HOME >>その他

2015年度ザイル祭

日程:12月12-13日

場所:箱根中強羅、リゾートマンション

参加者:飯田,安達,平井,久世,国府谷,牧田,五十島,高橋,雨宮,鈴木さん,想太朗くん,勇成くん

 

 

ザイル祭に初参加

 

会でザイル祭というものが、2日間の予定で計画されていることを知った時
どんなことをするのか全く想像もつきませんでしたが
なんだかとても神聖な儀式に思え参加。
安達先輩からは
「昔は、色々なところで行いまして、その頃は、先輩後輩の壁が厚く、
それをザイル祭のときは無礼講の懇親会になり、先輩方との相撲等力比べ、
古いザイルを使っての綱引き等、日ごろ厳しい先輩を胴上げし、
そのまま落とす等、やっていました。
そのためか、二日酔いの人が多く、山行どころでは無かったです。
そして、利用した宿泊施設から、2度との利用を断れました。」

このメールからは
「2度との利用を断れました」がインパクトが強くて
無茶な大人子供?たちの儀式?

胴上げは無理でも
相撲はおもしろそうだな~
高橋さんと綱引きしたらどうかな~

などとイメージトレーニングを膨らませて当日に⭐︎

新宿で国府谷先輩に五十島、高橋、雨宮をピックアップしていただき
いざ行かん箱根のザイル祭へ!!!

そこは、とあるマンションの一室
祭?
全国から凄腕のクライマー達が集まってくるのだろうと思っていた雨宮。。。。

あら?

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ひとまず温泉に Lets go!!!
前の晩、写真編集が3時までかかり
撮影の疲れやらで背中が凝りに凝っていたので
それはもうこの温泉は極楽極楽⭐︎

お風呂から上がると立派な祭壇が出来上がっていました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
先輩らが大量の食料を仕入れてくださったので
新人の我らはほんのお手伝いしかできず、ごめんなさい。

そして飯田先輩が声を発すると背筋が伸び「かしこみかしこみ。。。。」

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
山の頂は素晴らしい。
生きてる実感を強く感じられる場所ですが
気象条件の変化とう何があるのか本当にわからない。

幾度となくおこってしまう山での試練、下山してからの苦しみ、
それを経験している先輩たちの心中、悲しみは計り知れず深いものだと思います。

人間は愚かで儚い
どんなに山を経験していたとしても
驕りの心にならないようにとの安全再確認の儀式は
年に一度は必要なことなのだろうと
先輩たちの背中が私たちに教えてくれました。

ザイル大明神さまへの祈りが終わると、親睦会でかんぱ〜い♪
新鮮なお刺身や手作りポトフやサラダ、そして大量のお酒で賑やかな一夜の始まりです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
会話の中心はやはり山の話が多く
楽しい山行や、それとは裏腹に事故のお話。

そして
山岳会に届いたこのお手紙を手にしたとき
瞬時に開封した久世支部長のお気持ちをお察しいたします。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

次の日、皆んなで集合写真を撮って解散いたしました。

 

DSC_1568

 

深く考え、深く呑みあい、あったか温泉で癒され
充実した2日間に深謝申し上げます。
(記:雨宮)

 

 

 毎年の事ですが、2015年のザイル祭を、箱根で行いました。

 

行動:12月11日(金)9時久世会員宅発、安達、久世、想太朗、勇成、鈴木、啓伍
安達車にて
深夜、牧田会員着
12月12日(土) 湯河原、城山登山 安達、久世、牧田、鈴木さん、子供達(3)
頂上にて、湯河原駅から登ってきた、平井会員と合流

 

image1 image2 image3 image4

 

湯河原のスーパーにて、ザイル祭お供え物、食料酒類購入
夕方、国府谷車にて、国府谷、五十島、高橋、雨宮会員合流

祭壇を作り、飯田さんに毎年の事ですが、神主役に、なって頂きました。
何時もより、厳かな祝詞を上げていただきました。

 

image5 image6

 

山岳会会員の今年の安全登山の感謝、
これから一年の、安全祈願をして頂き、お祓いを受ける

 

image7 image8

 

その後、買い出して来た、地の物様なの各種刺身、などを並べ、
懇親会に移りました。

 

image9 image10

 

飯田さんの昔の鵬翔話、若い人のこれからの、抱負など何時尽きることなく続きました
このマンションは、24時間温泉付ですので、三々五々温泉に入ります。

 

image11

 

12月13日(日)
この日は、生憎の雨天の為、幕山でのクライミングをする予定も出来ず、
皆、朝からゆっくり温泉に入り、昼過ぎに退去しました。
何時もの、飯田さんの祝詞が、今年は、バージョンアップし、皆神妙に聞き入りました。

 
この行事が終わり、冬山の世界に入ります。
安全登山を祈願いたします。
記:安達

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です