HOME >>沢登り

奈良俣ダムからの洗ノ沢

森の中でリラックス
 

日程:2017年7月15,16日(土日)

山域:群馬県 奈良俣ダムからの洗ノ沢
参加者:国府谷、下島、高橋、雨宮、魚瀬、林、ウラン(静)

 

15日  曇り

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

海の日3連休は東北の月山に登りつめる2泊3日の沢計画だったが
その週の雨が多かったためと天気予報が安定しなかったので
水上奈良俣ダムからの一泊二日コースにリーダーが変更。

暑い、暑いコンクリートジャンングルを抜けて沢に入水できればそれだけでありがたい。
コース的には距離も短くリラックスできそうな遡行。

ベテラン釣り師の下島さんもいらっしゃるので

あわよくばイワナのご馳走にありつけそう(嬉)

 

幕営地は水の流れや地形を熟知したベテランじゃないと決められないから
我々ひよっこらは先輩から学ぶべきことが多い。

11時前には幕営地も決まり整地、テント、タープを張る。
ナタやのこぎりもこんな時に大いに役に立つ。
先輩方の知識のおかげで快適な幕営地が完成☆

昼寝の後、釣りに行く組と森の中でリラックスする派に分かれた。
私はもちろんリラックス派。

大漁を願って穏やかに時を過ごした。
5時頃に釣り人は帰ってきたがとても美しいイワナが一匹。

それも林さん執念の手掴みで 捕まえたらしい。すごい!!!

イワナは見るだけでも美しく楽しかったが皆んなで分け合ってイワナ汁。

夜も吹けると空は星だらけ〜水の音が心地いい。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

16日 晴れ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

次の日はのんびり朝ごはんを済ませ8:30には出発。
奥に進むと川の景観も変わり
小さな滝や滝壺、原生林、水に浸かったり
ヒョンピョン岩の上を跳ねたり皆童心にかえって川を楽しんでいた

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

そして
もう終わり。。。寂しいな登山道に上がる崖が急で岩ももろく落石満載だったが、
ロープを出してもらって両手両足4本で這い上がる。
つ、疲れた。 。。笠ヶ岳登山道入り口に戻ってきた時には
昨日の朝に入山したとは思えない遠い昔の記憶のような感覚。
山を自然を満喫しているからだろうか? 下山した時はいつもこの感覚だ。ありがとうってさよならした。月曜日は空いたので仲間と錦糸町ジムに。
メーいっぱい登った後は肉をモリモリ。

雨宮(記)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です