HOME >>沢登り

釜川右俣〜ヤド沢

 

 

 

 

美滝が次から次に〜

 

日程:2019年7月27日(土)

参加者:国府谷(L)・雨宮・林・関谷
山域:苗場山北面
行程:釜川駐車場(6:10) – 釜川右俣分岐(8:00) –三つ釜(10:45) – 50m滝(14:55) – 林道(16:54) – 駐車場(18:10)

 

豊富な水とダイナミックな滝、そして泳いで取り付きバランスで岩を登る。
次々に変化する釜川右俣〜ヤド沢。
終わってみれば、あ〜あ、凄かった!

 

 

出発して巨大な石のゴーロを超えて、右俣の最初の滝は泳いで取り付くが、結構流れがキツく進まない。

次々滝が現れて高巻きしたり泳いで取り付き登ったりの連続。
ここ泳いで滝登るの?
美しい滝のオンパレードにウットリしてる暇もなく、どんどん進む山男たちスゲー⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

 

 

 

新人関谷さんも果敢にチャレンジ。

私はただただ圧倒され、目でシャッキってからソロソロ進む笑笑
でもその勇ましい姿の後をチョコチョコついて行くのも楽しいものです。

そして待望の見応えある美しき三つ釜は、見たことのない壮大なランドスケープだ。

 

 

 

そこからヤド沢に入り15m3段、15mスダレの美滝が続く。
20m大きなスダレ状の滝の左側をロープを出してクライミング。
手足を置くところが小ちゃいのででムーブ技術が必要。
週に1度はジムでやっててよかったと登り終えて安堵した。

 

 

 

その先には50mの滝を見上げた。これは登れないので高巻き。

やがて林道に出て1時間半ダラダラ下る。

美しき日本の沢と戯れた日帰り山行12時間は、やっぱり大満足の一日になった。

(記:雨宮)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です