっても(5.9)

* 見た目は登りやすそう。実際は…。

* カンテルート

* 坂田登れず。国府谷リード

* エイトで断念とは…。昨日に続いてショック!

* カンテのホールドたっぷり。けどスタンスが…。

* 上部の右足は隣のルートのクラックを利用する感じで

* これはきっとナインじゃない

* もうパンプ

> 母子草(5.10c)

* 国府谷さんが好きなホールドスタンス細かく、手足を伸ばして登るルート

* 国府谷トップロープ

* 先のエイトと難易度は変わらない印象らしい

・ ともだち岩

> スカイウォーカーを登っているパーティ有り

> スカイウォーカー、国府谷さん後日オンサイト希望

> ディスカバリー(5.10a)

* 見た目は好きなルート

* 登れそう!

* 坂田撃沈

* 国府谷リード。上部は厳しい

今日はどこも登れず、落ち込む。ガマへ移動。

・ スラブ状岩壁

> かわいい女(5.8)

* 坂田リード・国府谷リード

* 最高!

* 気持ち良い!

* スラブが快適だったなんて!

* 欲しい場所にホールドが

* ロワーダウン可

> ウルトラセブン

* 坂田昨日に続いて再度リード

* さっきのエイトより登りにくい

今日は快適な気候。最終日にしてはのんびり楽しめた。これくらいのペースが良いかも。

ビールがうまい!

17:30 小川山出発

23:10 新宿着

途中、高嶺の湯(隣の福祉センターみたいなところ)とバーミヤンに寄る。渋滞30km。通過に2時間以上。3連休の中日なのに…。

今回は数々の失態に国府谷さんはハラハラ&イライラ。すみません。もっと成長するよう頑張るので、見捨てないで下さい。

(記:坂田)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です