HOME >>雪山登山

荒沢山・足拍子岳



 

 

日時:2017年3月11日(土)

参加者:国府谷(L)、高橋、雨宮、林

行程:土樽駅発(6:00)-荒沢山山頂(9:00)-足拍子岳山頂(14:00)-下山・土樽駅(18:00)

 

 

比較的行程が短く、取り付きまでのアクセスも良いショートアルパインルート荒沢山〜足拍子岳へ。車で土樽駅へ向かっている途中から雪が降り出し、土樽駅に着く頃には道路にもだいぶ雪が積もっていた。

 

土樽駅で仮眠をとり6時頃に出発。朝も雪。

積雪が多く出発後すぐにワカンをつける。まずは荒沢山ピークに向かいカドミナ尾根を登っていく。ラッセッルを交代しながら3時間程で荒沢山山頂に到着。晴れていれば足拍子にむかう雪陵が見えたのだろうけど、雪が降り続き残念ながら展望はほぼなし。

ここからは雪庇に注意しつつ細い尾根を足拍子にむけて進んでいく。少し行くとオキドのコル。トラバースして降りようと試みるも雪の着き方が悪くて断念。国府谷さんが雪に埋もれていた灌木を掘り出して懸垂支点を作ってくれたので懸垂1Pで降りる。コルからの登り返しの雪壁は急登のためロープを1P出す。

足拍子山頂直下あたりから新雪が多くなり腰程度のラッセルに。山頂はすぐそこのはずなのになかなか進まない。ガスって視界がきかないから余計に進んでない気分になる。それに加えて新雪で隠されたクラックがいたるところにあって踏み抜くと足がプラプラと浮いている。このクラックがいやらしかった。何度プラプラしたことか・・・

 

 

それでも先頭を交代しつつ雪にまみれつつ14時頃に足拍子岳山頂に到着。相変わらずの雪。雪。雪。

展望もないし、雪だし、寒いし。そそくさと南尾根を下降する。途中1カ所雪壁をクライムダウンする時にロープを出す。引き続きクラックに足を取られながらも、なんとか日が完全に落ちる前に下山することが出来た。

 

下山後、辿ったルートを見上げてみるとたいした距離ではないのにえらい時間がかかったなぁと思う。

 

トレースの全くない雪陵を行くのはそれはとても気持ちが良かった。

行程の多くでトップを行かさせてもらい良い経験が出来ました。

皆さんありがとうございました。12時間の行動お疲れ様でした。

 

 

追記 アックスがもう1本欲しくなりました。

(記:林 撮:雨宮)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です