HOME >>雪山登山

日光女峰山 黒岩尾根

日時:2016年02月06日~2016年02月07日

山域:奥日光
メンバー:五十島(L)、高橋
1日目行程:(前夜発)-東武日光駅(6:30)-二荒山神社-行者堂(8:00)-黒岩尾根-白樺金剛-黒岩-唐沢避難小屋(17:00)
2日目行程:唐沢避難小屋(6:30)-女峰山(7:30)-黒岩尾根-二荒山神社-東武日光駅(13:30)

 
雪山体力トレーニング女峰山!

 

 

 

朝、6時30分に出発し、一般道を歩いてゆく。少し雪が散らついていて、今日の行程が不安になった。二荒山神社にて、安全登山を祈って、お参りをする。神社の脇の階段を上がって行くと、行者堂に着く。ここで、靴を履き替え、再出発。雪は、柔らかく、トレースはあったが、ずぼずぼ沈んでしまいうまく歩けない。1時間したところで、アイゼンを履き、先を行くが、歩き方がへたくそな所為で、初っぱなから体力を消耗、後方のパーティにも抜かれてしまう。

 

 

辺りは、白くガスっていて、森閑とした山道をだたひたすらに歩く。ちなみに私は、こういった雰囲気が好きだったりする。白樺金剛で、ワカンを付けることになった。今回、初ワカンデビュー。どんなものかと思っていたが、ワカンてすごい!感動しつつ、八風まで頑張って歩いた。時折雲が過ぎ去り、青空が広がって、日が差し込むものの、すぐに陰ってしまう。

 

_DSC0055

 

黒岩をトラバース。ゴツゴツとした岩があるガレた道を、ワカンで歩くのって大変、、、十分に気を使いながら先に進む。途中、集団パーティと出くわす。荷物をデポして、降りるとのこと。黒岩をすぎた辺りから急な登りが続く。さらさらしている雪に足を取られて、なかなか進めず。しばらくすると、しょっぱなから追い抜かれてしまった先行パーティに追いつき、五十島くんラッセルで、唐沢避難小屋を目指す。ひやひやしながら、急斜面を突破したと思ったら、そこからが長かった。時期に小屋が見えたが、全然辿り着けなくて、びっくり。時間は、16時40分、心の中では焦っていたが、体力がついてこなくて、ラッセルを変わってあげられる余裕はなかった。

 

_DSC0061

 

 

ようやく17時前、日の入り前に小屋に着くことができた。よかった、、、小屋で準備をして、外に出てみると、空が真っ赤に染まっていた。明日は晴れるのかなと思った。

 

_DSC0065

 

翌朝6時半、アイゼンのみ着けて出発。雪に足を取られまくり、早くも失速。気づいたらわたしが最後尾、3人の後ろを行っていた。樹林帯を抜けると、急斜面を登って行く。どうやら夏道ではないらしい。ワカンをつけるもつけないも同じみたいで、ワカンとアイゼンを装着していた男性2人組も結構手こずっていた。何度も踏み抜いてしまい、とても緊張感があった。

 

出発から1時間半後、頂上到着!頂上は風が強かったが、天気がとてもよく、日差しがとても暖かかった。向かいに男体山、戦場ヶ原なんかもよく見えた。写真を撮ろうとカメラを出したが、寒さに所為か、シャッターをきる事ができなかった。

 

_MG_6659

 

下りは、夏道を使って、あっとゆう間に小屋まで降り、荷物をまとめて、東照宮へ降りる。私がワカンのストラップをなくすという、馬鹿なことをしたので、無事降りれるのか心配だったが、なんとか13時に降りて来れた。あんなに苦労して登ったところが、(ラッセルしてないけど)こんなに簡単に降りれてしまって、驚きだった。

 

女峰山、まだまだ体力が足りていない高橋には、とてもいいトレーニングになりました!次はラッセルもやれる機会があったらちょこっとやってみます!

(記:高橋)

 

 

大好きな日光で、せっかくだからトレーニングもしてしまおう。

 

という事で今回は女峰山に行ってきました。

降りてきて気が付くと写真は撮れずじまいですが、黒岩尾根の長い道のりを冬に歩いた経験はとても貴重でした。

 

_MG_6605

 

初日は黒岩までのトレースに助けられながらも後半は暫くのラッセル。

ラッセルは1人で頑張ろうと決めていたので前だけ見てとにかく進んでいくものの、

深さはそこまでないがパウダースノーに苦しめられなかなかペースが上がらない。

途中1/25000では判別できない起伏に何度も心が折れそうになった。

 

_MG_6616

 

 

やっとの事で小屋についてからは軽量化再優先の食事を味わってから足早に就寝した。

 

 

_MG_6625

 

昨日の敗因は雪質と勝手に決めつけていたので、反省してほんの少し早めに小屋を出た。

予想通りに雪は締まっていていたし、何より背景の雲海を眺めながら先頭を歩く時間は至福だった。

 

_MG_6634

 

 

_MG_6651

予定通り1時間半ほどで山頂に到着。

周りを見渡して改めて驚いた。

去年は真っ白だった戦場ヶ原の印象がまるで違う。

しかしそれはそれで意外と綺麗なもので、めったに見れそうもない景色を拝めたのも幸運だったかもしれない。

(記:五十島)

_MG_6667

 

_MG_6665

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です