懇親スキー山行

日時: 2013年3月2日(土) – 3日(日)
場所: 菅平スキー場
参加者: 安達(幹事)・平井・久世・牧田・平井和樹・久世想太朗・他1名

今年も安達さん幹事にて、菅平にて懇親スキーを行ないました。名古屋から牧田君が参加してくれ、唯一のボーダーとしての参加となりました。

前夜の金曜日、安達車にて安達・鈴木さん(安達さん友人)・久世親子は東京を出発、上信越道のSAにて仮眠。
翌朝、のんびりSAにて朝食を摂り、上田菅平のIC近くの西友で懇親会の買い出しをして、一路宿泊地の市川村を目指す。

この数年お世話になっている市川村は、朝早くからの到着に関わらず、親切に対応していただき部屋にも通してもらう。荷物の整理と、ウエアに着替え、この日は峰の原スキー場に行く。この峰の原スキー場は手頃なファミリーゲレンデのため、難しいコースが少なく子供たちも楽しめます。また広くない故に、平井さん親子や牧田君との待ち合わせにも適しております。今年から小学生になった息子も、リフトに乗って滑れる様になったので、全員で同じコースを楽しめるようになりました。

午後に平井さん親子・牧田君も合流し、夕方まで目一杯滑った。

A

スキー場からすぐの市川村に戻り、お風呂にて体を温め、お鍋など盛り沢山の夕食をいただいた後、部屋に戻り懇親会を始める。今日のスキーの話から、はては世界情勢の話まで、毎度の如くですが、収拾のつかない盛り上がりにて夜遅く就寝となりました。

翌朝、朝食の後、菅平スキー場に行く。これも毎年の如くだが奥ダボスに車を置き滑り始める。一通り菅平の殆どのエリアを滑って、昼食を食べていると、菅平のリフト券で大松スキー場も滑れる事が判り、車で大松エリアに行くこととする。菅平スキー場からは菅平市街を挟んで、反対側の山肌にある大松エリアは、今まで見ていただけであったが、リフト券が共通エリアとなった事で、今年から滑れる事になったらしい。大松は特別広くは無いが、うまくコースが作られており、林間コースなどもある面白いエリアでした。この日も夕方の暗くなる直前まで、休み無く滑り、充実した懇親スキー山行でした。

スキーの後は、いつもの真田の里の日帰り浴場に寄り、平井さん・牧田君と別れ、帰京いたしました。

この数年、安達さんのお陰で宿泊させていただいていた市川市の保養施設の「市川村」が残念ながら、この3月31日をもって閉鎖となってしまった為、次回からの懇親スキー山行は、この菅平では無くなってしまうかも知れませんが、幹事の安達さんは次回以降も頑張ってくれるとの事なので、期待したいと思います。

(記: 久世)

春(夏?)の懇親山行

日時: 2013年6月29日(土) – 30日(日)
山域: 箱根周辺(明星ヶ岳・金時山)
参加者: 安達(幹事/孫)・南・平井・久世・牧田

201306konsin04_s
今回の懇親山行は、以前企画して台風に阻まれた、箱根強羅に泊まって温泉と山を楽しむをコンセプトにした懇親山行の再トライでした。残念ながら参加者が少なかったですが、普段なかなか行かない山に登れるのも、この懇親山行の良い所であります。

28日(金)の夜8時半に、安達さんとお孫さんが亀戸まで車で来てくれ、一路箱根を目指す。今回宿泊する所は、久世の会社が所有する強羅のリゾートマンションなので、前夜泊が可能で、早めに行ってゆっくり温泉に浸かってのんびりする事が出来ます。首都高速で方面を間違えるアクシデントもありましたが、予定通り10時半に強羅に到着。その後すぐに名古屋から牧田君も到着し、何はともあれ皆で温泉に入る事にしました。お風呂は24時間(午後に清掃時間があるが)入浴可能な大浴場があり、泉質の異なる2つの源泉からお湯を引いているので、マンションとはいえ、なかなかのお風呂だと思います。

201306konsin01_s
翌29日(土)、朝ゆっくり起きれるという事が、前夜泊のもう一つの良い所ですが、また朝から温泉に入り、箱根大文字焼きで有名な明星ヶ岳に登る事とする。その前に皆で大涌谷を観光し、有名な長寿の温泉玉子を食しました。朝早く行った為、人も多かったですが、駐車場待ちなどせず、すんなり観光できました。

明星ヶ岳は、マンションから車で僅かの場所が登山口、という裏山感覚ではありますが、登山者の姿も見かけられます。木が鬱蒼として湿度が高く、意外に急勾配の登山道を皆でゆっくり登り、一時間後にようやく景色の見えるところに出ましたが、何とそこが大文字焼きの「大」の字の一角でした。そこで大勢の方が休憩していていたが、日差しが強くあまり休まず頂上を目指す。すこし登ると頂上らしきのっぺりとした稜線上に着く。そこには分岐の標識しかなく、ずいぶん寂しいななどと言っていたら、他の登山者より本当の頂上は100M先だと教わる。稜線上は8月16日に行なわれる大文字焼き用に、竹が切り揃えられたものが沢山並んでおり、もう夏である事を実感できる。頂上といっても鳥居と石碑がある寂しいところで、眺望も無い。ちょっとした隙間から相模湾が見える程度でした。それよりも稜線上を大勢のトレランのランナーが走っている事に驚いた。しかも殆どが若い人たちで、女性も多く見られた。金時山から明星ヶ岳などの箱根外輪山を走るのが人気だとは聞いていたが、予想以上に大勢の人が走っていた。我々は来た道を戻り、ワンピッチで登山口まで行けました。


201306konsin02_s_2
下山後、仙石原に夕食の買出しに行き、3時くらいにマンションに戻るとちょうど南さんが着いたところでした。その後4時過ぎに電車で強羅に着いた平井さんを、車にてピックアップして、全員が揃いました。まだ明るい夕方5時くらいから、牧田君盛り付けの夕食を食べながら、懇親会をスタートしました。部屋からは正面に今日登った明星ヶ岳と大文字焼きの大の字が見え、南さん・平井さんに説明する安達さんの顔が少し誇らしげでした。その後、安達さん・南さんの若い頃の話などが聞け、懇親会は大いに盛り上がりました。
翌30日(日)、まずは朝から朝風呂に入り、南さんはお客さんと御殿場でゴルフがあるため部屋で別れ、その他は金時山に向かいました。
今回は金時神社から登り、頂上からは乙女峠まで縦走し、そのから仙石原方面に下りるルートにしました。金時神社からのルートは人気があるらしく、既に駐車場は満杯で何とか駐車する事が出来ました。小さなお子さんのいるファミリーから、山ガール、熟年グループまで様々な方々が金時山にハイキングに来ていて、改めて最近の山ブームを実感した。


201306konsin07_s_2
たいして趣の無い金時神社を見学し登り始めるが、人気のハイキングコースらしく登山道が綺麗に整備されている。既に降りてくる人もいて、場所によっては待ち時間が生じてしまう。昨日同様、頂上直下まで眺望が得られないが、登る事自体は非常に楽であり、子供が多いのも納得できるほどであった。頂上には本当に大勢の人がいて、2つある山小屋も盛況で、有名な金時娘も見る事が出来たが、唯一富士山が見えなかった事だけが残念でした。仙石原方面の景色を堪能し、乙女峠方面に縦走すると頂上の喧騒も嘘のように人が少なくなり、静かなハイキングを楽しめる。若干道の悪い所もあったが、問題なく下山。

マンションに戻り温泉で汗を流し(今回2日間で計5回お風呂に入りました)、牧田君とはマンションで別れ、箱根湯本と厚木で多少渋滞しましたが、早めに東京に戻る事が出来ました。箱根は近く、非常に楽でした。

次回秋の懇親山行も安達さん幹事にて、大鹿村の一日一組の限定宿や、または箱根も良いとか、色々なプランが出てましたので、乞うご期待です。

(記: 久世)

久世君の会社の箱根強羅温泉の、リゾートマンションを、お借りしての懇親山行でした。
夜だけでしたが、南会員も駆けつけてきて、夜は買ってきた酒さかなの懇親会でした。
温泉も2種類の温泉が楽しめ、サウナ、打たせ湯、泡風呂、マッサージ付きジェット風呂もあり、とても広くて良い気持ちでした。
久世さんにはお世話になりました。

懇親山行は、日ごろ自分たちの行きたい山や沢登りをしていますので、集会では一緒ですが、
年に何回か、全員で参加でき、ある程度足の弱い人も参加できるような、山を登り、
そして、夜は懇親を深めるという趣旨です。

遠く、名古屋から、牧田君が参加してくれました。
久松さんが、参加表明されていましたが、奥様のお具合が悪く、残念ながら不参加になりました。

明星ガ岳と金時山と登り、所期の目的を果たしました。
懇親会も南君が参加され、昔の話に花が咲きました。

強羅、仙石原と、素晴らしいリゾート地です。

生憎天気は曇りで(豆御覚悟の山行でしたが、降りませんでした。)、
富士山を拝む事はできませんでした。

孫も喜んでくれて、また秋には企画したいと思っています。

(記: 安達)

唐松岳八方尾根(雪洞山行)

日時: 2013年2月16日(土) – 17日(日) 前夜発
参加者: 平井・久世・坂田・廣岡(幹事)・土井・中村
山域: 唐松岳(北アルプス)
行程:
第1日目: 八方尾根スキー場 – ゴンドラ – 八方小屋 – 八方ケルン – 八方山迄戻り雪洞
第2日目: 雪洞 – 八方尾根 – 唐松岳頂上 – 八方尾根 – 雪洞 – ゴンドラ – 八方尾根スキー場下

写真はこちら

当会の山行計画では、毎年2月は雪山訓練の予定が組まれている。

年末年始頃に担当の廣岡さんから、「どこに行きましょうか?」と相談を受け、やはり雪洞をメインに考え、この数年は上越方面で雪洞山行を行なっていたので、たまには北アルプスも良いなーと思い、1泊2日で行ける八方尾根を推薦した。そんな私の思いつきが採用され、八方尾根の山行が決まってしまった。

安易な思いつきの罰なのか、2月15日(金)夜の出発の際に、交通情報を確認すると、中央道でいきなりチェーン規制、しかも小淵沢からとなっている。久世車はスタッドレスではないので、いちいちチェーンを装着せねばならず、面倒な事この上ない。

困惑しながら夜10時に東日本橋で廣岡さんをピックアップし、11時過ぎに深大寺BSで土井さん・中村さんと合流する。甲府辺りまでは星も出ていた天気だったのに、小淵沢手前辺りから雪が降ってきて、小淵沢で本当にチェーンをつける羽目になる。高速の車線にてチェーンをつける事とするが、すぐ脇をトラックが通っていき、危ない・寒いの2重苦である。(でもスタッドレスは高いし、夏の置き場がないし・・・・)

折角チェーンをつけたのだが、まだ雪がさほど積もっておらず、スタッドレスの車は通常のスピードで走行しているが、我々は高速なのに50kmのスピードしか出せず、後続車が追突するのでは?という恐怖と、のろのろ運転の苛立ちの2重苦の走行となる。(本当はこの時、久世は寝てました。運転していた土井さん、ありがとうです。)安曇野IC手前の梓川SAにて、さすがに本日の業務終了、車の中で仮眠する。

翌朝寝過ごしてしまい、平井さん・坂田君との集合時間の6時に梓川SAを出発するが、のろのろ運転は変わらない。それどころか高速を降り、一般道になると路面が凍結しており、チェーンをしていても何度か車がスベる状態であった。そんなこんなで白馬に着いたのが8時過ぎてしまい、平井さん・坂田君を相当待たせてしまった。

平井さん・坂田君と合流し、今回の参加メンバー6人が揃ったが、外は猛吹雪で駐車場も判りづらく、ようやく駐車して出発となる。八方尾根スキー場のゴンドラの切符売り場にて、大事な忘れ物に気付き、駐車場まで往復する事となり、更に時間が遅れる。ようやく10時頃ゴンドラに乗り、山行開始。

700Mの高低差をゴンドラであっという間に登り、さらにその上のアルペンクワッドがかろうじて動いたので、そこまでは楽をして、さすがに一番上のグラードクワッドは強風の為、運行停止していたので、スキー場の斜面を登っていく事となる。途中長野オリンピックのスキーの男子滑降のスタート地点の看板があったりして、12時過ぎにグラードクワッドの終点の八方小屋に着く。ここからが登山道となるが、ホワイトアウトして視界がない上、向かい風の強風の為、皆の歩みが遅くなる。それでも暫く進むが、八方ケルン付近にて午後2時となってしまったので、上部の斜面まで行く事を止め、八方山下の斜面に雪洞を掘る事として、来た道を戻る事とした。八方山から少し下がった登山道脇に、手ごろな斜面があったので、2時半雪洞を作り始める。

平井・坂田・土井組と久世・廣岡・中村組に分かれ、左右から掘り進める。しかしながら傾斜が緩いので、一旦斜め下に掘り、そこから奥に掘り進める形になる。この掘り進め方は、掘った雪を外に出すのが大変で、3人がうまく交代していかないと、あっという間に一人が疲れてしまうことになる。ところが外にいるのも強風と寒さの為、こちらもとてもしんどく、最後のあたりでは疲れるが、なるべく中で掘っていた方が楽に感じたほどだった。左右から掘り進めた穴も、うまくドッキングして、6人がギリギリだが入れる雪洞が完成したのは、夕方6時だった。
外は雪と風が大荒れだが、雪洞内はすこぶる快適で、ようやく落ち着いて夕食とする。乾杯の後、今宵のメニューは、シェフ廣岡さん渾身の豚白菜鍋。豚肉900g・白菜2玉のこれでもかというボリューム、そして特製のつゆ、締めの雑炊まで、本当においしくいただきました。雪洞内はロウソクの明かりで幻想的なのに、男6人で色気もありゃしないが、時間を忘れ、ワイワイ楽しく皆で語らい、夜が更けていきました

翌朝、昨日とはうって変わって快晴。後立山連峰の峰々が遮るものなく、綺麗に見える。しかしながら坂田君の携帯電話に急用の連絡が入り、先に下山する事となった。

ちょうどスキー場のリフト・ゴンドラが動く、9時頃雪洞を出る。早くもスキーヤーやスノーボーダーなどが上がって来る中、降る坂田君と別れ、残った5人で頂上を目指すこととする。昨日は強風とホワイトアウトで、ただ辛かったのが、一日の違いで快適な登りとなり、この落差が雪山らしい。所々ラッセルもあり、風も強かったが、左に鹿島槍の北壁、右に白馬や不帰の峰々が見え、辛さを忘れさせてくれる。八方池あたりまでスキーヤーが上がってきていたが、その先は登山家しかいない。しかし後立山の稜線までは、緩やかな尾根がだらだら続いている。

土井さんの力強いラッセルなどのお蔭で13時、難無く頂上に到着。剱岳や北アルプス北部が良く見え、最高の景色を堪能出来た。記念撮影などをして15分ほどで頂上を後にする。この日は我々を含めても、10人前後が頂上まで登ったと思われます。降りもシュルンドに足を取られたりと、下山なりに苦労しながら3時雪洞着。

狭い雪洞からの撤収が、意外に時間がかかり、ゴンドラの最終4時半が迫ってきてしまった。八方小屋の脇からまずグラードクワッドに乗り、その下のアルペンクワッドに乗り継ぎ、ようやくゴンドラ乗り場に辿り着いた。最終までは余裕があったが、降りてみたら4時半になっていて、何だかんだとギリギリで、一日目一杯行動しました。

下山後は駐車場脇の八方温泉第2の湯に入浴。ちょうどスキー客もスキーを終えてくる時間と重なった為、とても混雑していましたが、良い風呂でした。入浴後、平井さんと別れ、一般道が大町市手前で渋滞したが、中央道に渋滞が無く、あまり遅くならず帰京出来ました。

(記: 久世)

ザイル祭

場所: 氷川キャンプ場(奥多摩)
日程: 2011年11月19日(土) – 20日(日)
参加者: 国府谷(幹事)・久世(想太朗)・飯田・松林・齋藤・下島
今年もザイル祭の時期がやってきた。
いつもはハイキングや岩トレなども併せて実施するのだが、今回は天気予報が芳しくない為、氷川キャンプ場のバンガローで行うザイル祭の儀式(?)だけである。
久世車に同乗している国府谷、下島さんで途中のスーパーで買出しをおこなった。
キャンプ場に到着するころには、恒例の齋藤さんが釣り上げた虹鱒の塩焼き(焼き具合は絶妙である)も用意されており、急いで今回のメインデュッシュの寄せ鍋の準備を行った。
食事の準備が整ったところで、飯田さんの口上による山での安全を祈念する儀式が行われた。
その後はいつもどおりの懇親会が夜更けまで続いたのであった。
翌日は、朝食を済ませて片付けをした後に現地解散とし、そのまま電車で帰宅する方ともえぎの湯に行く方に別れた。
(記: 国府谷)

中央アルプス 空木岳 (静岡山岳会との合同山行)

日程: 2011年6月4日(土) – 5日(日) 前夜発
山域: 空木岳(中央アルプス)
参加者: 国府谷(L)・飯田・平井・(静岡山岳会より9名)
行程:
前夜: 平井車にて駒ヶ根菅の台駐車場付近にて仮眠(国府谷・平井)・静岡駅にて静岡山岳会会長の車に便乗し駒ヶ根菅の台駐車場にて仮眠(飯田)
第1日目: 菅の台駐車場 – 三本木地蔵登山口 – 池山避難小屋分岐 – マセナギの頭 – 空木岳避難小屋分岐 – 空木岳避難小屋
第2日目: 空木岳避難小屋 – 駒峰ヒュッテ – 空木岳山頂往復 – 空木岳避難小屋 – 三本木地蔵登山口 – 菅の台駐車場
6月3日
私は19時静岡駅で静岡山岳会会長の車に便乗させてもらい、5名で23時頃駒ヶ根菅の台駐車場に到着。既に静岡山岳会の方5名が駐車場の奥の方でテント2張り張って私たちの到着を待っていた。1時間ほど前に到着していたようである。国府谷・平井は夜も遅かったので、どこで仮眠しているか確認しなかった。
6月4日
3時半起床、朝食の後、5時半頃テントを撤収し、出発の準備をしていた。その頃国府谷・平井と合流できた。参加者12名、車3台に分乗し林道を登っていく。今日は晴天である。三本木地蔵登山口にて身支度を調え、7時頃出発する。
林道終点から遊歩道コースを登る。カラマツ林の中を直線的に進む。旧池山小屋跡を左下に見送り、細かく蛇行すると水場に着く。新池山小屋、池山を巻いて空木岳方面へ進む。マセナギはササ原で南側が大きく崩壊している。ここから尾根を進むと、大地獄、小地獄と呼ばれる桟橋やハシゴ、鎖場などがありスリリングな登りである。慎重に登る。やがて森林帯を抜け直接空木岳へ登るのと空木岳避難小屋への分岐点に到着した。14時くらいだったろうか。本日予定の空木岳避難小屋へ向かう。
這松・灌木混じりの雪道で道がはっきりしない藪こぎを静岡山岳会の小田会長がトップで進む。14時頃空木岳避難小屋に到着した。本日は誰もこの小屋を利用した形跡はない。空木岳頂上往復するかとの話しもあったが、私を始め皆かなり疲れているので本日はここまでとし夕食の準備に掛かる。
小屋の周囲はまだ雪に覆われている。幸い春山で谷筋は雪の解けているところが小屋の近くにあり水が流れていた。雪を解かして水を作る必要が無く助かった。17時から18時頃から夕食が始まる。
この避難小屋は我々12名の貸し切りである。持ち込んでもらったビール・ワイン・焼酎・ウイスキーなどで乾杯する。尚、今回は私とURANちゃんの恒例となったBD山行なのである。
静岡山岳会会員の方々の心遣いで直径30から40cmくらいもある手製のバースデーケーキを2個も差し入れてくれ、私はこの時まで全く知らずビックリしてしまった。静岡山岳会会員の方々には心より感謝している。
実は、私とURANちゃんは生まれた月日がたまたま6月9日と同一であったことから何かの縁であったということで記念に山行をやろうというのが始まりであった。12名全員でおいしいケーキを頂きお祝いをしてもらった。
夜の更けるのも忘れて歌を歌ったり談笑したりの楽しいひとときであった。
私はおかけでこの度喜寿を迎えることが出来ました。
6月5日
昨夜半から風雨で本日はどうなることかと思っていたが、夜が明ける頃には風雨も収まり曇り空ではあったが行動には支障なく、3時半起床、6時出発というリーダーの指示に従って朝食後空身で空木岳を往復することになった。
ピッケル、アイゼンを使っての雪面登りである。小田会長をトップに予定通りの時間に出発した。
我々の登るコースは誰も登っていない。途中這松帯で藪こぎがあったりで手こずったが、やがて雪のない登山道に出た。
駒峰ヒュッテを通り、7時頃空木岳頂上に到着した。
天候はあまり良くなく遠望は聞かなかったのが残念であった。でも頂上を踏んだ達成感は何とも言いようがない。日本の百名山の1つですから。
記念写真など撮った後、来た道を通らず空木平、避難小屋へ通じる雪深い下山道を下る。
避難小屋が近くなった頃静岡山岳会会員の数名は滑落停止の訓練をやっていた。
9時頃には身支度をして小屋使用料一人1000円を払って小屋をあとにした。
下りも皆慎重に行動した。14時頃には駐車場に到着した。菅の台バス停から少しバス道を登ったところの公衆浴場で全員ひと風呂浴び、国府谷・平井はそこで別れ、私は静岡山岳会会員の人たちと食事の後、入山したときとは別の車のメンバーと別れ、私は静岡駅まで送ってもらって帰宅した。
(記: 飯田)

鵬翔山岳会創立70周年記念集会

201070syunen

2010年3月13日(土)に東京銀座のホテル銀座ラフィナートにて、多数の会員の方々の出席を頂き、鵬翔山岳会創立70周年記念集会が開催されました。
第一部の記念集会では三竹幸雄会長の挨拶の後、創立会員の向後保会員からお話を伺うことが出来ました。70年前に当会を立ち上げた会員の方が、ご健在であることに会員一同の喜びは非常に大きいものがありました。
その後齋藤正明副会長による70年の歩み、またこの間に亡くなられた会員の鎮魂譜が読み上げられました。各支部より挨拶が、東京は内嶋揚一会員・九州は鶴田清二会員・関西は丸尾信会員・上越は田中壮佶会員よりありました。
最後に内嶋揚一会員の指揮のもと、全員で「谷川岳の歌」を斉唱し、安達重輝会員の閉会の挨拶で終了いたしました。
その後部屋を変えて、第二部懇親会が催されました。青木宏之副会長の乾杯のあと、スクリーンには創立当時から現在に至るまでの写真が映し出され、和やかな雰囲気のなか、参加者の方々はこれまでの、またはこれからの山に対する想いなどをそれぞれ語らいあいました。
また記念集会に参加された方が壇上にて一通り紹介され、最後に鵬翔エールがコールされ、名残惜しみつつ閉会となりました。

参加者: 向後(1期)・犬塚(2期)・高橋義治(15期)・三竹(15期)・内嶋(15期)・青木(16期)・中森(17期)・齋藤正明(17期)・石井康夫(20期)・飯田(20期)鶴田(20期)・大渡(20期)・田中(25期)・馬場(25期)・安達(26期)・南(27期)・久松(27期)・丸尾(27期)・関戸(30期)・吉田(33期)・井上(35期)・縣(39期)・平井(48期)・久世(56期)・国府谷(56期)・牧田(60期)・坂田(64期)・松林(68期)・廣岡(68期)・土井(68期)・下島(69期)・齊藤俊夫(69期)
   (敬称略)
来賓: 関根照子様・中野洋子様・清水恵様
会友: 高山幸子様・川室清一様