HOME >>アイスクライミング

毎年恒例尾白川アイスクライミングトレ

日程: 2010年2月6日(土) – 7日(日)
山域: 尾白川下流域(南アルプス)
参加者: 国府谷(L)・坂田・廣岡

今年最初(で最後)のアイスは尾白川下流お手軽アイス。
土曜日朝6時に新宿を出て中央道で白州へ向かう。林道は結構雪がのっていて民家が途切れるあたりで車がのぼらなくなる。慌ててチェーン装着。

身動き出来なくなると困るので更に坂が急になる手前で車を停めて、尾白川林道をガンガノ沢出合まで徒歩で進む。1時間弱のほぼ平坦な道のり。
橋を渡ってすぐの所に幕営。他には天幕1張りだけ。八ヶ岳に比べてもアプローチが短いから日帰りでくるひとが多いのでしょう。
今回はここにベースを作ってのんびり登る作戦である。

初日は刃渡り沢。
テクテク歩いてトンネルを3つ過ぎると林道終点。フィックスのある下降路を降りて尾白川へ。昨年も来ているので気が楽だ。
しかし尾白川を対岸に渡るのがちょっと怖い。落ちたらシャレにならない。
河原に出たらすぐに渡るのが良いようで、帰りはこっちで渡った。
坂田さんはさかんに不調を訴えているが、ほうっておく。

201002_hawatari1
一応F2からロープを出して、F3は左寄りの傾斜が強いほうを登ってみた。
F3まで登って15時過ぎになってしまい時間切れ。
201002_hawatari2 F4が登りたかったのにー
仕方ないので、取り付きからぱっと見上げて、アックスの刺さり具合を確かめて「うん、これなら登れる 」とか言って下降開始。
夜は質素な鍋宴会。ビール飲んだらすぐ眠くなった。
夜も風弱く安眠した。ここは山じゃない(?)から。

201002_hawatari3 さて、翌日はガンマルンゼ取り付きは幕場からすぐ。
F1からF5?までリードさせてもらいました。最後だけ廣岡さんにお願いした。
左岸の尾根の下降も多少残っている雪のせいでトレースも外さず、懸垂せずに降りてこられた。絶妙のルートファインディングだった。(トレースが)
もどったら、まだ少し時間が余ってたのでガンガノ沢F2だけ練習しにいくことにした。
30m位で傾斜はそんなでもない。廣岡さんにリードしてもらおうかと思ったが、とりあえず私がリードしてスクリューをセットしてからフォーローでリハーサルした後にピンクポイント で登ってもらうことになった。
201002_hawatari4 しかし、途中でテントで休んでたはずのS田さんが登場して3人で登ったので時間が無くなってしまった。仕方なく3人で懸垂下降したところで終了とした。
急いで撤収して暗くなる前に車に戻った。
帰りは、白州の温泉→PA飯で渋滞もなく21時半ころ新宿着。
まあまあ遊べたかな。良い練習になりました。
今年は結氷は良いようです。
でも今年はもうアイス終わりかも。

(記: 国府谷)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です