HOME >>縦走登山

以東岳から大朝日岳縦走①

日程:2016年7月16.17.18日
山域:東北朝日連峰
参加者:雨宮、魚瀬、他1
行程
【1日目】
泡滝ダム(07:00)・・・七ツ滝沢吊橋(08:15)・・・大鳥小屋(タキタロウ山荘)[休憩 60分](10:00)・・・オツボ峰[休憩 20分](14:00)・・・
以東岳[休憩 20分](15:00)・・・狐穴小屋(17:30)
【2日目】
狐穴小屋(06:30)・・・寒江山(07:25)・・・竜門小屋[休憩 30分](08:50)・・・竜門山[休憩 10分](09:40)・・・
西朝日岳(11:00)・・・大朝日小屋(12:30)
【3日目】
大朝日小屋(06:30)・・・大朝日岳(06:45)・・・長命水[休憩 10分](09:05)・・・二股[休憩 10分](10:05)・・・朝日鉱泉(11:55)

 

~花と戯れ原始の森を歩く~

 

1日目
前日深夜バスで鶴岡に。
泡滝ダムへの登山バスもあったが2時間かせいでタクシー(¥15000)
泡滝ダム登山口へ。
曇っているがなんとも蒸し暑く汗がこれでもか!!!と湧き出てくる。
登山道の所々に水が流れ出ていてたので助かった。
P7161214-2P7161227-2
見事なブナの原生林を眺めながら3時間も歩くと大鳥小屋に到着。
山形では一番大きくブナの原生林に囲まれた大鳥池(タキタロウイケ)を望める神秘的な場所。
釣り人が伝説の巨大魚タキタロウを釣るためかテントを張っていた。
湖畔には湖の守り神か?
頭と口までもが綺麗に残っている脱皮後の蛇の皮があり大盛り上がり。
ここで1時間ロス。。。
後で調べたらここは蛇が多いそうな。
P7161244 P7161254
途中高山植物と戯れながら山道を登る。
そんなことをしていたら
タキタロウからオツボ峰の登りで想像以上の汗をかき
以東岳の手前で足が重く上がらなくなってしまった。
P7161266
これは脱水症か!
男たちが小さな可愛い花を愛でる姿がまたかわいい~
P7161294P7161310P7161338P7161362
ひめゆり街道
P7161364
以東岳へ登り詰めるがなかなかつかない><。。。
P7161370
やっと大鳥湖が目下に。クマの毛を剥いだ形と似ているようだ。
P7161374
以東岳(1772M)山頂に到着した15時にはガスで辺りが見えない。
体力的にも限界、時間も時間だったので
ここにテントを張ろうと以東小屋を建設中のお兄さん方に申し出たところ
皆様口を揃えて「狐穴小屋まで2時間だからイケイケ!天気も大丈夫!!!」
と喝を入れられヘロヘロ歩き出す。
本来晴れていれば、正面の稜線の向こうに大朝日岳を望みながら歩ける絶好の登山道。
また月山や鳥海山の山並みの展望も素晴らしいらしい。。。。
まー、なんとか頑張って歩いたが、この2時間の長かったことったら。
それでも色とりどりの花街道は我々を元気づけてくれた。
P7161383P7161387P7161397P7161402P7161418P7161419
ようやく狐穴小屋に到着。
カレーチーズ飯、ポテトサラダなどを作って食べる。
水がジャブジャブあるところなので避難小屋では珍しい水洗トイレ。
夏のみ管理人さんがいてくれるので綺麗であった。
P7161422

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です