2017年10月17日(火)HSK東京支部集会

● 参加者 久世 松林 五十島 林 国府谷

▼ 欠席連絡 中村 魚瀬 雨宮 高橋

 

○ 報告

9月16日(土) 谷川岳
平井 他

9月23日(土)-24日(日) 小川山
五十島 林

9月30日(土)-10月1日(日) 小川山
五十島 林

10月2日(月) 中ア 中御所谷
国府谷 松林 中村 雨宮 五十島 林

10月8日(日) 有笠山
国府谷 五十島 魚瀬

10月8日(日)-9日(月) 奥秩父 金峰山
雨宮 他

10月14日(土)-15日(日) 有笠山
国府谷 五十島

10月17日(火) 谷川岳
土井

 

■ 予定

10月21日(土) 有笠山
国府谷 五十島

11月3日(金)-4日(日) 有笠山
国府谷 五十島 魚瀬

12月9日(土)-10日(日) ザイル祭
久世 松林 国府谷 五十島 林

12月16日(土)-17日(日) 八ヶ岳
国府谷 松林 五十島 募集

12月29日(金)-31日(日) どこか
国府谷 松林 募集

年末年始 剱岳早月尾根
五十島 林

 

□ 次回集会 11月14日(火)

谷川岳湯檜曽川大倉沢遡行記録

山域:谷川岳
同行者:国府谷、雨宮、中村
日程: 9月9日 中村車にて土合駅まで。土合駅泊。
10日 5:30土合駅発 新道経由 7:15武能沢 7:30湯檜曽川
9:00十字峡 15:30稜線 17:30白毛門 19:30土合駅

 

 

 

8月最終週末の金山沢が雨のため中止となったため、この週末にどこか日帰りで沢に行こうということで、以前から行きたいと思っていた大倉沢を希望して付き合ってもらうことになった。
日帰りにしては結構行程が長いため、土合駅を5時30に出発、湯檜曽川沿いの新道を行き、武能沢を横切る所で沢装備の後湯檜曽川に降りる。魚止の滝は左側をへつり気味に上がり、残置シュリンゲを利用して灌木にはいり巻く。ウナギの寝床は左岸から越え、十字峡。

抱きかえり沢の出会い100mのスラブ滝を正面に見事な地形だ。本谷は左、大倉沢は右に8mの滝を落としており、通常は若干のシャワーを浴びながら超えるらしいが、今日は水量が多いようで、すぐ左を高巻く。その後中小の滝を上ったり高巻いたりしながら、大滝40mへ。大滝は通常は滝の右側を上がり、上部は水流ぞいに滝口に出るらしいが、今日は上部水流沿い全体が濡れているため直上はやめ、高巻くことにする。右岸のルンゼを上り、途中から藪漕ぎでトラバースしていく。この藪漕ぎに結構手間取り、40分ほどかかってしまった。



二俣を超えた後、小さなゴルジュのトロと4-5mの滝でチョイ泳ぎとシャワークライム、さらに3mチヨッククストーン滝でも滝壺に引っかかっている流木を利用して2mの泳ぎで取付き越えていく。どちらも念の為ロープを出したが、特に3mCSでは水から這い上がりシャワーを全身に浴びながら攀じて越えるところが難しい。その後、快適に越えて行ける滝やナメが気持ちよく、これぞ上越の沢という素晴らしいところが続き、源流部となる。しかし、数か所、上越特有の悪い草付きや土のついた岩と草のミックスを高巻くところがあり、緊張させられる。特に、入口にスノーブリッジが残っていた小ゴルジュの高巻きでは、雪が解けた後に残る土がついた岩肌をギリギリのフリクションで行かざるを得ず、胃が縮む思いだった。



奥の二俣を左に行き、いくつかの記録にある草原と池塘のフィナーレを期待していたが、どういうわけか猛烈な熊笹と灌木の藪漕ぎとなり、標高差150-200m行くのに1時間半もかかってやっと登山道に出た。もうヘロヘロ。朝日頂上より予想以上に笠が岳寄りだったので、もっと左をめざして詰めればよかったようだが、奥の二俣を左に忠実に詰めたのにどうして?といまだに良くわからない。
ちょっと休んでトレランシューズに履き替え、16時に長い下山開始。いやらしい白毛門頂上付近の下りを明るいうちに通過し、途中からヘッドランプをたよりに土合駅に着いたのは19:30過ぎ。14時間行動で疲労困憊。
それでも、素晴らしい沢でした。
沢のグレードとしては、湯檜曽川本谷と同じらしいけど、もう一ランク上だと思います。
(中村記)

小川山トップロープでお嬢様

日程:2017年7月9日(日)

山域:小川山  フリークライミング
参加者:五十島、林、雨宮
 
 
晴れ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

東京朝6時出発〜中央道もすいてて10:30頃からクライミング

そら豆スラブクライミングルート
いきなり「甘食10.b」を登ることに。。。ていうかこのクラスを外岩で登ったことないし。。。ふあ〜ん
皆さんはリードでガンガン登っていきますが私はトップロープでお嬢様を決め込んでいざトライ!!!
ハングしてるところは戸惑ったがなんとかよじ登ることができた
やったー。週一ジムの効果が出てる!

岩は混みこみだったがあいているところを見つけて5.8のスラブ
次は順番待って生木が倒れたよ5.9
いづれもノーテンションで気をよくするアタシ。

 

13:30には川の向こうのマラ岩へ
目の前に垂直のファイス、クラックが立ち並ぶ迫力あるオシャレな岩が鎮座していた。
ここか〜ムリムリ。。。。

みんなに励まされながら川上小唄5.8をやっぱりトップロープでお嬢様させていただく。
すごく手こずったがテンションなしでなんとか登ると目の前に広がる世界に絶叫(したくなるよ)
高度感満載でビビルもののそれよりも岩と緑の景観の感動の方が強かった。
セルフを取ってしばらく写真やビデオを撮りながら堪能☆


仲間たちはちょー難しいそうな見た目の綺麗な岩「レギュラー10.c」「卒業試験10.b」に手こずっていた
私は隣のスラブ「センター試験5.9」

本日はテンションかからなかったので次回はリードにもチャレンジしてみよう。
(記:雨宮)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

新緑シャワーとシャクナゲ山道

日程:2017年6月10日(土)

山域:西沢渓谷〜黒金山〜乾徳山 縦走
参加者:雨宮、魚瀬

行程:トレイルランニング 西沢渓谷9:38〜黒金山13:02〜乾徳山13:43〜乾徳山登山口16:00

活動距離=16.47km     合計タイム=6時間22分

 

曇り

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

新緑シャワーを浴びたくて西沢渓谷〜黒金山〜乾徳山

コースタイム10時間でバスの時間に間に合わないのでトレランで〜行くことに。

どちらから登るかすごく迷う。

緩やかな登りと岩場の乾徳山か、新緑シャワーを先に受け急登登るか黒金山 。

気温が上がるとの予想だったので登山者の少ない北から攻めることに。
それが大正解。結果バス3本前に乗れ一安心。遅れたらタクシーいやだもの。

コースタイム10時間を70%の速さ7時間で縦走を目標にした。
結果6時間30分、コースタイム全体の63%でゴール。上出来だと思う。
前回の赤城山は13KMで挫折しているので約17KMを一緒に走ってくれた岳友のおかげ様 でありがとう。
一人だとすぐ心折れちゃうあたしなの。

途中足の痙攣3回でヒクヒクとなったが
魔法の漢方薬を3回も飲んでなんとかしのぐ。
自分の筋力以上にテンション上がって飛ばしすぎか‼️

 

参考までに
西沢渓谷から黒鉄山=上り約70%
黒金〜乾徳=30%???ログから計算したが速すぎまいか。。。
乾徳〜登山口下り57%

東京始発〜塩山バス8:30  乾徳登山口16;08〜1830頃には立川へ
電車移動の日帰りでもこんなに歩いて走って充実できるんですね。
満たされた気持ちと裏腹に身体はヘトヘトで健康ランドへ直行した

雨宮(記)

2017年9月14日(木)HSK東京支部集会

●出席 久世 平井 中村 松林 雨宮 五十島 林
 下島 国府谷

 ◆欠席連絡 高橋 魚瀬

 ○報告

 8月25日(金)-9月2日(土) イタリアドロミテ他
 坂田 他

 8月27日(日) 上越巻機山
 雨宮 他

 9月2日(土) 奥秩父竜喰谷
 国府谷 雨宮 魚瀬

 9月3(日) 南ア鳳凰三山
 久世 五十島 林 URAN 他

 9月10日(日) 谷川湯檜曽川大倉沢
 国府谷 中村 雨宮

 ■予定

 9月16日(土) 谷川岳
 平井 他

 9月23日(土)-24日(日) 瑞牆・小川山
 五十島 林

 9月30日(土)-10月1日(日) 瑞牆・小川山
 五十島 林

 12月9日(土)-10日(日) ザイル祭
 幹事 久世

 □次回集会 10月17日(火)

箱根湯本〜塔ノ峰〜明神ヶ岳〜明神ケ岳

日程:2017年6月24日(土)
参加者:雨宮
行程:箱根湯本〜塔ノ峰〜明ケ星岳〜明神ケ岳〜金時山〜金時神社
活動時間:5時間56分 活動距離:18.06km      
 高低差:1123mm     累計標高上り/下り1935m/1389m

 

曇り時々晴れ  暑い
先週は金時山から明神ケ岳で下山したので、今週は逆コース箱根湯本駅から金時山を目指した。
箱根湯本標高96mから4つのピークを踏むトレーニングは先週に比べてレベルが上がる。
夏場はフリークライミングが中心となって体力が低下してしまうので、やりたくないけど仕方がなくトレーニングに出かけ結果行ってみるとやっぱ山はいいな〜って思うのだ。

ただ歩いていてもトレーニングにならないのでコースタイムの70パーセント以下で帰ってくることを目標に、あくまでも目標なので山を楽しむ事をモットーにストイックには頑張りません。

このトレイルは標高は低いですが高低差1123m,
累計累計上/下り 1935m/1389mでピークをいくつか越すなかなかのハードトレーニングコース。

たどり着けるかな〜って不安もあったが先週に続いてのトレイルランだったので 充実した山行になった。途中出会った2人から外輪山を行くときいて、私も次回は本日の続きの金時山から三国山経由で箱根湯本に戻ってこようかな〜っと気持ち芽生えちゃったです笑

本日は曇りでしたが非常に気温も高く汗が大量に。スポーツドリンク2.5L、途中矢倉沢峠でコーラ買って栄養補給。 ここはサービス精神旺盛でコンニャクみそ伝楽と近場で取れたクレソンのおひたしをつけて150円。 食べなかったけど焼き鳥一本50円。素晴らしい休憩所であるためつい長居をしてしまい、ここまで張り切って飛ばしてきたがペースダウンしてしまった。


ここで先週金時山でお見かけした短パン地下足袋、お帽子に日の丸、ストック。 重そうなリックのお兄さんとおしゃべり。 多分この辺では毎週?毎日?金時山を上り下りしてトレーニングしている有名人らしい。 また金時山に登り返すというので一緒に登ってみた。同じ早いペースで安定した歩きはさすがお見事。 いでたちが目立つのですれ違う方々がさっき下っていたのにまた登ってるー!ってつぶやいていた。また常連さんにも、またあったね〜って声をかけられていた。
富士山でガイドさんやってるので毎週登っているからと誘われた。毎週ってすごくない?
世の中には達人がいるものだとつくづく感心してしまった。
山頂では残念ながら大迫力の富士山は見えずまた今度ね。


*メモ
コースタイム9時間5分 トレラン時間5時間25分
コースタイムの60%で目標大きく上回って大満足の疲労感
湯本の「箱根の湯」につかって体を癒す。
このお湯は先週のお湯よりあったまる感じがしたのでgoodな泉質とみた。
以下写真はトレイル順 阿弥陀寺スタート

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(記:雨宮)