HOME >>ピークハント

2303 爺ヶ岳東尾根

日程: 2023年3月3日(金) – 4日(土)
山域: 爺ヶ岳東尾根(北アルプス)
参加者: 国府谷(L)・雨宮
行程:
第1日目: 鹿島村(7:00) – 2000m幕営(11:30)
第2日目: 幕営地(5:00) – 爺ヶ岳中峰(7:50) – 駐車場(12:45)

大迫力な爺ヶ岳

大町からも大迫力で聳え立っている爺ヶ岳への登山道は前日に降った雪でトレースはなく急登を登っていく。行きは大体元気なのでピッチを切りながらワクワクしながら登っていく。もちろん先を歩く会のリーダーは、雪に印をつけて楽しそう。天候や雪の量を含め滅多にない好条件だ。お昼前にはテント場所に到着。今日はイグルーを作るぞーとリーダーが張り切っていた。経験がなかったので途中、雪が硬くなってスノーソーを上手く扱えなかった。。。途中挫折した。まだ時間はあったので頂上アタックも可能だったが、この景色を独り占めしてのんびりすることにした。私は目の前に広がる大迫力の爺ヶ岳様の懐にいられるだけで幸せだった。音楽をかけながら至福の時間を過ごす。途中有名なタカさん一行3名様が頂上にアタックしに行かれた。我々が明日つける予定だった足跡を付けてくださったがやっぱりトレースの安心感はありがたい。

夜中突風が吹きつけてテントを揺らしていたが寝心地は最高だ。2時半ごろ脚音が聞こえて真夜中にここまで歩いてきた登山者に感心しながらウトウト。

2日目は3時半に起床し5時過ぎに出発。昨日登れば良かったと思うほどの強い風が尾根を吹き抜けている。しゃがみながら風に耐え登って行った。リーダーはいつも私を気遣ってくれる優しい人。尾根上に上がった頃には風は弱くなって気持ちの良い稜線歩きが待っていた。展望はそりゃもう最高で槍ヶ岳や剱岳方面も見えている。ところが私のカメラのバッテリーが起動せず、この目で見た山々の記録を残せなかったのがとても残念だーと叫ぶ。下山後の楽しみが減ってバッテリーのばかばかばか!!!!!

そして何年も前の夏に小野さんと歩いた思い出に手を合わせた。またここに来ましたよ。

下山はなかなか厄介だったが無事に、イヤ急坂の落ち葉で滑って10Mほど尻シェード。一度滑ると止まらないものねと、汚れたお尻にあらまー。。。これが雪の上だったらと考えない。駐車場に到着してやれやれだ。途中大きな荷物を背負って登ってくる登山者多数で、ここが人気ルートなんだと改めて知る。幕営地は相当賑やかになるだろう。我々は静かな冬山を堪能できてとても贅沢に思えた。感謝。

(記: 雨宮)

2211 越百山・南駒ヶ岳

日程: 2022年11月7日(月) – 8日(火)
山域: 越百山・南駒ヶ岳(中央アルプス南部)
参加者: 松林
行程:
第1日目: 伊奈川ダム下駐車場(22:50)(車中泊)
第2日目: 伊奈川ダム下駐車場(6:13) – 福栃平 – (遠見尾根) – 越百避難小屋(12:00) – 越百山(空身ピストン) – 避難小屋(泊)
第3日目: 避難小屋(5:50) – 越百山(7:00) – 仙涯嶺(9:00) – 南駒ヶ岳(11:50) – (北沢尾根) – ケサ沢 – 福栃平 – 駐車場(16:20)

伊奈川ダム駐車場には朝まで他の車は1台も無かった。今回も誰にも会うことのない山行だナ と思いながら6時前に出発。ダム周辺の紅葉は真っ盛りで天気も良好。テンポよく高度を稼いで越百小屋まであと10分ほどのところで下山してきた40歳代の登山者一人に会った。前日空木岳避難小屋に泊ったそうだが 早い! 伊奈川ダムからさらに歩きJR須原駅まで行くという健脚者だった。

途中わかりにくい水場で4L補給し12時過ぎには避難小屋に着いてしまったし天気も良いので空身で越百山をピストンしてきた。

山頂はピーカン。御岳・南アルプス・富士山・八ヶ岳まで望める最高の眺望でした。

越百避難小屋は古いがこぎれいで快適。真新しいトイレはカギがかかって使用不可だったのが残念でした。

翌朝も快晴。放射冷却で寒く風も強い。長く伸びた霜柱をザクザク踏みながら登る。
越百山の良いところは伊那盆地が直下に見渡せることだろう。駒ヶ根と松川の町が真下に広がっており正面には南アルプスほぼ全山が望める。西に御岳と中央アルプスという越百山の立ち位置も実感できるところだろう。
仙涯嶺と南駒ヶ岳の北斜面には積雪があったがアイゼン・ピッケルを出すほどではなく大半のルートは無雪。中央アルプス南部は根雪になるのが遅いようだ。

北沢尾根を下り出してすぐに後ろから20歳代後半と思われる若者が追い着いてきた。聞けば私と同じ伊奈川ダムに車を停めて今朝04時に登りだしたとのこと。同じコースを日帰りすると言う。空身とはいえ驚くべき健脚・体力。年齢差と体力差を見せつけられた感じだ。

伊奈川ダム下駐車場には予定より早く下山できたもののラスト3時間はヒザに力が入らず辛い下りだった。谷底の駐車場はこの時期すぐに陽が陰ってくる。

ちょうど皆既月食に遭遇し天候も良かったので月食を見ながら帰宅した。

今回の山行もアプローチが長く、稜線付近はハイ松が茂り登山道をおおい隠していてルートがわからない箇所がかなりあった。的確なテープマークが無ければ3回程度の道迷いでは済まなかったと思う。こいうときのナビは心強い。

(記: 松林)

2211 燕岳

日程: 2022年11月10日(木)
山域: 燕岳(北アルプス)
参加者: 雨宮・他1名
行程: 登り: 4時間 / 滞在2時間 / 下山: 1時間45分

晴天に恵まれた。

登ったことが無かったので行ってみた。
蝶ヶ岳からよりもっと鋭い槍ヶ岳と北鎌尾根を拝見。雪もかぶって槍ヶ岳さまは目立って大迫力だった。
こちらの登山道はわずかな雪が合戦沢の頭からある程度で、なくても歩けるがチェーンアイゼンがあると安心だ。
これだけの北アルプスパノラマ雪景色で短時間で往復できる燕岳は今の時期が1番お買い得なコースだと思った。
年末年始も賑やうようだが中房温泉までの林道歩きは長い道のりだと忍耐が必要だと改めて認識した。
来年は表銀座を歩き大天井岳あたりにテン泊してみたい。
下山後は中房温泉にも立ち寄って癒された旅だった。

(記: 雨宮)

2209 明神岳東稜

日程: 2022年9月24日(土)~25日(日)
山域: 北アルプス 明神岳
参加者: 林(L)・坂田・大江
行程:
第1日目: 上高地 – 明神 – ひょうたん池
第2日目: ひょうたん池 – ラクダのコル – バットレス – 明神岳山頂 – 明神主稜線 – Ⅴ峰 – 南西尾根 – 上高地

24日

久しぶりの上高地を出発すると気がかりだった天気も回復が早く朝から快晴。暑すぎるくらいだった。
初日はラクダのコルまで行く予定だったけれど,暑さと担ぎ上げた水の重さで疲れちゃってひょうたん池に幕営。いつものことながら妥協してしまいます。午後はのんびりと暑すぎる日向ぼっこをして過ごす。

25日

5時前くらいに出発。
第一階段??は1ピッチロープを出す。あとハイマツの藪漕ぎで松脂にまみれる。
頂上直下のバットレスに取り付いた直後、ザックが谷底に落ちていくちょっとしたトラブルがあったものの坂田さんが4ピッチ下降の執念の回収を果たす。回収出来て良かった。
バットレスは快適なクライミングでした。クライミングシューズを持ってきていたので上部のスラブも気持ちよく登れた。しばらく行くと明神岳山頂。
あとは主稜線をたどってⅤ峰まで。そこから南西尾根を下降。下りは長くて辛いです。
終始暑いくらいに天気が良くて気持ちの良い山行でした。

(記: 林)

2211 蝶ヶ岳

日時: 2022月11月3日(木)
参加者: 雨宮(L)・大江・射場
山域: 蝶ヶ岳(北アルプス)
行程: 安曇野ICより三股駐車場まで(車) – 三股駐車場(7:00) – 蝶ヶ岳(11:00/13:30) – 駐車場(15:50)
休憩時間:1時間に5分をベースに上り5回、下り1回

天候良し。山頂は強風(20m/sぐらい)

今回の目的を冬前の体力作りとしていた。
そのため、ハードな鹿島槍赤岩尾根日帰りも検討していたが、前日(11/2)夜にこれを断念。鹿島槍は一昨日の積雪の影響で難しいとの判断(雨宮さんが以前断念した状態と酷似。ラッセルを行うことで日帰りは難しいのではと)そのため、今回に至る。

ただし雨宮さん以外は1ヶ月の登山のため、蝶ヶ岳を登るに際して、途中でばてないよう上りのペースは意識的にゆっくりにすることを共有しての登山を開始。
ばてないペースで登り、休憩を取りながら順調な上りを行った。途中2200m付近でチェーンスパイクを装着。登山靴は各々冬靴・夏靴・アプローチシューズと3者3様だったがどれも問題なかった。また天候状態は終始良く、体力を落とすことなく登ることが出来た。

蝶ヶ岳ヒュッテ到着後、蝶ヶ岳の距離が5分程度と近かったこともあり、ヒュッテに荷物をデポしすぐに山頂に向かった。その後、ヒュッテに戻り食事を行った。さらに下山前に山頂に再度行き山頂からの展望を写真に収めた。食事を含めこの周辺での滞在時間2.5時間は景観がいかにすばらしかったかを予想して頂けるものと思う。ただ、山頂周辺の稜線上は穂高連峰から来る強風で、ハードシェルを着用してないと3分と体温は保てない状態だった。

下山は体力を十分残した状態だったため、順調に三股の登山口まで引き返すことでできた。帰りに立ち寄ったしゃくなげの湯も良く終始順調な一日だった。

所感:
山行中にすれ違った別のパーティーは計20組ほどいたが、装備品や行動内容からどの方も登山のベテランだった。11月という時期と北アルプスという場所は、こういった方々が集まるものだとわかり、自分も負けじと身が引き締まった。
またクライミングを初めて2年ほどになるが、このお陰で今回足のつま先部位の蹴りこみが強くなっていた。外岩に行くことは最近なかったが、意外にも登山でクライミングを意識することとなった。

(記: 射場)

2210 焼岳

日程: 2022年10月13日(木)
山域: 焼岳(北アルプス)
参加者: 雨宮・他1名
行程: 深夜バス – 中の湯バス停 – 焼岳

焼岳は紅葉真っ盛り

ピストンで5時間くらい。
山頂周辺から火山の蒸気も勢いよく噴き出ていて地球の息吹を感じる。
北峰山頂からは前回登った笠ヶ岳、穂高連峰、霞沢岳、360度の山々が間近に見える絶景だった。
行程も短く中高年も多く登るお手軽の山の紅葉は、今まで見た中でもベスト3に入る鮮やかさで山を彩り、初めて登った私はとても感動して下山したくなかった。
また登ろう。

リハビリは終わりに

好きなことをやっていましたらリアルにケガもあります。わたしのリハビリは10で終わりにしたい。そして肩を直してくれたドクターにラブレターをかきます。以下↓

菅谷先生の声が好きです。
力強くファイトが湧く声だなぁーと思いました。
声からは自信と確たる信念が滲み出ていました。
腱板断裂の病院をたらい回しに?なりながら、ネットで死ぬほど検索をしてやっと菅谷先生に辿り着き、問診5分でしたが手術してくださいと哀願しました。
原因は山で何気なく転けてしまって肩を強く打ってしまい夜間痛で眠れない日々が6カ月続いて耐えられないと思いました。
先生は「ここは最後の砦だから大丈夫」とお腹の底から響く声でおっしゃっていました。外科手術は最後の砦。。。痛みにアプローチしてくれるドクターに出会えました。
今は術後6ヶ月、不安はまだありますがよくなっています。
術後はこの世のものとは思えない痛みでしたが、注射を2回打ってもらって1ヶ月くらいで落ちついてきました。
ここからはリハビリの先生にバトンタッチです。
仕事も大好きなクライミングもできない術後の右手に対してどん底の気持ちになっていました。
しかしリハビリ先生は私の心の叫びに寄り添ってくださり一歩づつ、週2回通いまして、家でも言われたことをやり続け、早くも6ヶ月が経とうとしています。そこまでは動かない右肩のジレンマを言葉にもしましたがいつも優しくなだめてくれてリハビリも進んできました。
日常生活は困らないレベルに回復し、筋トレも少しづつ始めました。腕立ても5回くらいはできるようになり小さい感動を覚えます。私が大自然の岩を掴める日が来るのも近い???
懸垂はまだできませんがケガをして痛みを知って先生たちに出会い、色々考えたり行動したり人生の中で良い経験ができたと確信しています。
助けて頂くプロフェッショナルのドクターは自分で選ばなくてはいけないとこれからの長い人生への教訓にもなりました。その声に素直に耳を傾け従い、それにも増して自分の身体を鍛えていくのは己の気である。

今日は術後6ヶ月経ってのMRI、ドクターの検診、リハビリとなかなかドラマティックな1日がスタートする。出会った全ての方がイケメンで最高だった。
そして私は山を再開でき生きている実感を味わう。この足と私の身体に感謝する。
もう少し贅沢を言ってもいいですか?岩場に取り付けるかしら?

東京スポーツ整形外科のスタッフの皆様誠にありがとうございます。私のリハビリはもう少し続くとは?思いますがどうぞよろしくお願い致します。
誰かに寄り添って生きていく。

(記: 雨宮)

2209 霞沢岳

日程: 2022年9月30日(金) – 10月1日(土)
山域: 霞沢岳(北アルプス)
参加者: 雨宮
行程:
第1日目: 上高地バスターミナル(5:30) – 徳本峠小屋(8:00/9:00) – k1ピーク – 霞沢岳(12:30) – 徳本峠小屋(15:30)
第2日目: 徳本峠小屋(7:30) – 河童橋(9:05)

リハビリ登山⑩

久しぶりの秋晴れ予報で週末の上高地は大遠足は間違いない。賑やかな山を避けて金曜日に入山。結果から言うと、みんながきつい!舐めてた!とか言っていた霞沢岳を歩いて思い知らされることになった。

上高地から徳本峠までは快調に2時間半くらい。
メイン道路を外れると恐ろしいほど静かで人がいない。テントを張って9時前に出発。冬に天気と雪にはばまれ、ジャンクションピーク手前あたりで撤退したことがあるので、この急登は承知の上。逆にこの先が見たくて霞沢岳に来た訳だ。秋の気配の風も冷たく心を元気にしてくれる。し、しかし、歩き始めて6時間も経つと疲労感満載。朝の元気も消滅してきて、チラホラ左手に見えているピークの頂はとおーい。林の中を登ったり降りたりで途中フヘェ〜と座り込んだりもした。山小屋に泊まった方が登頂して数人下山してきて励ましてくれる。「k1ピークは、もう直ぐだよ!全部見えるから頑張って」この時間登っているのは私だけ。とは言ってもまだ11時前。自分の計算では13時到着だったのでまだ時間に余裕はあるが気持ちがダウン。。。やっとこさk1ピークに到着した。最高の景色。穂高のピークの全貌。笠ヶ岳の稜線、蝶ヶ岳や常念、焼岳。その奥に乗鞍岳。岳沢小屋や西穂山荘まで丸見えでキャッホー。それもこの稜線上には私だけ。贅沢だーと鑑賞にも浸れない。なぜって?さー。
霞沢岳はここから1時間。しかも小ピークを5個くらい登ったり降りたりでメンタルやられ、時間を言い訳に引き返そうかと何度も頭をよぎる。天気がいい!時間も予定通り!なのに敗北感を味わいたくない一心で行くぞ行くぞと気合を入れてピークを踏んだ。この目にしっかり穂高の岩稜を焼き付け、余裕もなくさっさと来た道を引き返す。気をつけろー気をつけろーと呟きながら。3時半にテン場に到着。途中、足も痙攣し始めたが68番の秘薬を飲んで回復。

土曜日もお天気が良さそうで体力があればもう一座、前穂高と思いつつもお腹いっぱいである。明日は下山のみと思うと気持ちも緩み、久しぶりに夜は満天の星空をなんどか眺めて宇宙の頂にいることを想う。そんなことをしていたら疲れているはずなのに眠れなくなり、寝不足で温泉めがけてダッシュで下山。土曜日の徳本峠への登山道は流石に登ってくる人も多い。メイン道路には大遠足の人の波、楽しそうな人の波が押し寄せていた。土曜の夜は涸沢のテントがなんでも1000張りだとか。。。静かな徳本峠とは対照的だね。

9時半からは入れるアルペンホテルの温泉は独り占めでのんびり癒される。窓からも穂高の山々が見えていた。雪の頃の霞沢岳は、もうないな!と再確認した山行でした。

備忘録: 10月の登山の装備は、いつも悩む???夏用シュラフは少々肌寒い、シュラフカバーダウンパンツも着用したが足元がスウスウするのでダウンシューズはあったほうが良い。暖房着はマイクロパフのみ。フリースは持っていかなかった。

(記: 雨宮)

2209 八海山

日程: 2022年9月22日(水)
山域: 八海山 (上越)
参加者: 雨宮.他1名
行程: 屏風道2合目駐車場(5:40) – 屏風道 – 避難小屋(9:40) – 八海山(入道山1778m) – 駐車場(14:30)

リハビリ登山も⑨になった
そして雨、雨、雨。。。
なかなか秋の山行計画が立てづらい日々。
前回登山した大きな山「中の岳」や、越後駒ヶ岳の山々を見上げようと八海山を選び、雨の合間を狙って突入した。(お山お預けにいい子で座っていられない性分か!)鎖場の多い岩場を選び二合目駐車場から屏風道に向けて出発して入道山、新開道を下山。

前夜泊で雨がサラサラ降っていたが、友人の車で楽しい夜を過ごす。車中泊のマットが、なんとテンピュール仕様になっていて車の中ということを忘れてフワフワな心地よい夜を過ごさせて頂き感謝。

朝はコーヒー沸かしたり、いつもよりのんびり過ごし出発。昨日までの雨で草木がビチャビチャで身体を濡らすことになり、稜線に上がった頃にはスパッツのなかから、靴下を伝わって靴の中を濡らすことになってしまってカッパを履くべきだと思った時にはもう遅し(涙)反省。

屏風道の鎖場は想像以上に多く、これでもか❕と激しく、山行の半分以上は鎖場で斜度も高く、登りごたえのある登山道?といっていいのか?兎に角鎖場だらけで四つん這い登山で足も手も疲弊した。おまけにガスっていて何も見えず、、、太陽さんが一瞬見えたのは、一回のみでのトレーニング山行となった。今回は鎖も岩も濡れていたので八つ峯はパスした。

紅葉は始まったばかり。

(記: 雨宮)

2209 燧ヶ岳

日程: 2022年9月4日(日)
山域: 燧ヶ岳(北関東)
参加者: 国府谷(L)・雨宮

リハビリ登山⑦ 燧ヶ岳

山歩きの体幹がもどりつつあり、今回は大清水峠から燧ヶ岳にピストン。道は平らの部分が多いとはいえ25キロのロングだ。このくらいの距離を軽く行かなければ、北アルプスの縦走には復活できないとの課題。

結果的には駐車場に帰ってきた時はヘロヘロだ。
これだと折立から双六の縦走計画書は無理かも~。

お天気予報は曇り時々晴れ。
全国的なお天気はかなり悪いがその隙間を縫って降られることを覚悟で出発。

大清水から一ノ瀬まで乗合バスがあるが、トレーニングということで乗らない!は合致。登山道に入ると渓谷からの風が清々しい。いつでも出だしはお元気だ。

尾瀬沼を、時計回りに半周すると燧ヶ岳の登山方面へ。道はよく整備されとても歩きやすい。ここは年配になっても来られる癒しの場所だなとチェックしておく。山荘というより旅館といった方が良いみたいに建物も整備されていた。

さて登山道に入ると石ころだらけをひたすらまっすぐ登る急登を四つん這い気味に。登山者も数名にしか合わず静かな山を楽しむ。目下に広がる景色は最高だ。さすが国立公園!百名山!

山頂は、フタコブラクダのように二つのピークがあり登って下りまた登らなければあちらのピークに行けないのは見た目的に残念だ。名前の漢字が読めないのでここでペースト。
「火口付近には柴安嵓(しばやすぐら、2356m)、俎嵓(まないたぐら、2346m)、ミノブチ岳、赤ナグレ岳、御池岳の5つのピークがある。」

ガスがかかってイマイチスッキリしないが涼しいので良し。いつか尾瀬ヶ原の方からも歩いてみたいと、密かに思う。

下山道の長英新道はよく整備され、連日の雨でぬかるんでいなければ歩きやすい登山道で、こちらが下りでよかったと思う。山頂にはまあまあ人がいたが、皆様あっちこっちに散らばったのか?やっぱりこちら側は静かである。泥んこのハンコウを押されないよう慎重に下る。残念ながらビジターセンターの少し手前で大雨にあう。前回は濡れて歩いたので、その後がとても不快だった経験を踏まえ今回は早めにカッパを着る。カッパを着ると家でのお始末仕事が増えるから嫌だなーとぼやきながら。。。

休憩所も別荘地みたいに整備され居心地が良い場所だ。特にトイレが素晴らしい空間で気持ちよく、有料でもありがたく手を合わせることができた。雨も小降りになったので木道を歩くが滑ります。

駐車場に到着する頃には残念ながらヘロヘロだった。今回は寝不足で常にあくびをしながら歩いたことは反省したが仕方がない。それにも増して今までの最高記録50951歩はデータとしてとても嬉しく思う。

(記: 雨宮)

2208 甲斐駒ヶ岳

日程: 2022年8月14日(日)
山域: 甲斐駒ヶ岳(南アルプス)
参加者: 林(L)・大江
行程: 尾白川渓谷駐車場(5:45) – (黒戸尾根) – 甲斐駒ヶ岳山頂(12:00/12:30) – (往路を戻る) – 駐車場(16:30)

久しぶりに黒戸尾根トレーニング

お盆に北アルプス方面を計画していたものの台風の接近で計画を変更し、お盆なのに久しぶりの黒戸尾根トレーニング。良いトレーニングになりました。
(結果北アルプスの予定していた山域は天候くずれなかった様子・・・)

雨がパラつく中予定より遅れて駐車場を出発。出だしは良いペースで登りだすもの、途中からペースダウン。曇りがちの天気でそれほど暑くならなかった。ただひたすら普通に歩いて12時丁度に山頂に到着。人がいっぱい。下りは長く感じた。こんなに登ったのかと感心しながらひたすら下る。

久しぶりにいっぱい歩いたけど良いトレーニングになった。下りが弱くなってる感じで、翌日はなかなかの筋肉痛に見舞われる。もうちょっとペース上げないとダメですね。

(記: 林)