HOME >>アイスクライミング

2302 西上州荒船山

日程: 2023年2月8日(水)
エリア: 荒船山(西上州)
参加者: 国府谷(L)・江戸

リーダーと日帰りアイスを計画。当初は千波の滝も検討していたが、結氷が良くなさそうだったため荒船山の犬殺しの滝に変更。
荒船山東面側の林道をしばらく進み、頭上が開ける前の辺りに駐車(SUV辺りなら、その先の分岐の近くまで行けそう)。
下車後、歩くこと50分で犬殺し・仔犬殺しの滝へ到着。
以下、備忘録。

・犬殺しの滝(V+~VI-)
向かって左側の滝。
全長70m程度。下部20m程がやや悪く、特に最初の5mは氷柱状になっている。その後は60~80度くらいの斜面が続き、最後の3-4mは80-90度といった感じ。
日当たりが良いため、下部は水飛沫を浴びながらの登攀に。下部の抜け口は結氷が比較的良さそうな左寄りを抜けた。
その後は60mロープをギリギリまで伸ばしたが、結局は最後の立った部分を残してピッチを切った。
MaxVI-のグレードは下部パートに付いているようだが、今回はV級くらいだろうか?

・仔犬殺しの滝
向かって右側の滝。
トポでは全長50m程度。60~80度くらいの斜面を上がり、時々段を乗り越えてロープ40m程で上部の灌木へ。
仔犬殺しの滝は犬殺しよりも結氷がボソボソ。気温が緩んでいたためか、小さな氷塊が自然に落下してくることも。
上部に到着すると、そこから左奥の岩間に10m程の氷瀑が見えた。この氷瀑は短いものの下部5mは完全にバーティカル。しかも日当たりの全くない凹部にあるため氷がとても硬い。
ピックと爪先を引っ掛けながら、チビチビ登って無事上部へ。恐怖感は薄かったが、今日の犬殺しの核心より難しかった気が。

・所感
アプローチの近さの割には、登り応えのある氷瀑。
年始のトレーニングに良さそう。
下山後は下仁田駅近くの日昇軒で定食を頂きました。
2/8の犬殺し・仔犬殺しの滝

(記: 江戸)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です