HOME >>アルパインンクライミング

錫杖岳 左方カンテ・見張り塔からずっと(敗退)

日時:2018年8月13日(月)-15日(水)
山域:北アルプス
参加者:五十島(L)・西本
行程:
1日目:笠ヶ岳登山口-錫杖沢出合-幕営
2日目:BC(4:30)-錫杖沢-左方カンテ取付(6:00)-終了点(10:00)-錫杖沢(12:00)-1ルンゼ-BC
3日目:BC(3:20)-(4:10)見張り塔からずっと取付(4:40)-3P終了点から下降-BC-下山

 

 

 

西本さんと錫杖に行ってきました。条件悪くあまり登れなかったので簡単に報告です。

 

 

1日目:
前夜発の夜行バスで中尾高原まで。登山道がビショビショに濡れているので期待はせずに錫杖沢まで。
錫杖沢出合は貸切だった。これでもかというほど昼寝をしていたら夕立が降ってきて少し不安になる。
テン場はドコモよりAUの電波が強いみたいです。

 

 

 

2日目:
天気良さそうなので4:30出発して左方カンテから。
岩硬い上にアンカーが綺麗なので安心できる。

7P出だしにペツルボルトが打ってあり、ランニング取れそうにもなかったので素直にクリップした。
この日も前衛壁貸切。山頂で休憩して注文側から下降した。

 

 

 

下降で登り返しがあったりして2本目は時間切れに。1ルンゼを1ピッチ登ってから下降してテン場におりた。
夕飯を作っていると雷が鳴り出してすぐに雨が降ってきた。時間が立ってもやまないどころか強くなる一方でため息ばかり。

 

 

 

 

 

3日目:
岩の状態は半信半疑だったが今日中の下山から逆算して驚異の2:30起き。錫杖沢をアプローチして4時過ぎには取付きについてしまったが暗すぎて自信がなかったのでうっすら明るくなってから見張り塔登攀開始。
1P,2Pを繋げて(かなりギリギリ)日が出てきた所で3P目、、、遠くからでもわかるシズル感。
終了点に着く頃には手足ビショビショになり自分でも驚く位気持ちが萎えてしまった。

 

 

いちおう次も試してみたが何mか進んだ所で残置のハーケンから水が流れ落ちているのが見えて諦めがついた。
こちらもアンカーは比較的しっかりしているので敗退が楽でいいですね(悲)。
今回は残念ですが錫杖いいとこです。また行きましょう!
(記:五十島)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です